flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 高校時代
ひさしぶりに高校のときの友達と会う。
就職して1〜2年経ったときに会って以来。むこうは結婚して、引っ越しもした。
私は相変わらずだけど。

なんだか懐かしい話題がいっぱい出て、新鮮だった。
会った場所も、職場からは少し遠い地(でも当然都心)。
忙しくても、こうして外に出て楽しまないと損だ。新鮮だった。とにかく新鮮。

このために金曜は早帰りしたのだ。がんばった。といっても暇だから楽だったけど。
16時から某社との打合せ。障害報告しなかった件をネチネチと攻める。
といっても上司がね。こういうときは上司に頑張ってもらわないと。
私は2時間弱ほとんど黙っていて、結構楽だった。
終わったらほぼ定時。あと5分以内に出発しなくちゃ!
でもコールバックを指示するメモが置いてある。。

「・・・○○です」
「今よろしいですか?」
「急ぎ目でお願いします!!」
「あーー、じゃあ、来週にします」
「え、ほんと?大丈夫ですか?」
「大丈夫です、例のペーパの件なので・・・」
「あーーー、じゃあ打合せしましょうか、月曜にでも。私からご連絡します!!」

強引に電話を切る。
メールもあまりきていなかったから、電源切ってそそくさと帰る。

16時の前には、15:30過ぎにインフラチームの男子が訪問してくる。
藤色のベストを着ている・・実は昼間に食堂で見かけて変だと思っていた。
ついうっかり口が動いてしまう。
「なんと、まぶしいベストで」
「春を、先取りしてみました」
「・・そうですよね!」

ふつうは「お似合いです」とか言うのがgood job!なのだろうが、できなかった。
私って本当にサラリーマンじゃない。

その彼とひとしきり盛り上がったのはこのシステムの将来の話。
他社サーバなんてありえない!って言われて小さくなっていたのに、
その案を採用して抜けてくださいって言ったらどう?って伺われ、
ウェルカムですよ!と言ったら「こんないい反応だとは思わなかった」と言われる。
だってそうだよ。昔から思っていた。
「前にダメ言うてたやないですか!!」
「オレそのときいなかったし」
「そうでしたっけ?」

「そもそもなんで延長交渉しちゃったんでしょうね。
そしたらこうしてこのシステムだけが継子になるってなかったのに。」
「まぁね。それを今さら言われると、、オレいなかったし」

ああそうですか、あなたも辛いよね。

途中からはリーダーも加わって、3人でひとしきり妄想。
「なんだかこれってアブナい会話ですよね」と彼は言い、んなことわかってるよ!

そうして盛り上がってしまったから、15:55になってしまい、もう某社が来る!
でも奴らは平気で遅刻してきて、私はテレビ会議をセットした空き時間に
トイレに走った!

そこから2時間みっちり。そして早帰り。

つまりは15:30くらいから打合せしただけで帰ったわけね。
まぁ、たまには許してよ。
いつも頑張ってきたじゃないか。

あと、来週の水曜に年休を取ることにした。
今、けっこう落ち着いているから、休めるときに休んだほうがよい。
朝イチでスケジューラを見てみると、水曜は打合せが1つも入っていない!
よしチャンスだ!
「ダメだめ」と言われながらも強引に取る事にした。
だって、休めるときに休まないといつ休むんですか!!(怒)

さっそくいつもの彼が電話してきたときに言う。
「そういえば私、来週水曜年休取ろうと思うんですけどいいですよね!?」
「いいんじゃないですか?」
(第一声はこうだったのに、その後、ぐだぐだと愚痴を言っているが、ねじ伏せる)
「やったー、じゃ、そうゆうことでよろしくお願いします!!」

既成事実を1つ作り、退路は断った。

水曜は真央ちゃんのショートを見て、遊びに行くんだ。
落ち着いているときは、機嫌がいいよね。自分でもよくわかる。

来年度は、新人さんが来るかもしれなくて、というか、新人さんにぴったりな簡単な
仕事が発生しそう(前倒しで着手するから)なことになって。
「そしたらインストラクターは○○さん(←私のこと)ね。」
とはっきり言われた。

げ!!

給料が上がるわけじゃないのに仕事は増える。私のやりくりは難しくなる。
慣れなくてまた帰りは遅いだろう。

だ  か  ら

今のうちに一休みしておくのだ。うん。うん。そうだそうだ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:34 | category: 4年目 |
# 爆笑のコメント
昨日、心が折れたと言って渡したコメント、先方で大爆笑だったらしい。
「楽しんでいただけたようで・・」とは言ったけど、私の失意のコメントわかってくれたかな。

まぁ、ありえないロジックにありえない言い回し。
某◎◎社としてお外に出していいペーパじゃないよね。
怒りを越えて、呆れながら入れたいろいろなコメントが波紋を呼び、
「これ、全部書き直せってことじゃね?」と気付いたらしい。望むところよ。

定例進捗では「好きな人の前に座れ」とリーダーに指示され、「ノーコメントで」と言い、
横からむこうのプロマネが「心が折れてるようで」とボソッと言い、
「げ!ばれてる!」と思って「笑わせないでくださいよ!」とツッこんだら、
いつもの彼が笑いを堪えていた。。

まぁ、今までになくおもしろいコメントになったから、むこうは大変だろうね。


さて今日もかなーり落ち着いていて、端的に言えば暇だった。
楽しいぞ。
午前中には新しい座席が発表になって波紋を広げたものの、
夕方にはリーダーが変更を申し入れてくれた。

同期が「ごはん食べる?(食堂で)」と聞いてくれたのも申し訳ないけど断って、
そそくさと帰ってきた。あー楽しい。
家に着いたら嬉しいことにカレーが待っていて、あぁ帰ってきてよかったと思った。


明日は男子フィギュアのフリーだ。1日中落ち着かないだろうな。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:40 | category: 4年目 |
# 定時帰り
今日は何してたんだろ。
わからないうちに1日が終わっていた。
今週の定例の報告、何言おう。

今日は男子フィギュアのショートの日。
11:30頃、電話をしていたら、隣の席で携帯メール速報が入る。
こちらからかけ直したというのに、「やっぱりごめんなさい!」と言って電話切る。
かわいそうな彼。「13:00にもう一回かけるんで!!」と断って。

昼食をそそくさと食べてテレビの前を陣取り、観戦。
この大会で、高橋大輔が好きになった。
ま、昼の時間にテレビの前についたときは点数の発表だけだったのだけど。
プルシェンコに続く2位という位置。
結局ライサチェックに抜かされて3位だけど、
2位には0.05点、1位には0.6点だ。
メダルは取れるよね。がんばれがんばれ。

トリノを思い出す。荒川の金、感動したなぁ。その後就職。いろいろな冬だ。
4年経って、今も結局スポーツ観戦は大好きでやめられないや。

そうだ今日は11:00に2人になった同じに名前の人を呼び出して意識合わせ。
11:00までに、どうしようもない人が書いたどうしようもないペーパに、
ねっとりとコメントを入れていたのだった。そして11:00、新しい担当者に手渡す。
「うまいこと書き直せないでしょうか。」
あなたが書くほうがよっぽどましだと思うよ。

午後は、来週の本番作業手順書を見て、契約関係の書類をチェックして、
インフラチームには検討状況の探りを入れて、
1年以上経つ懸案事項については方向性をかためた。
ゆっくりと、でもあっというまに18:00になっていて。帰ってきた。

着いたら八宝菜。男子ショートの放送。見終わったら、ハイスクールミュージカル3を。
明日返却日だからね。

ガブリエラはやっぱりかわいいなぁ。。ぶりっこにしか見えないけど。
スタイルはシャーペイのほうが数倍よいのだけどね。
トロイはとても人気だけど、ライアンだって十分かっこいいじゃん。

という優雅な1日。今週は、落ち着いている。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:45 | category: 4年目 |
# ホーム
同期の結婚式に出た。もう子どももいて、赤ちゃんと3人の式。
早起きして、美容院は早朝料金も取られ、さんざんなのだけど、
結婚式は完全に同窓会。その後ひとり合流して、さらに同窓会。
このけだるい人たちと4年間一緒にいたのかぁ。



どうりで社会人になって4年も経ったわけで、変わらないものもあれ、変わったものもあり。
変わらないって思ってるのは私だけで、みんな変わっていくのかな。

気が進まないお式だったけど、大学のメンバーが多いから、アウェイではなくホーム。
やっぱり結婚式って大学が同じだった人がホームになるな。
高校が同じくらいだと久しぶりすぎてどアウェイな感じになる。
お花をもらったけど珍しくかわいくて、飾ると映える。
引き出物はお風呂セットなのだけど、意外と嬉しいものばかり。この式アタリかも。

でも、寒い。
家に帰ってニュースを観ていたら「東京は、この冬イチバンの冷え込みでした〜〜」と
お天気お姉さんが言っていた。どうりで修行なわけだ。

外に出てのフラワーシャワー。女子たちはガクガク震えて、私もそうで、毛穴が総立ちだった。

受付をしていた同期、結婚式だというのに、顔見た瞬間、
「ほら、早く書け」と言ってきたり。
男子と女子で引き出物が違うことに気付いてお互い開けてみたのだけど、
女子のを私が代表して開けたら私以上にあさりやがってリストア不可能になりかけたり。
仕事で作っている週刊誌の話をしたり。帰り道に今週の分を買わされたり。

結婚式というよりは同窓会になっていた。でも楽しかった。嬉しかった。
残念だけど、私は、この人たちと時間を過ごしてきた。良くも、悪くも、ね。

卒業して、社会人になって、学生時代はカツカツしていた男子もまるくなった気がする。
なんだか付き合いやすくなった気がする。
今ならもっとみんなとの時間を楽しめるのに。機会があればなぁ。

と、2日のお休みのうち1日がつぶれ、明日はもう会社だ。
過去にワープしていたから、明日、現在に引き戻されたらげんなりするだろうな。
「あ、おひさしぶりです」ってうっかり言うのは私のほうかもしれない。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:42 | category: 4年目 |
# 増える動物
わたしのデスクの周りは動物だらけだ。
いらないからってまわってきたぬいぐるみが2匹(スタンフォードの熊とグーフィ)、
ぞうさんのぬいぐるみ、ジニーのピン、キョロちゃん。
クリップ置きにしているハリネズミ(磁石になっててクリップが張りつくやつ)。

そして今日、新たな仲間が加わった。

朝、席に着いたら小さな箱に紙が貼って置いてあって、
「先日のお礼です」と書いてある。

はて。何かお礼をもらうようなことしたっけ。
全面勝利を飾って飴かガムかチョコをゲットできる筈だったんだけどな。

午前中は電話する用はなく、報告してくれていたメールに返信する。
午後、むこうから電話がくるも、なんだか不機嫌。。私が箱を無視してるからか?
電話を切って、ひとしきりやって、今度はこちらからかける。

「2件ありましてー。ホニャホニャ・・ホニャホニャ」
で、終わったんだけど、せっかくなので「最後に。」と、1件追加。
「お礼ってことでいただいたんですけど、お礼されるようなことしましたっけ?」
「あーーーーーチョコ買ってこいってことだったんで見てたら目について・・・」
「(人聞き悪いなぁ)あー、あの件ですね。笑」
「はい間違えました、お礼じゃないですね、お詫びというか。」
「はーい。じゃあ、ありがたく。」
「どうでした?」
「え、まだ開けてないんですよ(怪しくて)。てか対象年齢3歳以上って・・・」
「えーーー。。。(苦笑している)まぁ、あてはまってるかと。」

次、打合せのアポを取るべく電話すると、こちらからかけたのに、話す間も与えず
「あー、あれどうでした?」と聞かれ。まだ開けてなくて。
「まだなんです、この電話切ったら開けますネ。ていうか打合せしたいんですけど。
・・・じゃ、とにかく10分後に」

ようやく箱を開ける気になった私。
開けてみると、脱力のぬいぐるみ、現る。ラムネは6粒入ってる。
玩具菓子って、玩具のほうがデカイわけですよね・・・。.

ポーチと一緒になってるけど、ポーチにぬいぐるみを入れると終了する。
なんだこれ、どうやって遊ぶんだ。
と、遊んでいるうちに10分経って彼らが到着。声をかけられた瞬間、持っていたので、
振り向き様に見せた。「お。」
その後、感想を言い合う間もなく真面目な打合せに入り、彼らに発破かけて終わる。

で、その後再度用ができたので電話をかけると、また喋らせる間もなく
「意外にかわいかったですね、あれ。」

あんたがかわいいって言ってどうすんねん!

「そうですねー、でも、袋に入れると終了するんですけど。」
「(爆笑している)どうするんですか?」
こっちが聞きたいですよ!
「ストラップとか?」
「ストラップにしてもいいんですけど、金具が大きくて携帯に通りません!」
「(爆笑)」

結局、デスクに蔓延る動物の一味として飾って帰ってきたけれど。
うれしかった。
本当は携帯に着けたい気分だけど(ちょうどストラップないし)、
なんだか占有されたみたいでイヤだな。と思ったり。

でも、明日が結婚式で早起きなのにも関わらず、
マニキュアしこしこ塗ってすぐ寝ればいいのにも関わらず、
こうして日記に残しているのは、今日の幸せな時間を残しておきたいから。


会社の義理チョコと同じように、チョコをあげたい気持ちは山々だけど、
あなただけにあげるわけにはいかなくて、かといって全員にあげるのも変だから、
あげないことにするよ。でも、かわりに(なぜか)私が貰ったね・・・。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:40 | category: 4年目 |
# 全面勝利
先週のうちに送っておいた最新の雛形(フォーマット)。
それを使って書類を作成するようしれっと添付しておいたのだが。

今日になって「今作っているのだが使っているフォーマットが最新だか心配になってきた」
という電話。

ニヤリ( ̄ー ̄+)。

えーーーーーー。それ、送りましたよ?先週のうちに。
えぇと、いつだっけ。あの依頼票添付したメールに入れたの。
メールの本文にも書いた気がするなぁ。あー、これこれ、2月4日xx時xx分。

・・・えー。メールを見ていない事がわかってしまいましたね。
おー。あー。

電話のむこうで悶絶している模様。

ふっふっふ。

さ、、、さすがですね。

あーっはっは。これ、もしや、勝利?久々の?完全勝利?
(・・・・・。)←何も言えなくなった模様。
ほかには?なにかありますか?

いえ、、今ので全部飛んだので・・・忘れました。
これって、その、あれですか、何か持ってけばいいですか。

え、もらえるんですか

飴とかガムとか・・・チョコとか。

やったーーーーー!


電話を切った瞬間、私が言ったセリフ。「勝利!」

「どうしたの?」リーダーがおもしろがって聞いてきた。
かくかくしかじか。笑うリーダー。


その前の電話では、今も事業仕分けを頑張っていて、いろいろ話した結果、
「ほらね」と思ったことがあり、言ってみた。
「ほーーら。ほーーらね。」

あ、それ、あの歌ですか。
は!?歌?そんなつもりはないですよ。
何ですか、長い間、でしたっけ。
(kiroro!?・・・・・!!)
わかった、「未来へ」ですよ。
あー、そうでしたっけ。
それでね・・・

意味のわからないJ-POP講義。私もまだ90年代捨てたもんじゃない。
あれ、未来へは2000年代入ってたか。


電話がくる度に、いつもおもしろくて、心が落ち着く。
今日は1時間みっちり今のシステムの今後について話し合って。
やっぱり「やることリスト」作らないといけないんだね。
リーダーが手書きで書いた長期線表を「もらっていいですか。」といい。
こういうスケジュールも作ってほしいな。
と言われると、「こ、これが・・・」と、手書きのやつを差し出す。
爆笑するリーダー。
場が和む。

でも真面目に受け取ってくれて。

26日に居残りすることになった件も、彼とやりとりすれば話が早い。
「こんな流れの手順にしたい」と言うと、「考えてメールで返すようにします。」と言ってくれる。
そうか、この件か、「ほーら」と言ったのは。
だから言ったじゃん、あと2週間だよって。

「ターゲットの日から逆算して、週初にリハするとすると、その前の週末には手順書が
できてる必要がありますよね。それで、それまでに私たちとのレビューも終わらせると
すると、ほら、ほーら、来週明けには手順の初版がないといけないイメージ♪
もうそろそろ着手じゃないですか?」

あーー、あーーーーーー
(明日が祝日だから、今日の残りと金曜で作らないといけないことに気付いた模様)

ほら、ほーーーーら


今日もいっぱい喋ったな。
10時にドキュメント修正の擦り合わせ。11時に定例進捗。
そこで、26日の手順書の作成担当として言い渡される。
げぼ!
午後は14時から今後の見通しについて検討。

電話も、数分ずつ何本か。

充実。この調子だと、明後日は「おひさしぶり」だな。

明日は休み。少し気が休まるね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:14 | category: 4年目 |
# 嫉妬
今日は女子会。
おいしくて幸せヽ(´▽`)/

女子だけで早帰りしてるから男子には秘密。
なのに女子たちが続々と帰ってしまう。
しかたなく、最後まで粘って演技して、でも本当に必要な明日の打合せをセッティング。
電話する。既に18:00頃になっている。

「明日は14:00でどうですか?同席される方も大丈夫ですか?」
「大丈夫だと思いますが確認して折り返してもよいですか。まだいらっしゃいますよね?」
「え?もう帰りますよ!ヾ(=^▽^=)ノ」
「え、えぇ〜〜…えーーーー ・・・」
「え、なんかありましたっけ?」
「いえ、、ただ嫉妬してるだけです(´ω`)」
「あー。そうなんだ。じゃどうぞ、しててください♪あと3分くらいはいますよ。」
「・・・。では、電話繋いだままで少々お待ちください」
「はーい」

呆れられていたけど笑って待つ。
電話のはるか向こうで、笑い声がしていた。
私がもう帰るから早く回答せよと迫られているとでも言ったのだろうか。

皆が予想以上に早く出てしまい残された私は男子をごまかす演技をギリギリまで。


でもそれほどのわかりやすい演技をしてでも早帰りする価値はあったと思うんだ。


たまにはおいしい店を教えてもらって幸せ感じるもよし、だ。



あと、拵えるの謎。
「〜〜いうページをコシラエようかと思っています。」
「ふーん・・・コシラエル。ですか。」
「え」
「いや、何時代の人かと思って。てへんに存在のソンですよね」
「え、えぇ!?あー、あれ、そうかも。今てへんて言いました?」
「うん!」
「すごい。天才ですか?」
「そうです。 えーでもそうなんだ!へ〜〜。へー。すごい。わたし、すごくないですか?」
「・・・(苦笑い)」

その直後の会話で、ドキュメントに書いてあることの話。
「えー、私、このページってほとんど呪文なんですけど。。。」
「え、天才なんでしょ?」
「あ、そうだった」

謎の天才出現。でも「こしらえる」が「作る」と同意なのは知ってるけど、
その丁寧語だっていうのはホント?
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:11 | category: 4年目 |
# 新宿をさまよう
行きつけの店に行ってみたら、満席。
暇そうな店だと思っていたのに、金曜だからか飛び込みじゃ入れなかった。
それから1時間、並ぶのを避けて放浪していたら軽く時間が過ぎていて。
でもまぁそんな夜も笑えるからいっか。

今日も事業仕分けは続いていて、朝から電話がかかってきたりした。
懸案事項を片付けたり、障害報告のメールを片付けたり、しながらも、
まだ仕分けは進む。仕分けしているうちに作業時間は減っていくので急ぎめで。

そうしてネゴっているうちに午前中が終わり、
午後は14時から打合せ、10分程度。
14時15分から次の打合せに行くのだけどその空いた5分で電話がかかってきて
結局15分を過ぎてしまって走って行く。
それが終わったらそのまま打合せに入ろうと思って、一式持って行こうと思っていたのに、
1つしか持っていかなくて。午前中に「ぜったい忘れる>_<」って言ってたらホントに忘れた。
で、いつものアイツが発した言葉は、「え、、、全滅、、、?」
「・・・・ハイ。。」

だって電話きてて終わってすぐ走ってきたんだもん!

というわけで終わったら荷物を取りに戻って調整再開。15時。
終わったら16時。やっぱり1時間くらいかかると思ってたよ。

席に戻ったときに電卓やドキュメントを取ったのだけど、ついでに後輩にもらったせんべいをあげる。
辛かったとメールがきて後輩が戸惑っていた。
本気で戸惑っていてかわいくて、それを伝えたら笑ってた。
「変な人だと思われちゃったですかね。」
「(そうでしょうね)いやいやそんなことないですよ。」大人な対応。

明日は墓参り。その後は買い物したいな。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:36 | category: 4年目 |
# 事業仕分け
年度末まで2ヶ月をきったけど、残った仕事をやらなければならない。
優先順位をつけて、工数とともに提案してもらう。

・・・。

終わったあと、2人で残って、彼の第一声は。
「いや〜〜驚きましたねー」
「え?」
「落選したものが」
「あー・・・」
「事業仕分け的な感じで。」
「あー・・・蓮舫みたいな?」

ただの消化作業でも、どれをやるか決めて、当選と落選を決めていく。
彼らが「当選!」と提案してきたものも、リーダーの一言で「落選」になり、
仕分けされていく。文字通りの事業仕分け。
あのできない官僚たちと、舌鋒鋭く斬り込む蓮舫が脳裏をよぎる。

当然私たちはそんなにキビシい立場には置かれていないものの、
私とみんなのやるやらないの攻防が始まって。

その後も2〜3回電話でやりとりして。細かいところは担当者でネゴってよいとなったので。

電話が鳴る。
「事業仕分けの件なんですけど・・」
と切り出される。
あ、事業仕分けって呼び方になったんだ。


やりとりを繰り返すうちに、わたしはわたしで放置しているドキュメントをやる覚悟を
し始めた。あー、ついに見なくちゃな、あれ。

でも、2年経ってスキルもついたから、楽しく見れるような気はしているんだ。

でもでも、明日はなるべく早く帰りたいから、来週からにさせてね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:15 | category: 4年目 |
# 冬の朝、散歩
路面凍結した通勤路を歩くのが嫌で(下り坂があるから)、今日は路線を変えて行くことにした。
こっちで行くと、電車の時間は少し少ないけど歩くのが少し多くなる。
でも私はあの駅から歩く朝は結構好きだ。
駅からバスという手もあるけど、歩いても十分着く時間に出発して、
20分弱てくてく歩く。
ブーツで、白い息を吐きながら、地面を見て、シャキシャキ音がして。

朝の凛と冷えた道は、何かすがすがしくて、心が洗われるようだった。
そうか、心が疲れたときは、朝歩いてくればいいのか。
道としては完全にあっちのほうがいいかも。
混雑した道を10分よりは、ゆっくり20分。自分と向き合える感じ。

電車を変えただけで、見える景色が違った。
いつもはぎゅうぎゅうの電車も、空いてるほうに乗ったら窓の外が見えて、
河川敷がまっしろになっていた。太陽が雪を反射して、目がつぶれそうだった。

いつもは眠りながら乗る電車も、立って乗ると神田川が見えて、
雪を纏っていて、都心を走っている感じ。ホームを歩くサラリーマンがかっこよく見えた。

喧噪のなかの乗り換えも、「生きている」感じがする。
奇跡的に座れた。20分間、読書してみる。

着いた!
さぁ歩こう。

雪かきしてない日陰は全面凍ってた。公園は少し溶けていた。
何かが違う。朝の感じ。


先週から何やら落ち着いていて、爽快に出勤した後も余裕をもって勤務。
手帳にチェックをつけていくと、あれあれ、結構終わったじゃん!
嬉しいな。

さあ定時だ!早帰りしよう。
20時過ぎ。駅に着いて、おうちに来ているお客さんのためにおみやげを買って、
本屋さんを偵察して、オーガニックのパスタを買って、家に向かう。

20時半におうちにいてごはんを食べている。あぁ、なんて幸せなんだろう。

ユーキャンのCMがやっていた。仕事を持ちながら資格を取るには、
今日みたいな余裕がないとダメなんだろうな、と思ったり。

明日も早く帰れたら、久しぶりに平日ジムしてみようかな。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:36 | category: 4年目 |
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links