flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 寒いけど窓を開けよう
数年ぶりの雪。ニュースによると2006年も大雪だったのだとか。
卒論をしていた頃か。入社を控えて、思い出の卒業旅行で走り回っていた頃。

もう、雪を楽しむ子どもの心は少なくなったけど、雪の寒さは嫌いじゃない。
今、指がかじかみそうになりながら、窓を開けて雪の積もった庭の木を観ている。
足下のファンヒーターはついている。
ただ部屋にいるだけのときはやらない行動。
こんなにしんしんと冷える夜は、楽しまないと。



写らなかったけど、雪もまだ少し舞っている。23時。

明日の朝は積雪3〜5cmとか言ってる。
路線を変えて、スッ転ばない道で行こう。

今日は先方が希望してきていた打合せ。
14時になっても電話がなかったら電話してください。
あのいかれポンチに。このすっとこどっこい!って言ってください。

相変わらず自由な発言。隣のリーダーに。

そして、打合せ。
「なんでこういうメールになったのですか」
「○○さん(私のこと)と電話して作りました」

死ね

と、つぶやいたのは、打合せ後。信じられない。
なんでそういうメールになるんですかね。

でももういいのだ。気にしないのだ。いちいち怒っていたらこっちが死んじゃう。

雪が降り始めて、早く帰ることにした。しんしんと、冷える。
家に着いたら、幸せになるための27のドレスと魔法にかけられてが届いてる!
もう幸せな気分に。

さっそくメイキングを観ながら、雪を眺めて、
窓に近い右手がかじかみそうになっているけど頑張ってキーボードを叩いている。

でもそんな夜も嫌いじゃない。寒いときはとことん寒く。
寒いのは苦手だったけど、ドイツの冬以来、嫌いじゃなくなって、
こういう寒い夜が来ると、雪があれば心があったかい。
雪は、乾燥じゃなくて湿気を持ってくる。なんだか、しっとり包まれて、あったかい。と思う。

さぁ、続きを観よう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:28 | category: 4年目 |
# 怒りっぱなしの1週間
思えば今週はずっと怒ってたな。

月曜、朝から打合せ。さっそくダメだった。
水曜17時、その直しの打合せ。ダメだった。
木曜、別件の打合せ。15:00〜17:30。長かった。
回を重ねれば重ねるほどひどくなる頭の悪さ。気付けば声を大にして怒っていた。
「買えって言ってます?」
「買わないんですか?」

この「買わないんですか?」の言い方が、突然「なに言ってんだこいつ」って口調だったのが
ありえなかった。ふざけんなよ。
結局その文は載せるのはおかしいことになって落とすことになって。
だから言っただろ。

相当頭にきていたのか、今朝起きた瞬間その光景が頭をよぎって、
本気で目覚めが悪かった。こんなに悪かったのは初めてかも。
私の人生の中で史上最大に関わりたくない人。もう顔を見るのも声を聞くのもいや。

なのに昨日も今日も朝から電話してきて、電話口でまた寝ぼけたことをのたまう。
ふざけるな。

「〜〜〜することにしましたと。なので線表を作りましたと。」
「と? と、なんですか?」 遂に言ってやった。

その語尾につける「と」をどうにかしろ。
社会人としての会話が成り立ってないんですね。本気でありえないから。

今日はサーバ作業があったのだけど、本気で無視していた。
やり合えばやり合うほど嫌いになっていく。日を追うごとに。

人を嫌うことは体力がいる。本当はこんなことしたくないけど、あいつは許せない。
こうして毎日怒っているのは若さなのだろうか。
もっと年をとったら、これくらいでは怒らなくなるのだろうか。まぁそうだろうな。
でも、今まで、腹が立っても極力がんばって怒らないよう外に出さないようにしてきたけど、
もうそんなことまで気が回らない。
優しく諭して私の思う方向に導く努力は実らなかったから。何回やってもやってもダメで。

どうしてアイツのことでこんなに書いているんだろう。
腹が立つ。そんな自分が情けない。

がんばってがんばって、直したやつの打合せをいつにするのか打診したりしてきたけど、
それももうしないことにしよう。無視しよう。
あいつがいくらダメでも案件だけは進めないとって思っていたけど、
やればやるほど進まなくなる。やるだけ無駄だ。

早く帰ってきて。前の担当者。
帰ってくるってわかってるけど、その1週間ですらもう待てないよ。

--

本当は、今日の作業のためにいつものあいつの風邪が治っているか心配だった。
打鍵者なんだから、休まれちゃ困る。
一人暮らしで健康を保つのは大変らしく、もう太っていて大変なのだという。
まぁね、あんた、太ったと思うよ。
さらにいつの間にか風邪を治す話から太って困る話になり、
「メタボ?メタボ?」とからかって、「ま、私も人のこと言えませんけど」と言い、
「え、○○さんて太ってないですよね」と言われ、
「何言ってんですか、太ってますよ!」と怒り、
「それ、嫌味ですか」と言われ、意味わからず、いつの間にか仕事の話をしていなかった。

・・・どうなってんだろう。

忙しい中でも、うちのシステムを見れていないことを気にしていて、
こっそりメールを送ってくれて。
最近は、ひとりだけのTOでやりとりすることも多くなった。
「どきどきしますね。」と書いたらまたアスキーアートが返ってきたり。
「感触としてはあまりやりたくないということで認識あってますか?」とこっそり送られたり。

気付いたら雑談を始めていて怖い。ペースに引き込まれてるんだ。
この距離が、怖い。やりやすくて楽しくて幸せだけど、怖いんだ。


まぁいい。ようやく土日だ。どっちの人のことも忘れよう。休もう。休もう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:59 | category: 4年目 |
# 我慢
かれこれ1年以上我慢している相手。
もはや最近は我慢の限界がやってきていて、先方のPMにも申し入れを頻繁にしている。
ま、わたしじゃなくてリーダーが。

ついに、今日も申し入れをして、最新情報によると、
2月第2週頃から他のひとを投入してくれるとのこと。
そして3月が終わったら完全に入れ替えになるとのこと。

よかったじゃン!もうすこしだよ!

と言われたけど、私は2月までの2週間と並行期間となる1ヶ月強すら我慢できないよ。

ビジネスパートナーとしておつきあいする以前に、
人間としておつきあいできないタイプ。
すべての会話を聞いて、あぜんとしてしまうよ。

「どうやって確認したの?」と聞くと、「修正しました」と返ってくる。

Howで始まる疑問文にはYesかNoで答えちゃいけないんだよ。

中学校に戻って、国語の読解問題でも練習してきてほしいほど日本語に不自由だ。


このブログに記録することすら嫌悪感だけど、今日はそんなこんなで夕方1時間気力が削がれた。
明日も、打合せあるなぁ。


でも今日は比較的余裕があったから18:30には切り上げて、
新宿でルミネに寄って帰ってきた。
たまには家におみやげでも買おうと、近くのケーキ屋さんでロールケーキも購入。
本当にたまの親孝行のつもり。

まぁ早く帰れて機嫌がいいだけなんだけどね。

さて調子がいい最近。明日もがんばろう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:42 | category: 4年目 |
# 朝から久しぶり
月曜一発目。電話が鳴る。何の件だったかは忘れた。
しかし、彼が言ったセリフは。
「おひさしぶりですね。」

はぁぁぁ!?!?!?

「そうでもないと思うんですけど・・・」
金曜日にも何か話した気がするし、土・日と声を聞かないのは普通のことです。

と、調子を狂わされ。

次に、またかかってきた電話では。

「○○社◎◎です。おはようございます。

はぁぁぁ!?!?

さっきもう話したじゃん!本日2回目ですよ、2回目!

お疲れなんですね。



わけわからん。


午後には、わけのわからない電話がきて、私が出したコメントについて、
電話を繋ぎながら確認するという荒技。全部みてから電話してきてよ。
「この電話、切っていいですか。」と口から出そうだった。

しかし午後、私はリーダーに呼ばれた。
「悲しいお知らせです。」

どうやら他システムがうちのサーバを使いたいという話らしい。

あちゃー。

明日、早々に、その打合せが必要。その時間調整。

あ!思い出した!朝一発目の電話は、明日10時の打合せをリスケしてほしいとのこと。
でした。

で、10時がダメなわけだから11時で調整しようとする。

「大事な話があります。」
「は、はい・・・」
「その前に、明日、11時は空いてますか?」
「いいえ。」

はぁぁ!?!?

「明日は午前中来ないんですよ。」

つーか、休むために10時の打合せリスケしたんかい!

と叫びそうになったが、お休みを邪魔するわけにはいかないので、
午前中を希望されていた打合せを午後にリスケ。
明日は、打合せだらけだなぁ。

というわけで今日は結構サクサクと仕事は進んでいたものの、
なかなか腰の上がらないメールを1本、予定より多めに仕事して帰ってきた。

あー、あいつが出してきたドキュメントも明日こそ見よう。
そして終わりにしよう。

明日は忙しくなりそうだ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:38 | category: 4年目 |
# 目標19:30
今日は午前中は忙しかったー。決裁をとるのと、その準備と、契約依頼もしたっけ。
午後には、1ヶ月来の不調が製品の不具合だってわかってさっぱり終了。
維持管理の報告書をみて、他部署にも作業依頼したっけ。
1日がんばって、疲れて、18:00。
売店に買い物に行って、なんかポテトみたいなジャンキーなのが食べたいと言ったら、
それはもうあの店に行くしかないっしょとなり、少し残業をしたら新宿に行くことにした。

それから1時間半ほど、猛烈に集中。
「はぁ!?」「んー」「ちっ」と言いながら調査結果を熟読
月曜日にアイツを刺し殺すことにする。

次、来週の手順書の最終確認。
リハが終わったものとして見ると全てがOKなように見えてきて、了承。
メール返す。

次、ドキュメントのレビュー。
なんだかちょっと残念なことになっているためコメントを入れて返す。
メールして終わり。

よし、帰れる!目標の19:30を10分オーバーして出発。
門の前で某社の営業に走って抜かされて吹き出した。
彼らも、4〜5人で飲みに行くことにしたらしい。タクシーに乗り込んだ。

いつもの(もう何回行ったんだ?)お店にたどり着いて、いつものポテトを頼んで、
がっつり飲み食いして、きづいたらずっと仕事の話をしていた。
愚痴なのだろうか。いや、仕事の愚痴じゃなくて、嫌いな先輩の悪口かもしれない。
私たちって端から見たら愚痴をこぼすOLに見えちゃうのかな。

でも同期がどう思ってるか知ることは大切だ。

最後は結局いつもの彼のおもしろ話をしていた。
・ケータイに飲み会のときの私の写真が入っていること。それを消す気がないこと(脅しだ)
・私からの電話に出ず、様子見して、留守電を聞いたうえでコールバックしてきたこと
・アスキーアートを送りつけてきたのが昨晩。
 今日別件で電話して「お願いがあるんですけど」と言ったら
 「アスキーアートの件ですか?」とぬかしたこと

昨晩、メールを見て思わず微笑んでしまったアスキーアート。
むこうから切り出されたのには驚いた。返信しなかったから気にしていたのだろうか。
「え!?あーーー、あぁ、ログみてくださったんですよね、ありがとうございました。」
・・・そのメールの本来の件にたいしてちゃんとお礼を言ったのに反応なし。そして
「次はいいやつ選んでおきます。」
んなことどうでもいいから!
でも
「あー、じゃあかわいいやつお願いします。思わずうぷぷってなっちゃうやつ。」
と頼んでる私。

仕事しろよ。

そういえば今日は「お願いがあるんですけど」と切り出した電話が一番最初だったかも。
昨日は「他の人に声が暗いと言われて明るくしてみた」と言っていて笑って。
今日はイヤにか細い声を出しているから「あれ、風邪ひきましたか?」と言ったら
「疲れているだけです。」とかなんとか言っていた。適当に流して、お願いを伝える。
はいよろしくー

私の両隣のひとたちは笑っていた。


1週間がんばったなー。


それにしても、水曜のためにあんなに準備したのに製品のバグだったとは。
正直、初回にむこうに行った人たちがもう少し気を回してくれたらもっと早かった。
結果論だけど。
「12月に現場に行ったときにログ取って送っちゃえばよかったですかねー」
と嫌味を言っておいた。
「あいつら、無駄についていっただけで何の役にも立たねぇな」と言ってはみたものの、
一緒に行ったうちの上司たちにも腹が立つ。

私が一緒に行ってたら、ログ取ってベンダに送ることを真っ先に提案したかも。

だいたい、何で、他の手順でやったらうまくいくかをやってみなかったんだろ。
現地で「手順Aではダメで手順Bならできた」ってことがわかったけど、
それを一番最初にやってくれてたら、すぐさま「製品が怪しい」と思えたはず。

と、偉そうにあとからあとから言ってみる。

AではダメでBではできた、ときに、完全に「私のせいじゃない」って思った。
つーか端末1台だけがダメな時点で私のせいじゃないって思ってた。
だから、そもそもあんまり気にしてない障害だったんだけどね。

もっと早く終われたかもしれないのに延ばしに延ばした人たちには不満が残ったな。

あー。とにかく寝よう寝よう。ようやくぐっすり眠れる。
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:34 | category: 4年目 |
# 個人メール
朝、10時半頃、鳴る電話。
「○○社さ×△※で ぁ…す」
「大丈夫ですか名前噛んでますけど!・・・おはようございます。うぷぷ」
「あ〜〜他の人に声が暗いって言われて明るくしてみようと思ったら焦ってしまって」

なんかかわいい。

夕方にも電話。
うまくいかない件を調べてもらっていて、ある設定をしてるかしてないかが
原因かもしれんとのこと。
そこで、うまくいかない端末がどうだったか聞かれて、その設定がされていたと回答。

やっぱり。と彼。

それでは…と彼。

え、うまくいった端末にその設定がされてないか知りたいと?

と私。


う………あ〜うー

え、どうしましたか?あ、もしや図星!?

は…はい…すごいです・・・・・うぅ



あいつが言いそうなことは、結構わかるようになってきた。


しかしその後、開発で再現しなかったとメール。
アスキーアートで泣いている顔付きで、私だけ宛に。
そのメールの泣いてる顔を見て、思わず画面に向かって微笑んでる私がいた。びっくりだ。
再度問い合わせることにするそう。
そうですかじゃあこれも聞いてください、と返信した。

その後、別件でも私だけ宛にメール。
ログをちらっと見たら昨年ほどではなかったと。
またアスキーアート付き。ちらっ


同期と話す時間もないほど忙しかったけど、今は心地よく仕事できてる気がする。
こうして信頼できる人がいるから。

Web上のAERAで偽カツマーになっちゃう若手がいるという記事があったけど、
忙しくてうまくいかなくても、効率より気持ちが大事なのかもしれない。
効率よくやれば自分にいいことあるかもしれないけど、
それはみんなにとってのWinWinなのだろうか。

今日みたいに一人だけ残業するのはツライけど、納得してやる仕事なら仕方ないのかも。

明日であっという間に今週も終わり。
同期が昼に会食に誘ってくれた。
嬉しかった。
それだけで明日が楽しみになった。
また一緒にどこかに出かけたいなぁ。

昨日は酔った上司に
「○○さん(私のこと)も前に比べたら丸くなったと思うよ」
と言われた。  わたしってとんがってたの!?
でも落ち着いて考えてみるとそうかも。自分に精一杯だった。
毎日不機嫌だった。それは一年くらい前のこと。

今、自覚している心地よさと、私を一番よく知ってる上司の感想が一致したかたち。
これがいい状態なのかもしれない。

このまま、いけるとこまで、いってみよう。
ようやく、2014年にむけた案件のことがみえてきた気がするんだ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:09 | category: 4年目 |
# 1日のブランク
なんだか忙しい。ようやくエンジンもあったまって走り始めた感じか。
でも机の周りをキレイにしてすっきりして、まだ心は軽い。

昨日は、そんなこんなで忙しくなってきているから何かバタバタしており、
何も用がなくて日中は電話もメールもしなかったのだけど。
私も何やら忙しくて、やること整理して、作ってくれたものをみたのは夜中だった。
21:30頃に質問をメールで送り付けて、22:00退社。

今朝、メールを見たら22:40とかに返信をくれていて、電話しますとのこと。
「う、、、さすが○○さんです」とうめいたり、衝撃が走ったりしていた。
メールにおいて、だ。

して、午前中にかかってきた電話。その件だろう。聞き慣れた声。
そして発された言葉は、「なんだかお久しぶりですね。」

たった1日話さなかっただけでこういう挨拶になる。
何の電話もよこさないから「今日は当日休したかな」とか思って、
「いやいや待てよ、食堂で見かけた気がする」とか思っていたのが昨日。
お互い出勤していたのだしそんなこと言わなくてもいいのに。
少しくすぐったい。

そして私がメールに書いた質問は、すなわち正解で、「ご指摘のとおりです。」となった。
発された言葉は、
「すみません、いつものうっかりミスで。」
「いえいえ。」 大人な対応。OK。
試したわけじゃなく、完全にうっかりミスです。」
「(はぁぁぁ!?)それ・・・ムカつきます。」 子どもな対応。NG!

相変わらずの仲で、これくらいのことでも心は癒されるのだ。
あなたが作ってくれたものは、質がよい。
質がよいけど、たまに、気付くか試されたりしている。
ミスると、「試したんだよ」という言い訳をして私を怒らせ、
完敗だと認めざるを得ないときは今日みたいに少し弱い言い訳をしてくる。

けっ。

バカにされてるっちゅことですけどね。笑ってキレている場合じゃない。
でもしかたないのだ。

彼がこのプロジェクトに来てもう何年になるのだろう。
それに比べて私は、まだこのプロジェクトに来て3年目だ。

当然入ったときから値踏みされてて、少しいいこと言えば「おぉっ」となり、
少しバカなこと言えば「やっぱりね」となり、浮き沈みしながらここまできた。
丁寧に扱ってくれるのは私が「客」だからってだけ。
やはり経験値の差は絶対に越えられないから、
彼にとったら私はそこらへんのお転婆娘と一緒なんだろうな。


でも、ほかの人に比べたら認めてくれてはいる(と思っている)。
たまに出る「本音」は見逃さない。

この関係は、このまま、いこう。このまま。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:46 | category: 4年目 |
# 新年会
ついに、うちのチームに迷惑をかけ続けたおばちゃんが異動になって、
みんなでお祝いをかねた新年会をやった。
笑った。

そんな金曜日は、朝からサーバが注意域を出したと連絡があり、
サーバを見に行ってみることにした。
あの彼にも連絡を取れと上司が言ったので電話したところいない
仕方なくひとりで行ってみたら。

いた。

他システムの担当者とともに。
ちっいるのかよ。

という声を出しながら後ろを通り、コンソールを見て、わからないから引き揚げ、
やっぱり2人に声をかける。邪魔してゴメンネ、と女子に言う。
「終わったら声かけてください。」

その後、ついにやってきて、言われたのは、開口一番、
「○○さんて登山家だったんですね。」

あの女子め。言ったわけね。
隠してたわけじゃないけどバレたらしい。ほっとけ。

午後は午後で泣きの電話を入れられたりした。

同期に電話をかけたら「なんだ」と言われた。
なんだとはなにさ!
と叱り、電話を切ってからもプンスかやっていたらチームの皆に笑われた。

同期って不思議。

とにかく金曜日。まだ仕事を真面目にしていない。調子が上がらないといいますか。
何か、頑張れる何かがほしいな。
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:44 | category: 4年目 |
# メールに顔文字
ついにメールに顔文字が登場した。いつからそんな仲に・・・

「あのチーム、怒りますかね!?」という世にも奇妙な超フランクなメールがきた。
それがおとといくらい。残業の帰り際。よくわからないから放置した。

昨日、そのメール、どうしようかと思ったけど、やる気がなくて放置した。
さらに彼からは何の音沙汰もない。ついに夜まで電話もメールもない。
相当忙しいのだろうと思って、それをいいことに放置した。
夜、別件でメールを入れて、帰った。

今朝、出勤したら、そのメールに返信がきていた。22時30分。
あー、昨日はやっぱりいたのか。ずる休みかと思っていたが、相当忙しかったらしい。

そして今日、遂に電話がきた。何の件だったか忘れたけど、10分くらい。
「○○です、お世話になっております。」
「あーーー。元気ないですね。」初めてかも。私のほうから言うの。声でわかった。
障害もあったらしい。
で、レビューを予定している作業が未着手で、要は期限を延ばしたりする交渉の電話。
担当者が体調を崩しているらしい。生憎自分は元気らしい。
そして、謎の会話。
「未着手ということですか?」
「イエス!」
「・・・イエス!って、イエスタカスクリニックですか。」
「行ったことあるんですか。」
「は!?ないですよ。行ってたら今頃もっとキレイになってますよ。」
「(・・・・・、)いや、今のままでも十分・・・」
「あ〜〜〜、はい、いいです、この会話やめます。」

電話のむこうで爆笑していた。疲労の中に笑いを勝ち取った。

で、例のフランクなメールのことも言われるかと思ったけど、どう考えても急ぎ
じゃないので話題から外した。
で、数時間後、感想を述べたメールを返信しておいた。

すると結構すぐに返ってきた。そこに顔文字!?!?

○○から聞いたんですけどね。
〜〜〜というわけで、〜〜〜となったんです。
ヽ(*´ー`)ノ  

こんな感じの顔文字・・・。びっくりした。あまりに驚いて同期に報告。
同期も驚いていた。。

何やら、相当疲れている模様。当分ほっとこう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:24 | category: 4年目 |
# 温泉
休み明けから障害対応。原因不明だけど連絡がきてしまったのだから仕方ない。
コンソールに行って、準備ができるまで10分と言われ、仕方なく雑談。

「3連休どっか行ったんですか?」
「(・・・あんまり)うーん、初詣に。」
「どこの?」
「明治神宮に行ってみました。」
「もうあんまり混んでないですか?」
「いや、結構混んでましたよ。初詣行きました?おみくじとか」
「いえ。・・・人ごみは嫌いなんです。」
「(そうっぽいよね)そうですか」
「あーもうとても嫌です休み明け」
「そうですね。」
「それにしても嫌です。」

なんだか今までになく辛そう。

「休みたいですねー1ヶ月くらい。」
「いやいや、年末に3日もつけて休んでたじゃないですか。」
「いや、それは忘れてください。」
「(できるかー!)無理です。」
「温泉とか行きたいんですよ。1人で行っちゃおうかな。」
「(いやいや・・)1人で!?」
「行ったことあります?」
「(あるわけねーー)ないですよ。でも1人温泉楽しいって聞いたことありますよ。
 そうですねーロマンスカーとかねー近場で手頃でいいと思いますよ」
「それって箱根ですか」
「そうです、箱根です。少し温泉行きたいってことなら箱根くらいがちょうどいいかも。」
「そうですね。」
「1人なら日帰りでもいいんじゃないですか。」
「えぇ、最近流行ってるみたいですしね。」
「へぇ〜〜〜」

ようやく準備完了。サーバに向かう。

「今週は毎日すごく遅いんじゃないかってくらい大変で。こちらのシステムのほうは、
あの案件とこの案件だけ凌げばなんとかなるってことか・・・」

ブツブツ言っている。他のシステムのほうが大変らしい。

「週明けなのに大変デスネ。元気出してください。
今日はもう11時からごはん行っちゃったらどうです。あのマズい食堂ですけど。」
「そうですか?○○さんってグルメなんですね。」
「そんなことありません。」

いつのまにか箱根の話に戻っている。

「(ブツブツ言ったのち)30人日くらい」
「え、それは温泉行くのに工数かかるってことですか?」
「え、出してくれるんですか!?」
「んなわけないじゃないですか!」
「あはは!てか間違えたじゃないですか。」
「知りませんヨそんなこと!」

笑ったついでに奴はオペレーション間違えてた・・・私たちって一体・・・。
てゆうかあの30人日って何だったんだろう。
ブツブツ言ってたのをよく聞いてなかったからいけないのか。私が。

とにかく週明けだというのに彼はやつれていて。
一方私は2日間も引きこもっていたから元気で。
なのに「3連休出かけたか?」の問いには「出かけた」と答えているつよがり。わたし。
意味不明。

午後は端末の入れ替えがあって、Vistaになってしまって、
1日にして「パソコン使えない人」の仲間入りしましたとさ。
あー明日から思いやられる。。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:55 | category: 4年目 |
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links