flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 楽天のESが通った | main | 筆記に通る >>
# きみに読む物語 The Notebook
泣いて泣いて泣きまくって、観終わった後はぐったりしてました
映画館で泣いたのは、初めて!?くらいに、顔がかぴかぴで・・

釣り合わない恋、ひと夏の恋、忍ぶ恋、親に止められる恋・・
年をとっても、7年経っても好き
365日手紙を書いて返事を待つ

なんだか王道を一気にやってくれたって感じの映画なのに、
どうしても冷めては見れず、ノアの表情やアリーの表情に
涙せずにはいられなかった
年を取ったノアが、発作を起こしたアリーを見て感情を抑えずに泣くシーン
いつまでも涙が止まらなかった
後半は、ずっと、ずっとポロポロポロポロ・・
ごしごし拭けないからほっといたら、顔がかぴかぴになった

きっと、もう1回観たら、最初から泣いてしまうかもしれない

でも、泣くことはいいことだって聞いたことがある
観終わった後は、疲れもしたけど、体内の有象無象が出たようでもあって
ちょっとすっきりした

就活中なのに結構映画づくしな気がしてます
| comments(0) | trackbacks(2) | 22:09 | category: movie |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:09 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
きみに読む物語THENOTEBOOK
いつまでも、どこまでも、ふたりで一緒に歩いてゆこう・・・。白鳥の舞い降りる湖の見える窓辺でたたずむ一人の老婦人。彼女がいつも怯えているのは、帰りたいのに帰り着けない場所があるということだけは理解できているから。美しい風景の向こうにある記憶のかけらを、
| 映画に恋してる | 2005/02/17 9:00 AM |
「きみに読む物語」
人は生きている間に、本当の意味で何人の人を愛することができるのだろう・・・。よく「人の心は移ろいゆくもの・・・」と言われますが、その言葉と全く逆の「永遠の愛情」「永遠の信頼」という意味を、深く深く、心に刻み込まれる作品です。余計なことは全部捨てて、シ
| 青木英美のニライカナイ | 2005/03/13 12:19 PM |
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links