flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 続・しょんぼり | main | ついに明日は >>
# 同盟を守ったウソ
「内密に」の同盟はまだ有効らしい。
そもそも先方でまだオープンになっていないのか?わからないけど。

今日は始業10分後から本番作業。
朝から作業だから早く行こうと思っていたのに、震災後初めて通常運用になった。
そして意外と普通に間に合った。なんだ、いいのか。電車はもう大丈夫だ。
眠い目をこすりながら作業場所へ。
「今から行くね」連絡なしで現地集合。すごい。淡々とこなして解散。午後を待つ。

14:00進捗会議。最終回。
偶然なのかなんなのか、彼は私の目の前に座った。マスクで。
目の前だと恥ずかしくて顔はあまり見られない。
次期OSについて上司がぽやっと質問したらみんな固まって、お互いの表情を探る。
そして彼を見たらすごい勢いで瞬きをしており、上目遣いになり、その目がかわいかった。

空き時間は、引継ぎ資料の作成。来年度の作業について。

15:00過ぎ、早めに見てもらいたい作業ログがあったから、渡しがてら買い物に行く。
あの部屋に行くのも最後だったのかな。呼び出したうえで手渡し。

16:00は端末の打合せ。ここ数年で久々に意識不明になった。やばかった。
4月以降、こういうこと多くなるんだろうかとぼんやりと思う。

17:00、もうすぐまた本番作業だと思いながら席に戻ると、電話くれってメモが。
聞きたいと言われたのはファイルの事。
私が引き取るって言ったのはできたの?ってことと、
最終版の目次をくれないかということ。
あと、CDに格納するときのファイル名の相談。
「こっちのファイルほうは、もう何がなんだかって感じで」
「何がなんだかって!!」
最初はあなたがファイル名つけたんだよね!!

こんなやりとりするのも終わりだな。内線電話からあなたの声が消える。
月曜にこれを受け取ったら、本当に終わる。
あ、火曜には停止作業があるのか。
そこはまだ一緒だね。
でもそれが無事終わったら、お互いに「残り2日」になる。

寂しくて寂しくて。4月以降の私たちが見えない。

そして17:30、また集合なんだ。
ちょうどcronが起動され、結果が出力されていた。出遅れた人、なし。
驚く彼。「うん、さっきねメール全部揃ったんだ。」
どうする?次は20分後。
「それまでにサーバの中を見て、その頃には20分経ってますよ。」
というわけでサーバ作業開始。

今度は午前中と違って、おじちゃんと彼の間から見るような位置に座った。
右の至近距離に彼が座っていた。2人でおじちゃんの操作を見守る。
近くにいることにはなんの違和感も感じなくて。

全部打ち終わって、少し時間が空いて、ついでに他のコマンドも打ちたいと言われ、
至近距離で「いいですか?」と聞かれる。
うん。いいよ。無言でうなずく。目を見て。見つめて。

それが終わる頃、ちょうどリーダーが遅れてやってきた。
少し空き時間があって雑談をしているから、リーダーは聞いた。
「○○さんは4月から何をされるんですか?あのメールで微妙なとこに名前あったから」

私たちの間には同盟が締結されているから、私も一応知らないフリ。
知りたいなって顔のフリ。
リーダーの顔と彼の顔を交互に見る。
そして彼は意を決して言った。「まだわからないんですよ。」顔は、笑顔で。
よく言った。ウソをつくときはこうしてつくのだ。

そういえば一緒に帰ったとき、その頃彼の上司が心配してケータイにかけてきて、
私は聞きながら隣を歩いていたのだけど。
「○○線止まってて、今歩いてます」これは完全にウソ。
この路線に乗ったら圧死するかもってビビって迂回しただけのこと。
しかしタバコを吸ったりお茶できる店を探したり寄り道してたから、
遊んでるよね私たちって話して、時間かかり過ぎだって言われるかなって話になったら、
彼はこう言った。「電車動いてないって言い張ったほうがいいですよ。

すーっと、ウソをつく。何事もなかったかのように。そして何も足さない。

私はウソをつくのが苦手だから、黙ってニコニコして2人の顔を見比べるしかできなかった。
彼のウソは、上手くつけたようにも見えたし、下手だったようにも見えた。
でも何も足さないから、そこまで怪しくなかったように思うんだ。

あんなに恐れていた3月末。本当にやってきて。今わたしはそこに立っている。
本当に心から思うのは、自分がいなくなって彼が残って他の人と仕事することがないってこと。
1年間、彼を独り占めして、その記憶のまま、誰にも渡さずにお別れする。


そういえば、今朝寝坊した理由は、彼が夢に出てきたからだった。
なぜか我が家に泊まってるって夢。紺色のパジャマを着ていた。それだけ覚えてる。
夢は自由だ。だからこそ不思議だ。でもその夢は幸せだった。だから起きたくなかった。
もう一度夢で会えないかと思って今日は寝よう。1週間の疲れを取ろう。

しょんぼりしたり、仕事とともにこの5年を思い返したりしまくったから、
今週は心が疲れているんだ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:46 | category: 5年目 |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:46 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akt19.jugem.cc/trackback/1712
トラックバック
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links