flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ついに明日は | main | ごめんね >>
# いつぶりなのかわからないほど
平和。平和な1日だった。

リハーサルもしたし、何もないってわかってはいたけど、
おじちゃんが早く来るっていうから、頑張ってその5分前に着席した。
案の定、何もなかった。

だから、さっさと、片付けるべき仕事を始めることにした。
重い作業から始めよう。
これで最後になるであろうマニュアルの検証をした。
あんたね、私を騙そうったってそうはいかないよ。
ラピュタのドーラがつぶやいたセリフを、自席で吐いた。
周囲が笑っていた。
無事に動き始めたシステム。だから、1つお守りをする子が減って、邪魔がない。
だからとても集中して、気づいたら11時になっていた。
再度全体を見直して、まとめて、放り込んで、電話した。取りに来いと。

午後は、それを手放したから、残作業を。
彼が作った引継ぎ資料に手を加えていく。
あなたも私もいなくなる。いなくなれば、それなりにみんなやるだろうけど、
できるだけ道を付けてから去ろうと思う。あなたもわかっているよね。
終わったね、心の中でつぶやいた。

16:00頃、それでも彼らは来ない。あんたら今日は提出日でしょうが!
こっちの資料整理も終わらないから痺れを切らして電話したら、
もうすぐ出しに行こうと思っていた。と言う。その15分後、彼から電話があり、
持って行きたいと言ってくれた。
これを受け取ったら最後だってわかっているのに、会いたかった。
持って来た凸凹コンビは、忘れられそうにないよ。

その後、やっぱり彼は彼で私は私だから、やっぱり見つけてしまった。
ヌケているところを。
そして、別途お願いしていた一式もそういやないなと思って、電話した。
まずは「別添がないです」「あーーーーー」絶叫する彼。
「持って行きます」「はーい、あとですね」

ドキュメント誰に出したの?って聞いたら、おばちゃんに出したって。
おい!!!
私に出せよ!!

電話を切ってそっこーでおばちゃんのところ行ったら、差し替えたあとだった。
私、差し替えようと思っていたのに。
そういえばさ、削除するページもなかったっけ?明日確認しなくちゃ。

彼が来るかもと思いながら、差し替えが終わってしまったドキュメントを見たら、
なんだか変なページ発見!今度は私が絶叫!!

そのとき、足りなかったものを持って来てくれた彼が現れて、
「ちょうどいいところに!ここなんか変なの」と見せたら「それはおかしい」と彼。
私は座ったまま覗いてもらっていたのだけど、
それを持ってすっくと立ち上がり、彼は作業ができる場所まで歩いて行って、
ばーっと見始めた。
そしてなんと、間違っているページをさっさと直し始めてくれた。
「え、やってくださるんですか、すいません」「いえいえ」
あんなに手早いあなたを初めて見た。かっこよかった。ごめんね。ありがとう。

私は弱い。焦ったり怒ったり、すぐしてしまうから。
あなたはそれを受け止めてくれた。それはもちろん、仕事だから。
私は言った。ひとりっこだと。彼は言った。お姉ちゃんがいると。
自分のことは棚に上げて、「弟なんだ」と言ったら
「末っ子で甘やかされて育ったらわがままになりますよ」と言った。
お互いワガママの自覚あり。
そんな私たちも、どうにか仕事をしてきたね。社会人だから。

そんな長くて短かった日々が終わってしまった。寂しくて、寂しくて。
Youtubeで「さよなら大好きな人」「Best Friend」「恋に落ちて」なんて聴いて、
もっと寂しくなっている、、今。

明日は現行サーバの機能を止める。
会いたくて、会いたくて。次は「コイシイヒト」を聴くんだな、私。

でも、これを聴き始めたらアブナい。
今回はこれで終わらせるつもりはない。ちゃんと言って、ダメならちゃんと終わらせる。
それだけが今回の目標。
私たちは、期限切れの31日まで、どうやって過ごすんだろう。
お互いに31日できれいさっぱり異動だと判明した今、
あと数日だってわかっているけど。どうしたらいいのかまったくわからないよ。

でも最後は、反則技を使おうと思っている。電話でも呼び出しでもどっちでもいい。
私にはもう伝える以外の選択肢は残ってない。


18:00過ぎ、昼間に作った引継ぎ資料を見て欲しいと頼むのを忘れていたことを思い出す。
もう帰ってるだろうなと思いつつ電話をしたら、彼が出た。
「あーすいませんまだいらしたんですね」と言ったら、
今までだったらただ「はい」だったかもしれないけど「かろうじて」と言った。
よかった。
明日でいいけど、資料を見てほしい、そう頼んで今日は終わった。

私も早く帰って来たよ。早く帰ってくると、時間がいっぱいあるね。
仕事をしすぎて気づかなかった。こんな時間。こぼれていく。それでもこぼれていってる。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:13 | category: 5年目 |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:13 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akt19.jugem.cc/trackback/1714
トラックバック
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links