flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< あなたの呼吸が止まるまで ...島本理生 | main | あまりに暇で >>
# 停電に怯える3連休
怯えるとはいえ、意外と計画停電は回避されていて、
普通の生活に戻してもいいのかな、とさえ思い始めるのだけど。
その度に、余震がきたりして気が抜けない。

昨日(土曜)の夕方の余震はすごかった。ここが震度3ってウソでしょ!?
と叫びたくなる。
夕方、なにもかもが恐ろしくて、でもやることもなくて布団にいたけど、
飛び起きて机の下にもぐったね。偶然ワンセグでテレビをつけていてよかった。
ケータイの地震速報はこなかったから。

以前は地震になんて動じなかった私が、もはや余震恐怖症だ。

昨日は、とにかく作品を書けというから書いて、買い物に行った。
地震があってもなくても、余震があってもなくても、生活用品はなくなる。
隣の駅まで化粧品を買いに行く。
一応、隣の駅とは言っても、快速に乗った場合ですね。
つまり、あいつの住む駅と私が住む駅のあいだ。

母親も靴を買いたいというから、一緒に行く。
あったかい、ぽかぽかした土曜日。平日もこれくらい暖かければ、停電なんてないのに。
なんで土日があったかいんだろう。

3連休に絶対にやらないといけないのはこの買い物くらいで、
それをえいっと初日に終わらせてしまったから、今日は本当にやることがなかった。
なければ限りなく堕落する私。。

そういえば彼も「インドアだ」と言っていたっけ。今頃何をしているのだろう。
私の感覚だと、停電があるとかないとかいってるうちは、迂闊に出歩けないのだけど。
それが一緒なら、きっとあいつも家にいるはずだ。と思うんだ。

期せずして電話もメールも知ってしまった今は、
ただただそれを使って連絡を取りたくなるけれど、
今はまだまだ仕事も終わってないし、自由にはできないというもの。

ずっと前から、3月末になったら終わってしまうと寂しがっていた。
今、本当に、その3月末がやってきている。想定しえなかった境遇を伴って。

それでも、このまま終わってしまうとは思ってない。思えなくなった。
打上げをやろうと思っていると言ったら、「せっかくだからやりましょうよ」と言った。
こっちで会いましょうよと言ったら「いいですよ」と言った。
私が一方的に帰ると言って電話したら、むこうから「お気をつけて」とメールをくれた。
もちろんそれは、電車が止まったら教えてほしいという要望からなのだけど。
まさかああして優しいメールをくれるとは思わなかった。

だから終わるとは思えない。
案件が一段落したら、もう関係ない。そういう関係ない関係が始まると思いたい。

ひとまず、やることがなさすぎて本を読む。
2月に一旦停滞したから、年間目標に向けてまた進まなくちゃ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:57 | category: 5年目 |
# スポンサーサイト
| - | - | 21:57 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akt19.jugem.cc/trackback/1707
トラックバック
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links