flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 思いついて、東北 | main | そして明日へ >>
# サークルとお別れする
去年も一昨年も、あの駅で、先輩を見送った
今回は、見送られる立場・・

卒業式に行って、花を渡して、友達のESを一緒に考える
次の日の朝まで毎年恒例のオール
今年は本当に皆元気で、別れを惜しみにきた先輩はキレてた
でもやっぱり昨日の朝が最後の日だったみたいだ

何を言うか、少しは考えていたけれど、声が震えてた
もういい!と思い続けていたサークルだけど、
やっぱり最後はちょっと切なくて

でもやっぱりアレだな、きれいサッパリおさらばできて良かった
正直やめようと思ったことは何度もある
と言う人がいて、
やめようと思ったことはありません、という人がいて、
本当に個性のある学年でした

でも私は、今の4年生に出会えて良かった
最後4男と挨拶する時、何故か一番泣いてしまった
しかも意外な人のところで
あなたの意味不明さも、適当さも、含めて、
なんかあったかくて、安心して泣いてしまった
4女とはお別れできなかったな・・またいつでも会える気がして

実感ないけど、実感ある
変な感じです
それが私の「おしまい」
4年間のサークル生活も、完全に終わりました
| - | - | 11:47 | category: 卒業までの思い出2006 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:47 | category: - |
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links