flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< どうか無事で | main | あなたの呼吸が止まるまで ...島本理生 >>
# 反則な上司
ゞ伴圓離船腑鵐椶函↓地震の影響で、
約2週間前の振休の前日に上司に呼び出されたことはほとんど忘れていた。

|舎の障害。あまりにおそまつな状態に、デラックス激怒。
 ユーザにメールしたり、とにかくいろいろ、走り回っていた。3月2日〜10日まで。
△修鵑幣態で忙殺されているというのに、3月11日(金)地震発生!
 会社に止まり、死ぬ思いで家に着いて、1日休んだら、週明け月曜はまさかの自宅待機!
 火曜〜金曜(今日)まで、毎日5:00に一旦起きるという異例対応。

木曜(昨日)なんて、海江田万里の発表に1フロア騒然となり、上司が帰れ帰れというから、
すべてを放棄して帰ってきた。業務続行不可能。
今日なんて、朝、電車の暖房切られたね。死ぬかと思った。

ヘトヘトなのに、自宅待機や急遽退社のせいで業務時間は減り、
今日はひさびさにまともに仕事。でも昨日のことがあるから、
いつ帰れと言われるか怯えながら急ぎめで全てのものをやり始める。
と、そこにまた意味不明なエラー発生!
リーダーが生き生きしながら対応しているから口出すのやめる。
本当は彼とやりとりしながら進めたかったけど、無理だった。

最後にわかったのは、インストールパスを間違えているっていうチョンボ。
あーはいはい。やっぱり、ユーザのチョンボだったでしょ。

あっというまに17時になっていた。

その対応が落ち着いたのは17:30くらいだったか。
そういえばリーダーとやりとりしてたはずの彼から電話くる。
「○○さん電話繋がらないので言づてをお願いします」だって。嬉しい。ありがと。
そして、落ち着いたのを見計らって、頼みたかったこととか喋る。
さらに頼んでいたものもできたという。持っていきたいと言う。

いや!いまダメなの!上司のところをうろうろまわってハンコをもらってた。
さらにおせっかいなのかなんなのか、連動ファイルの中身について質問され、出直す。
わかんない。え、無理。調べるの?だから無理!

って状態だったのと、本が手許になかったから断る。
「え、今来ます?ちょっと無理なんで、あとでこちらから電話します。」

落ち着いた頃には15分くらい経っていたかな。
「お待たせしました。でも私、本取りにロッカー戻りたいんで、その足で2階行きます。」
「本?」
「うん、読み終わった」
「はやっ」 ←彼の心の声、本気でつぶやいてた
「うん、だって、昨日あまりに暇で・・」大停電で脅され早く帰宅して暇すぎたからね

引出しからお礼のお菓子を取り出し、激混みのエレベータに待たされながら、到着。
受け取るものを受け取って、こちらからは本を渡す。
「続き持ってるんですか?」
「持ってます。」

「あーでもいま本棚が」そっか崩壊したんだよね
「いつでもいいんですほんと」

久しぶりに対面で話したけど、あいつ、日に日にかっこよくなる気がする。
日に日に、スーツが似合ってる気がする。
やっぱり男子はネクタイにスーツが一番かっこいい。
寒いからって上着着てる。それ最高。

日中の対応も終わったから、残作業に入って、他部署に平謝りしに行ったり、
とにかくやることはいっぱいで、頭がパンクしそうなんです。
帰り道、何があるかわかんないからホントは早く帰りたいんです。そんなとき。

腹黒だと思っていた上司に呼び出される。正確には、リーダーの上司の上司。
夜、9時ですけど。。
わたしね、好きで残ってるんじゃないのよ。しかたなく残業してんのよ!
しかし部屋に呼び出され第1声は「落ち着いた?」っておい!

い い え !

んなわけねーだろ!

落ち着きません。

「ほら、○○さんと話したでしょ」
「・・・そっちの話ですか!

落ち着いたか心配されたのは、最近目が回るほど忙しいからではなくて、
ずっと前に起きた事件のあと私が心の整理をしたのかという質問。

もちろんそっちについても答えは「い い え !」ですからして。

でも奴は聞く耳なし。
へっへー決めちゃったもんね。てなテンション。
「わかってる?あと10日ほどで遂に・・・。」
わかってない。忘れてた。この喧噪じゃ、無理ですよ!

せっかく忘れかけていたのに、このどさくさでなかったことにしたかったのに、
許可されないみたいだ。
この3連休とあともう1回の土日でどうにかしろと言う。無理。ホント無理。俄然無理。

次のシステムの概要をばーっと話され、
いっぱい話して満足したらしい彼は、「うん」と言って私に「うん」を促し、
私がなかなか「うん」と言わないとまた「うん」と言い、
書類を閉じ、終わりだよ、という顔をする。
うんと言いたくないと言い、そしたら席を立ち、、

もうね、涙も出ないよね。

考えているのは、その日その日をどう生きるか。
ちゃんと会社行けるのか、帰れるのか。それは私だけじゃなくて、近所の彼もそうか。
原発がどうなるのか。我が家の停電がどうなるのか。我が家の洗濯機が直るのか。
そっちのほうがいっぱいいっぱい心配なんだから。

こうしたどさくさに紛れて私が忘れていると思われたのかもしれない。
だから上司に呼び出されたのか。「内示」と思えばいいのか。ただの告知なのか。
それにしても告知は2度目だから。。もう間違いないみたいだ。

最後までごねたけど、最後、彼は、悪魔の一言を言い放った。
「もう決めちゃったもんネー!」
そういう問題じゃねーよ!
だったら告知すんな。

残業を邪魔したうえに、結局は決めちゃったと言い張り、反則だよね。

どうやって、お世話になった人に別れを切り出すのか。
どうやって、今の仕事と今までのいろいろに区切りをつけるのか。
それを2回の週末でどうにかしろなんて。無理。
私がみんなと過ごしてきた時間は長いんだ。。

それでも、どこかで、異動するんだろうなって思ってる私がいる。
4月以降になるんだったらやらなくていいんだってほっとしてる私がいる。
それはもう、「落ち着いた」ということなのかな。いけない気がするけど。

私はここを離れ、彼もここを離れる。
そしてまた、私は1人であの地へしこしこ通うことになる。
今のこの甘えた状況がなくなるのが、心配で心配でしかたない。
本当は今、それが一番、怖いんだ。

めちゃくちゃな1週間が、終わった。
1日に1度は思い出す、「無事でよかった」の一言。それも今週の私を支えてた。
めちゃくちゃな1週間を、支えてた。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:59 | category: 5年目 |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:59 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akt19.jugem.cc/trackback/1705
トラックバック
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links