flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ドリームガールズ | main | カウントダウン >>
# アヒルと鴨のコインロッカー
評価:
伊坂 幸太郎
東京創元社
¥ 680
(2006-12-21)
随分前に衝動買いした本
ちょっと長めに寝かせてあったんだけど、この連休を利用して、
意を決して読むことに・・そしたら、
坂道を転がるようにクライマックスまで転がってしまいました

おもしろかった
つーか、よくできてる

本屋を襲うのは、どこかで聞いた話ですね
村上春樹の「パン屋再襲撃」←最後の解説にも書いてあった
なんでこの2つがリンクされて思い浮かぶかってゆーと、
どーでもいいものを盗んでるから、かな
正確にいえば、買ってもいい値段のものを盗むから・・

村上春樹のは、短編集だからあれで終わりだったけど、
この本には、前も後ろもあった
ドルジと河崎と琴美、そして僕
いろんな登場人物が伏線を張って、「現在」に繋がってる
どんな人も、現在を持ってる
過去を持ってる、そして未来も持ってる

パラレルに展開する話も、変なところを襲うところも、
村上春樹に似てた
でも、これは、ちょっとほんわかしたミステリー

映画のサイトを観たら、映画が観たくなった
http://www.ahiru-kamo.jp/
これを、どうやって、表現するの?
おもしろそう

正直、おもしろかった
坂道を転がりだしてからは、おもしろかった

他の本も、余裕があったら挑戦しよう
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:12 | category: books |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:12 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akt19.jugem.cc/trackback/898
トラックバック
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links