flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ドキドキして、へこむ日 | main | 休みのおわり >>
# やっぱり勉強は必要
JAVAを再び勉強中です、そして、なぜか、おもしろいです

学生時代
意味不明、長所不明、課題はまねっこすれば終わる、切り抜ける
おもしろいと感じない

と、何拍子も揃っていました
で、社会人になって、仕事としてやるかもしれないってなって、
やっと、勉強する気が起きる
先生、両親、ごめんなさい
でも学問としてのオブジェクト指向はなんらおもしろくないものでした

そして今、危機感を持って勉強して、実際コーディングもすると楽しいんです
わかるから!!

新人研修
オブジェクト指向でなぜつくるのかを読む
数回にわたりヒアリング、ディスカッション
いろんな要素が、学生時代の知識に肉付けしてくれた

そして今、それを生かして下流工程の体験中

楽しいよ〜(´▽`*)

犬がワン、から始まった私のオブジェクト指向
Class Oya(){}
とか、
Class Ko(){}
とか意味わからんものから入ったから、混乱した
でも、本から得た知識でちょっと復活した
そしてちゃんとした(かはまだ見極め中)講義で知識が体系化した!と思う

というわけで、ぐんぐん成長中

だからって、社内でオブジェクト指向論者になるのは危険なんだけど、
意見を求められたときに客観的に報告をできるくらいの知識は身につけたい

情報の取捨選択、吟味

きっと、オブジェクト指向は、多かれ少なかれこれからはみんなで取り組む課題だと思うから
逃げないで、今度は、頑張るんだ

学生時代の勉強が生きると感じる時、こんなとき

初めての勉強は、失敗することもあるけど、
やり直せばできるようになることだってある

赤点ギリギリだったベクトルだって、這い上がったじゃないか
ノート写すだけだった数学だって、這い上がったじゃないか
オブジェクト指向も同じ
いろんな人に助けてもらえば、また頑張れる

やる直せば、という仮定があることが、学業と仕事をリンクさせた利点


今はそんなに忙しくないから、ポジティブ
来年度の体制も気になるところなんだけど、気にしてもわからない
結果は偉い人にしかわからない
予想は予想でしかない
希望は希望でしかない
誰かの発言に一喜一憂するのはやめよう
きっと、私にあった場所が待ってる(←えらくポジティブ)

明日は学生時代の友達に会う
配属されて以来、初めて
久々に会う、っていう関係になって、気づいたこと
「次に会う時は成長した自分を見てもらいたい」って思う相手であること
学生時代、それくらい、お互いを高めあえた人だと思うから、
そういう人は大事にしたいんだ
いろんな話ができて、いろんな視点をもてたらいいな

今までの私、ちょっと卒業したい

って思う日も、あるよね
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:49 | category: 新人 |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:49 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akt19.jugem.cc/trackback/911
トラックバック
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links