flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 卒業旅行ぁ 櫂蹈泪鵐船奪街道−
今日は大量の買い物をしました
スプリングコート2枚、シャツ3枚、スカート1枚、
スーツ2セット(黒と白ベージュ)
かばんはまた今度・・

さて、ハイデルベルクでの朝から

ドイツに入ってから大雪なのはわかってたけど、
ハイデルベルクの朝はもちろん寒かった!!
それまではしてなかったけどタイツをはいてズボンをはいて、
そしてさらに靴下をはくというスタイルで・・も、寒かった!!
朝、凍りついた地面を4人で歩きながらスケートしかけました

そうそう朝のごはんはおいしかった
6:30ぴったりにいってもお客さんはなし
フロントに確認して食べ始めたら彼らも来て、おっと思った
遅刻しないでくれてよかった☆
ここのホテルのクロワッサンはやわらかくてあったかくて絶品でした

で、4人でトラムに乗る・・タクシーしないなら4人で会う必要ない
と思ったけど、結局、一緒に行って良かったのかも
昨日と違う路線に乗って、降りたとこよりも先、大学広場へ
トラムは€1です
ここまで来てしまえば、ハイデルベルク城が見えるスポットは近い!!
男の子は地図が読めるため、おまかせで、ついてきました
そしたら、昨日はなかった朝市を発見!!見てみたら、
陽気なドイツ人のおじちゃんと仲良くなる
日本語でhave a nice dayは?と聞かれ、「ヨイイチニチヲ!」と教え、
とりあえずその場を去りました
ネッカー川まで行って、朝の城を撮る!!
雪と、凛とした空気の中に建つ城は、綺麗でした

写真を撮りつつ、「2人で撮ってあげるよー」と写真を撮ってもらいまくり、
橋を渡ると、橋の写真も撮れました

橋の反対側からバスで戻ろうかと思ったけど、
バスのおじちゃんにnoと言われ、遠いルートらしいと解釈し、戻る
戻りついでに、時間もあったから、市場に戻って、果物を買う
今日のテストでまた頑張ってもらうため(奨励品)と、
昨日のごはんごちそうさまでした代
おじちゃんとも写真を撮って終了
また大学広場からバスに乗ってホテルに戻りました
あっちだこっちだと考えてくれる子がいると楽でした・・マジ

戻ってすぐ8:30に出発!!雪だから、9:00じゃなく30分早めたんだと
出発して向かうのはローテンブルク
この間は寝るのではなくてロマンチック街道でロマンチックに浸る時間

・・でもね、つまり、雪ばっかりなんデスヨ!!
て感じでした
そうねーもみの木が多かったかな、それも雪をかぶって・・
綺麗でした
ずっと見てたかったし、添乗員さんが街をガイドしてくれたんだけど、
ネルトリンゲン(だっけ)を境に記憶なし・・
ふと気づくと、左にあれがある、とか皆が起きててビビりました

ローテンブルクに着いたのは11:45くらいかな
12:00に動く仕掛け時計があることは知ってたから、ちょうど良かった
雪ばかりだったけど、ローマと違って日本人がいない!!
街中にも観光客自体が少なく、ゆっくり過ごせました
解散して、少し店を見て、12:00に広場に戻って仕掛けを見る
ワインを一気飲みする市長を見て、いよいよ散策開始!!
なんだけど、昨日微妙に親睦を深めてしまった男の子たちと
どうすればいいのかわからず、なんとなく着いて行ったり・・
したら、年がら年じゅうクリスマスグッズを売ってる店に入ることに

大きいくるみ割り人形の前で写真を撮ろうとしつつ逃げ、
店の中をぐるぐる徘徊・・変なものをいくつか買いました
ドコモダケみたいなキノコがあるといって探して、その子は
デカいの買ってたんだけど、結局私は買わず・・
買うなら大きいの買いたかったけど、ジャマだしさぁ・・諦め

その店を出ていよいよみんなを放置して歩き始める
ぐるーっと1周して、雪ばかりの景色を眺めていました
ドイツとかオーストリアとかがアルペンスキーに強い理由がわかったような・・
あんなに降ってりゃねぇ!!

どこかの小道で見覚えのある集団と遭遇・・
彼らは昨日を機に団体行動を始めたらしい!?8人で歩いてました
が、適当にすれ違いました
ここで一緒に動き始めたら今後も一緒になっちゃうから
10人もいると、楽しいけど、制約も多くなるもん

ご飯を探しつつ、道を戻って、パン屋みたいなのを発見
キレイなマダムがやってる店で、大きなケーキが€1.3!!
安いありえねー!ってことで、一目ぼれして買いました
飲み物はもちろんカプチーノ・・向こうで飲みまくりました
ローテンブルクの名物シュネーバルも購入
直径10cmってのが本にも載ってる標準サイズだけど、
この店には4cmくらいのがあって、ちょうどよかったー
食べ始めたら結構すぐ飽きたもんで、小さくて正解でした

ケーキの上に見える小さいのがシュネーバル(雪玉という意味)


寒さの中ゆっくり歩いてバスに向かう
滞在時間は短かったけど、小さな街だし、結構楽しめました
男の子たちはアイスワインを買ってきました
結構値切ったみたいでした
私はバイトで一緒だった人に聞いて知っていたので
「いいなー飲みたいー!」と言っていたら、
「今日飲めるから」と3回くらい諭されました
え、私飲んでいいの?と思いつつ・・

残りの時間も、もちろんバス!!移動!!
ってなわけで、変わり映えしない雪景色を横目に見ながら、
うとうと、たまにロマンチック、てな感じで揺られてました

宿に着いたのは暗くなった頃か
この日はさすがに周りに何もなく、夕食が出ました
が、この旅初、体の具合が悪い!!
お腹が痛すぎて、夕飯はあまり入らなかった
デザートはありえない甘い生クリームが・・閉口しました

すぐ寝ようと思ったけど、皆がお酒飲むって言ってるー
コップ持って集合ね、と言われ、アイスワインが飲みたくて行く
アイスワイン飲んだら戻ろうと思ってたのに、それが開いたのは終盤
11:00頃に「そろそろ」と声をかけてくれた子がいたけど、
それがなかったら帰るタイミングを逃してました
お腹いたいけど、自己紹介などしながら1〜2時間?
昨日のご飯のメンバーで喋っていました
でもこの自己紹介があったから、次の日以降、みんなのことを
覚えられ始めた気がするな・・この人とこの人がペアだ、とかね

アイスワインは、甘くておいしかった
腹痛の理由は、おそらく冷えだと思う
今までもああいう痛みは冷えたときにやってきたから
それくらいなわけだから、結構耐えられたのでした

次の日に備え、早く終わってよかったーと思いつつ、就寝
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:27 | category: 卒業までの思い出2006 |
# 卒業旅行 −ローマからドイツへ−
やっと書く時間ができました
着いて3日目は、朝7:15にロビーを出発して、
レオナルドダヴィンチ空港からフランクフルトマイン空港まで移動

でも!!飛行機は約2時間遅れました
なぜって、到着地であるフランクフルトが大雪だからだったそうです
空港では登場時間を過ぎるとあまり大きくうろうろできないため、
搭乗口の近くでぐうたら・・
まだ皆あまり知り合いじゃなかったけど、唯一たくさん話しかけて
くれる子がいて、どうして今待ち状態なのか教えてくれたのでした
2人組×4組が自然とグループになりかけてたのもこの時期
私たちは女の子2人だったせいか、自然とその中には入れず、
話しかけてくれる一番気さくな子と多く話してた気がします
2人旅だから意味ないと思ってトランプ持ってこなかった
と言ったら、向こうもみんなそうだったみたいで、
この待ち時間はホント暇でした

で、着いてからの予定も練り練り練り直し・・
順調にいってもハイデルベルクに着くのは午後3時頃で、
観光する時間はギリギリってとこだったのに、遅れに遅れて、
だんだん観光を諦め始める私たちでした
やっと飛行機が出て、雪の空港に降りた瞬間には拍手が起こって・・

そこで私は、スーツケースが出てこないというトラブルに!!
みんなに待ってもらう間、本当に緊張しました
トイレから戻ったら私のだけないと添乗員さんが言うから
何食わぬそぶりで待つも、まだあまり知らない皆は、
私を「荷物が出てこない子」として好奇の眼差しで見てました
いや、目があったわけじゃないんだけど、顔がこっち向いてて・・
辛かった
本当に諦めて、パスポートとバゲッジの半券握り締めて並んでたら、
相方が発見してくれたのでした、私のスーツケース><
あらぬところからふと出てきました
彼女が一緒に並んでてくれなかったら、見落としてたと思うな

出てきた重いスーツケースを大事に引っ張って皆のところへ
安心した顔をみんなも見たんだろうな、、
で、大雪の中に飛び出してバスに乗る
バスに乗るのも一苦労なほど、大雪(大粒!)だったなぁ

そこから、雪の影響で遅めに走って2時間〜2時間半ご、ホテル着
日も暮れて、あたりはすっかり夜でした・・おそらく5時15分頃
ドタドタと部屋に引き上げるんだけど、ここで話しかけられる
「メシ、行く?」
この後私たちはみんなとだんだん仲良くなっていった
みんなもこの日のディナーを通じて仲良くなったんだと思う
そんな最初のこのセリフと響きを私はよく覚えています

ドイツは拘束時間が長いからガイドを買ってこなかった
と彼らは言った
私は買わずに図書館で借りてちゃっかり持ってった
そんな彼らは、ガイドをあてにして話しかけてくれたんだけど、
やっぱり他の皆と仲良くなりたいとも思ってたんだと思う
この時のことをよく覚えてる
17:45ロビーに再集合
添乗員さんも来てくれました
初めての団体行動・・11人で、トラムに乗って、
ハイデルベルクのメインストリートへ!!
あのメインストリートはとても綺麗だった
昼間歩いたらどんなに楽しかったか、そう思いながら歩きました
そしてネッカー川まで連れて行ってもらって、城を見る
本当は昼間に哲学者の道を登ってハイデルベルクの街と城を見たかった
そうも思ったけど、夜のお城もライトアップがしてあって綺麗でした
女の子2人じゃ怖くて絶対行けなかった
皆が誘ってくれたことと添乗員さんがいてくれたことに、感謝!!


ご飯は、ドイツの家庭料理?みたいなのを出してくれる店へ
これも添乗員さんとかいなかったら入れなかった・・
半年振りのピルスナービールはおいしかった!!
サラダも、お肉も、皆とのトークもおいしかった
隣に座った子の響きも覚えてる「俺は、3年なんだ」
年下だと思われるけどタメ語で、彼もその後結構仲良くなった気がする

行きだったと思うけど、スタバがあって、皆で入った
タンブラーとか無駄に買っちゃおうかなーって言ったら、
「あ、ご当地タンブラーあるんじゃない!?」と彼が言ったのが、
その子との初めてのトークだった気がする
私は「そうかも!!」と言って、私たちはスタバにランニングイン
でも限定らしきタンブラーは、なかったね

皆との忘れられない出会いになった夜でした
その日以降の楽しい思い出の、初日
集合写真を初めて撮って、帰宅(ホテルへ)

ホテル前では明日の約束をする
「朝散歩行く人いないの?タクシー割り勘したいんだけど」
という2人は、ローマで偶然ばったり会った2人
次の日も朝集合したらロマンチック街道を走り始めるため、
ゆっくりしてはいられない・・というわけで、
ごはんが始まる6:30に食堂で待ち合わせることに
「じゃあ、6:30に、食堂で。おやすみなさーい」

こうして夜はふけていった
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:07 | category: 卒業までの思い出2006 |
# 温泉
友達と、だらだらすることを目的として温泉に行きました
場所は伊香保!!
梨木、鬼怒川、湯河原、石和、と結構行きましたが、
伊香保は観光しやすい街でした
適度に疲れて温泉につかって楽しかった!!
友達はひたすら寝てました
夜な夜な語り明かすこともせず、お互い必死でゴロゴロ
行き帰りは結構話したけど・・とにかく、黙っていても、
話していても気が合う友達だなぁと思うわけで
学生時代に出会った大事な友達になりそうです
女性はたいてい、大学時代の友達で一生の付き合いになる人がいるもんです
彼女は私にとってのそういう友達になるんじゃないかなって、
ふと思ったりしました

あぁ良かった!!
卒業式の喧騒から一転、極楽の1泊2日でした
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:41 | category: 卒業までの思い出2006 |
# 卒業おめでとう
いよいよ、あっというまの4年間は終わりました
正確にはもうおとといの話

14日は、大荷物で学校へ出発
帰国した時に知った論文賞の授賞式があるため
紙袋2つと旅行用鞄1つひっさげでえんやこら登校
久々の学校はなんら変わりなく・・でした
で、ちゃっかりなつかしの演習室に入り込んで荷物を置く
授賞式は先生2人(うち1人はうちの教授)にすっぽかされ、
早く行った意味がなかったのでした
礼拝なるものがあったけどそれはもちろんサボって、
学食で、最後のだらだら・・色紙を書きました
ティーカップを買いに行こうかと話してる時電話がきて、
表彰式のやり直し・・図書券1000円てどうなの

その後、全体での予行があって、その後はもう忙しくてー・・
ティーカップ買って、美容院に行く
髪型の打ち合わせとかをして、ケーキを買って、1時間後には到着
いいおうちに泊めてもらいました!!
そのご夫婦と11時くらいまで飲み明かし、
寝たのは1時近かったか

6時に起きておいしい朝ごはん
時間の計算ができない子で、少し不安だったその予感は的中
やっぱり遅れて美容院入りしたのでした
2時間かかってやっと着付けて登校、駅で父に会う
やっぱり来ることにしたお父さんは、少し恥ずかしそうで、
でも荷物持ちになってくれたから良かった!!

卒業式はとてもダルかった
きつく着付けてもらって、それでもゆるい感じだったけど、
座るとさすがにきつかった
終わって出ると後輩たちなどで大賑わい
ゼミで写真を撮って、サークル行って花貰って、なんやかやして、
3時ころやっと学校を後にしました
忙しすぎて、感慨に浸る間もなく・・スーッと校門を出ちゃったな
最後は卒論のペアの子と一緒に出たのであったなーうむ
一瞬でも振り返ればよかったです

でもストールを忘れて美容院に戻ってから帰宅
電車内でも街中でも目立ちましたが、
みんなニコニコしてくれて、ちょっと気分良かった
地元の駅では高校時代の事務のおばちゃんに遭遇!!もうっ

家に着いてほっと一息・・やっと昼を食べて、今度は謝恩会の準備
6時に家を出て、7時にホテルに着く
みんなかわいく着飾って、2時間はあっという間
先生とちょっと話す時間があったけど、
「君は一番おもしろかったんだ。何言っても言い返すから」
などと褒めてるんだかけなしてるんだかの言葉をもらい
「記憶力いいよね。負けず嫌いでしょ」など、普段は聞けなかった
分析を聞きました・・一応なんらかの評価をしてくれて、
少し嬉しかったであるね、もっとゆっくり語ってみたいものです
先生とも最後だったのかぁ・・・寂しいなぁ
帰りはそのホテルで1杯お茶を飲んで、
3人は地下鉄、先生と私はJRって感じでお別れ
歩いて10分くらいなのにタクシーに乗るとか言い出した先生は、
私も乗せてくれて、お金も払ってくれました
最後はホームでドアが閉まるときまで挨拶してくれた
実は人情深い人なんです
呼べば行くよ、と飲み会に応じてくれる人ですよー

というわけで、あっという間に卒業式イベントは終了
あっという間であり、長い2日間でもありました

袴はとてもかわいかった
自分で言うのもなんだけど、楽しく着れました
みんなもかわいかったしね!!

そして今日はというと、家でだらだら
地元の友達に大きなお花をもらって、
そうそう、昨日は家に着いたら電報が届いてました
人生初電報は従姉妹からでした、、びっくり!!
だけど、嬉しかった
メールしなくちゃ

そして明日(てか今日)からは、懲りずに温泉に行く
旅行で一緒だった子とは1日1回のペースでメールしてる
なんで、多くのみんなの中からこの子がメル友になったのか、
知る由もないけど、少し楽しいな
こうしてやりとりしたいのは、あの旅を忘れたくないから
そして忘れられないからなんだと思うな

野球のあの子に言われた言葉を思い出し、片付ける私
一生忘れられないんじゃなかろうか
ごそごそと片付ける度、あの言葉を思い出すのでした

写真は、パリで買った、卒業式用のピアス
€24もしたので、日本円で¥3384くらい
日本にいたら、絶対、そんな高いピアスは買わない
パリだから、卒業式のためだから、買えました
まぁ終わった後も、これからもたまに付けるけどね!!



http://www.les-nereides.com/
レネレイドというブランドだそう
向こうの三越で買ったので、日本語の解説も読んできたんだけど、
忘れちゃったからまた調べたら、ちゃんとありました日本語サイト
へー!伊勢丹にもあるんだって!!今度見てみよう
日本で買えるならパリで買うなよ!?
いやいや、日本じゃ買わないって・・場所って重要です
しかも今見てたら、日本だとやっぱ高い!!
向こうで€24で買えたのは奇跡だったんだなぁ
| comments(0) | trackbacks(3) | 00:54 | category: 卒業までの思い出2006 |
# 卒業式直前
この日程を組んだのが吉なのか凶なのかはわからないけど、
とりあえず、式前日に学校周辺に前泊するのは結構大変です
明日は、美容院に預けるもの一式を持って、スーツを着て登校
思い返せば、美容院を予約したときに、ムリしてでも持って行って
おけばよかったんだよね・・そうすれば、明日は身軽に行けたのに

と言っても後の祭り
あんなに頑張った卒論が、賞を貰うことになって、嬉しいっちゃ嬉しい
でも、表彰式が卒業式の前日で、聞いたら友達はスーツで行くとか
言っていて、あたふた・・
卒業式の日は、袴を着るかわりに、スーツを持って帰ってくる

ぜったい、変!!!

親が来るみたいだから荷物持たせようと思ってたら
2人とも来ないみたいだし
来る!と言ってる時は「来ないでいいよ」と思っていたけど、
実際来ないと言い出すと少し寂しい22歳

「片付けられない女」に見える
と言われて悔しかったから今日は結構片付けた
あまりに図星でひそかに凹んだ
彼の野球をやっている手に惹かれていた
身長は私より少し大きいってだけなのに、
手はすごくずっしり大きかった、太くて、力強くて
1人で歩くのが好きそうなその雰囲気をずっと追ってた
彼が私に残してくれたものは、独特の世界を持つ男の背中と、
鋭い洞察力
11日間、ありがとう

一番寂しかったのは、旅行から帰ってきた次の日
寂しくて、メールを送って、「寂しかった」と言っていた
これから先、4月、皆新しい生活が待ってる
ヨーロッパっていう地の果てを旅したことは、思い出になる
でもまだ忘れられない
きっとみんなわかってる
会いたいけど会えないだろうって、わかってる
実際、私も、卒業式でドタバタ、温泉行ってドタバタ、
4月以降の洋服を揃えるのでドタバタ、サークルでドタバタ・・
先は見えてるもん
会ってる暇があるかわからない
「東京行くから」と言ってくれている子にだって、
会いたいけど、会えなかったらどうしようって思ってる
一緒に行ってくれた友達だって、卒業式とか、中国旅行とか残ってて、
一番近くにいるその子にだって会えるかわからない

切ないなぁ
またみんなで旅ができたら、いいのに

明日、表彰式に遅刻しないように、早く寝なくちゃ・・
8時には起きよう
| comments(0) | trackbacks(5) | 01:53 | category: 卒業までの思い出2006 |
# 卒業旅行◆ 櫂蹇璽泙納由行動2日目−
今回の旅行はちゃんと記録しておきたいよー!!><
てくらい、今でも思い出してしまいます
帰りたいーみんなに会いたい!!

バチカンなどベタなところを順調に回った次の日は、
相変わらず早起きして、9時にコロッセオに行きました
まぁ前日よりは遅起きだったけど、朝にまた同じ男の子たちと会いました
2人は前日にナポリに行ったらしく、この日が初のフリー
昨日どこに行きましたか?
と情報交換を求めてきました
後々、一番一緒にいたのがこの2人
よく考えると、学年が一緒の2組は私たちだけだった
一緒にいて一番ラクでした

コロッセオはB線なので、この日はテルミニ駅まで歩きました
数分乗って、無事降りると、コロッセオがどーん!!
再び着ました
とりあえず凱旋門まで行って写真撮る
そんで、前回果たせなかった場内観光開始!!
9時過ぎすぐだったせいか、とても空いてました
でもあんなに楽しみにしてたのに、入ると少し気が滅入る
えげつない戦いが行われた場所です
建築物としてはすごいんだけど、行われていたことに思いを馳せると
どうしても暗くなってしまいました
コロッセオ

次は、そのままフォロロマーノへ
なんだかでかかった
いろいろ見て、テレビで観たことのあった「ローマのへそ」を撮って満足
その頃には方向感覚を失っていました・・
で、入ってきた方へ引き返して、パラティーノの丘を目指す
が、変なところを登ってしまい、無駄足でした
ようやく見つけた頃にはかなり疲れてましたが、
丘の上から遠くに見えるバチカンが素敵でした

丘を降りたら、コロッセオの前を再び通り、疲れたからジェラート食べて、
真実の口を目指す!!
その途中にチルコマッシモがあるので、わざわざその競技場を抜ける
ローマは2日間ともとても晴れで、暖かかった
チルコマッシモを歩いていたときの緑と空のコントラストは
綺麗すぎて忘れられない

チルコマッシモを過ぎるともう近い、真実の口
サンタ・マリア・イン・コスメディン教会は、修復中で、
観るものといったら真実の口だけってなもんでした・・残念

ごはんは、本に載ってた安い店を探して、川を渡る
やっと着くと、キャメロンディアス似のかわいこちゃんが出てきて
ピザを切り売りしてくれました
乗せられてたくさん買ったけど食べられました
ついでにティラミス(特大)も2人で一個食べる・・
デカイのに食べられました

その後は、友達が見たいと言っていたフォーリインペリアーリへ
川を渡って、地図に沿って、、何故か坂を上がって・・あれ?
フォロロマーノの絶景!!
うちらは知らない間にカンピドリオの丘ってのを登ってたらしいです
疲れたし、フォロロマーノがどーん!!なので、しばし休憩
見とれてしまいました


で、丘に登っちゃって道間違えたーってなわけで、
その丘を越えて反対側に降りるべく広場に出ると、向こうから、
見覚えのある顔・・・朝話した2人でした
「迷ってる?」と聞かれ「イヤ・・!!」と否定しつつ
彼らは真実の口に行きたかったらしいので、
来た道を逆走するよう教えました
あんな辺鄙なところで会うとは・・お互い迷ったに違いありません
彼らと別れて階段を下りると、見覚えのある道・・
前回来たとき、スペイン広場に向けて歩いてた道でした
ナポリから来たガキにナンパされた後に歩いた道は、
今回の目的地フォーリインペリアーリだったようでした
ふむ、おぉ!ここ観たことあるぞ!!ってな具合でした

フォーリインペリアーリは、結構小さくて、ちょっと工事中
歩いて通ったらすぐでした
というわけで、コロッセオ方面見学終了!!
コロッセオ駅まで歩いて戻って、メトロに乗ってテルミニへ
そこから共和国広場のあるレプッブリカまで歩いて(すぐ!)
三越に行きました
母親に頼まれていたファイラーを買うため
あれ?昨日もこうやって書いた気がする
うそだ、昨日は嘘、1万円を換金しがてら買い物したのはこの日です

で、ここまで来ればもう慣れたもん
昨日も通った道をひたすら歩いてホテルに行きました
途中の雑貨屋みたいなとこで友達がBacciを買う
おばあちゃんに子ども扱いされ、チョコを貰いました
次の店ではピザを買って、またもやピザ・・これが夕飯
ホテルに戻ってばくばく食べて、ローマの夜は終了〜

長かった!!
書くのも長かった!!
けど、再びローマを訪れることができてよかった
前回トレビにお金を投げたおかげかな
今回も、ちゃんと投げてきました
また行けたらいいな
でも当分いいや・・笑
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:58 | category: 卒業までの思い出2006 |
# 卒業旅行  櫂蹇璽泙納由行動−
最初はローマに行きました
フランクフルト経由で再びルフトハンザに乗って、
機内では夏に食べたのと同じ機内食・・萎えました

着いた次の日から2日間、自由行動!!
朝イチでサンピエトロのクーポラに登るぞー!と思って早起き☆
そしたら、女の子4人と男の子2人も同じ時間にご飯
うむ、と思っていたら、彼らはオプションでナポリに行ったようでした
というわけで、一番早い出発は私たち2人
9月27日通りを歩いて共和国広場へ、で、メトロに乗った
駅はレプブリカ(だっけ)という駅から数駅
着いても道はわからないーずっと探検
でも標識を見ながら歩いて行くと、サンピエトロの脇から入りました
そしたら広場の前に椅子がどー!!
とりあえず入ってみたけど、座るのもなんだし、、スイスの衛兵に聞いてみる
「10時半にPOPEに会うんだよー。入れるのは13時からさ」
ってなもんで、クーポラに登る計画断念
仕方ないからミュゼは開いてるかと聞いたらここから10分と言ったため、
最初にバチカン博物館に行きました

クーポラは8時から、美術館は9時から
8時目指して行った私たちは、開館前に美術館の前に並びました
再び訪れたバチカン博物館
夏に来たときも空いてたけど、今回はもっと空いてたなぁ
朝早かったからかな
さーっさーっっと見て、たどり着いた署名の間(?)
ラファエロのアテネの学堂にもう一度会えました
その反対には聖体の論議
そして一番混んでたのはやはりシスティーナチャペル
やっぱり圧巻でした
レオナルドダヴィンチも天才だと思うけど、
私はやっぱりミケランジェロの天才っぷりを疑わずにはいられない
あんな礼拝堂を書いて、ピエタを作って、クーポラを設計して、
人は一生にどれくらいの仕事ができるんだろう・・と思うから

そこでさんざん感動して、夏には知らなかったカフェへ行く
カプチーノが€1で飲めるんですねー
まぁ値段の割りにおいしかったですぅ
昼以降の計画を立てながらだらだらして、ピザも食べました
意外に安く済んじゃった

その後1時までにサンタンジェロ城までを往復
まっすぐ歩いて、ぶらぶら通りを見るのは楽しかった
帰り道にジェラートも食べたんだった
そして振り返って再びバチカンへ!!
結構並んだけど、まず中に入ってその荘厳さにまたあきれる
あぁーここは世界の中心だよなぁ
日本人に写真を頼まれ、撮ってあげる
でも個人的にはここは写真スポットじゃないと思うですよー
日本人ダイジョブですかー

見終わった後、いよいよクーポラの上へ!!
長くて狭くて大変でした
エレベーターなら€7、歩くなら€4・・
€3くらい足で稼ぐわぁ!と登ってみた(それが元凶の始まり)
おばあちゃんたちも結構足で登ってましたね
途中で休んだりしてたけど
でもうちらは休まず一直線
体を曲げながら上がるとこもあって、でも、頂上は最高でした
前回来られなかったクーポラの上
本当に最高!!



2日間のローマの自由時間
振り返って、これが一番感動したかなー

降りた後はスペイン広場へ
ふと曲がったら広場の階段が見えていて、天才的でした
スペイン広場は結構空いてました
そこで同じツアーのチームに遭遇しましたが無視しました

次は、地球の歩き方に載っていた地へ
そこは、私が何度も見た「ローマの休日」のロケ地
マルグッタ通り51番
ポポロ広場に向かう道を少しそれたとこにそれはある
アン王女を拾ったジョーブラッドレーがタクシーで乗りつけるアパート
個人の建物なので、公開はしてないけど、
51の番号を頼りに入ってみました(ずうずうしい)
マルグッタ通り51番
そこはもうふつーのアパートで、今でも使ってるみたいだった
映画では写真のようなアーチはなかった気がするな
そこにおっちゃんが立ってて、お金かしてくれないとかくれるとか
あのくだりのとこのはずです

ローマで「ローマの休日」気分を味わうなら、
ここに行かないとね!!て感じでした

その後ポポロ広場に行って、いい加減うちらのお腹は限界・・
ご飯食べるトコばかり探してました
で、パスタが食べたいと唸る友達のため、パスタ屋さんを探して入った
けど、給食のソフト麺みたいな感じで外れました
残念

記録によると、その後トレビに行ったようです
おー、そうでしたそうでした
そこは人がかなりたくさんいて、ジプシーと警官が追いかけっこしてたり・・
で、日本人に声をかけて写真を撮ってもらう!
日本人万歳☆平和ですなぁ・・的雰囲気
結構上手くとってもらえて満足ー

そしてその後通りを直進してローマ三越へ
ファイラーのタオルを4枚買って、残ってた日本円1万円を換金
明細を見たら、出した1万円は€70になってました
下手な換金所に行くより、ローマ三越で日本円で払って
おつりをユーロで貰ったほうがお得だと思います!!!
というわけで、最後の日本円は無事良いレートでユーロになったとさ

そこまでくればあとはもう帰り道
共和国広場を抜けて、記憶を頼りにホテルへ直行ー
帰りのエレベーターでツアーの人一人に会う
「今日はどこ行ったんですか?」
「バチカンとかスペイン広場とか・・ベタなとこ」
そんな他愛のない会話

彼ともその後仲良しになりました
お風呂に入って就寝

あー今日は結構よく書いた!!
| comments(0) | trackbacks(4) | 15:58 | category: 卒業までの思い出2006 |
# さみしい
長かった卒業旅行11日間は、あっという間でした
昨日帰国して、今日は久々の日本を満喫

でも、寂しい
サークルの夏合宿は4泊5日、その後は皆口を揃えて「さみしい」と言います
今回はそれ以上の時間:11日間も一緒にいた人たちと
いきなり離れてしまって、今日1日、本当に寂しかった
朝ごはんで会ったり、街中でばったり出くわしたり、
夕飯を一緒に街に繰り出したり、エッフェル塔の前で待ち合わせしたり、
観光もすごく楽しかったけど、友達ができたことが嬉しかった
(ただし男の子ばっかりだったけど・・)

異国の地で巡り合ってずっと一緒にいた10人
(正しくは、+8+4で22人)
成田で、どさくさにまぎれてちゃんとお別れできなかったこと、
本当に後悔してます

今本当に、寂しい!!
連絡くるといいな

旅の思い出は後々・・
| comments(0) | trackbacks(1) | 21:35 | category: 卒業までの思い出2006 |
# 出発前
少し時間ができたので記録

今からいってきます!!
| comments(0) | trackbacks(0) | 06:26 | category: 卒業までの思い出2006 |
# 朝です
体内サイクルは見事に元に戻りました

火曜・水曜はサークルの試合に参加
団体戦で、うちは弱小なので、毎年1回戦負けだったんだけど、
今年はクジ運も良く、2日間で3回戦進出しました
私は1日目は負けましたが、サークルが勝ってしまったため、
2日目も参加し、ここでは勝ち、一応仕事ができました
どの日とも飲みがあったけど、参加せずでした

木曜・金曜は、前から決まっていた、サークルの卒業旅行
久しぶりに4年生8名集まって、バスで移動・・石和へ
どうなることかと思ったけれど楽しかった
本当に楽しかった
着いたらあの街には何もなく、そばを食べてレンタカーしました
河口湖へGO!!
行きの車は何故かきれいに男女4:4に別れ、何故か女車が先導
湖畔に着くと、後ろの男どもが降りてきて、「速い!」と怒る
こちらは毎日40km/hを70~100km/hで飛ばしてる子が運転したため、
後ろはついていくのに必死だったようです
1時間と言われていたけど、50分くらいで到着

そして、さらにやることもなく、スワンに乗る・・2台
しかも1台はパンダでした
パンダに追いかけられたりすること30分
太ももが軽く疲れたけれど楽しかった
最後は私が舵を切ったけど、かなり上手かった!
停車も完璧でした
運転は半年以上ぶりでした(車じゃねー)

帰り道は下り坂
運転手を変えたらめちゃんこ怖かった!!
後ろの車の女性陣は爆睡した様子ですが、その感覚は不明
オチオチ寝てられないっつーの
助手席に乗った子は終始説教してました

宿に戻ってゆっくり風呂
さいこーーー!!!

その後は松葉ガニ着きの夕飯
久々にまともなもの食べました
便秘も解消されたかな!?
でもコストパフォーマンス悪いためカニは食べるの大変・・
慣れてたのは2人くらいなもんで、みんな四苦八苦
一番もりもり食べる男の子でさえ萎えてました・・
1人一杯つくとは・・・

夜は少し喋った後でトランプ大会!!
大貧民→ポーカー
の流れで、JINROやTRIANGLEを原液で・・
サークルから離れたはずなのに、1人1人はサークルの要素なためか、
悪しき習慣が横行していました、やだー!!
私は大貧民弱いため、3回連続飲んで死にました
平民万歳

その後ポーカーで復活した後は、結構強かったです

朝までそうして起きてたのは、女子フィギュアのフリーがあったから
安藤美妃は最初から無視だけど一応見て、
やはり圧巻は荒川・村主
酔い&寝不足で朦朧とした頭でみんなで観戦
スルツカヤがこけたころ、金を確信し始めました
7時から8時まで寝ようと思っていたけど、
やっぱり表彰式も見たため7時10分就寝、50分睡眠でした
でも見てよかった

ボロ泣き

しちゃいましたーてへへ

2日目はそんな具合でみんなグロッキー
やることもなくまた風呂屋に入ってぐだぐだしてたのでした
トランプ以外やることねーのかよ!!

でも楽しかった
何もなかったけど楽しかった
大事なのは、皆で時間を共有できたこと

ありがとう
| comments(0) | trackbacks(8) | 08:58 | category: 卒業までの思い出2006 |
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links