flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 隠蔽捜査 ...今野敏 | main | 反則な上司 >>
# どうか無事で
計画停電も3日目ということで、朝5:00起きの生活も3日目。
さすがに早起きが辛くなってきたから、今日午前中に彼から電話をもらったときに
仕事の話が全部終わったあとついでに聞いてみた。
「あのーどうでもいいんですけど、もうそろそろ通常運用に戻していいですかね?」
「え?」
「もうね、朝5:00に起きてるんです。それで、運行情報チェックして、、」
「5:00はきついですねー いまどうやってきてますか?快速使ってます?」
「ううん。怖いんで、各駅乗って、、」
「わたしもです、それで途中で乗り換えて、ぐるっとまわって」
「えー?そっちで来てたんですか、そりゃまたきついですね」
「はい」
「ま、そろそろいいですかね、聞いてみようと思って。明日からやめよっかな。」
「いいと思います」

そう言っていたのは午前中。気を抜いたのがいけなかった。
15:30頃、突如言われたのは「今すぐ帰れ。」っておい!
がびーん。
トップダウンの命令のため、何がなんでも逆らえない。
どうしても残るというリーダーも帰れというから、取るも取り敢えずビルを出る。
どうしよう、本当に大規模停電になったら、ひとりだ。
途中駅までは後輩を確保した。途中で停電になって放り出されたら、大丈夫。
でもその先はひとりだ。無理!
先輩と後輩と歩きながら、言う「○○さんに電話していいですか。」

とにかくホットライン使用。男の子って、女の子より電話取れる率が高いと思う。
やっぱスーツで身につけてるかな。彼は寝起きですら出れたのだから。

「聞いてるかもしれませんが、私帰ることになったんです」
「えぇ!?リハーサルは?」
「○○さんは残ってます。帰れ言うから帰ってて、もう歩いてるんです 涙
 超こわいんで帰ったほうがいいと思いますけど無理ですよね」

とにかく情報は伝える。ごめんねと言って電話切る。

本当は今日はユーザの作業に合わせて待機だったのだけど、
私は上の命令で帰ることになってしまったわけで。

ひとまず伝えたかったことは伝えたし、
何かあったらあんたと合流したいのだと暗に伝えて満足。
だって、停電になったときにひとりだったらやなんだもん!!

そしたらその数分後、駅で電車を待っていたら、なんとむこうからメールきた。

電車止まったら教えてねと。気をつけてねって。

ありがとう。ごめんね。
あなたも、どうか無事で帰って。どうか無事で。
(そして有事の際は私を助けて。)
というメールを2、3回やりとりすることになり、都度「気にしないで」と言ってくれた。

あまりに暇かと思って、電車の中から頼みたい作業を指示したけれど、
ちょうどメールが返ってきた17:30には待機が終わって帰るところだった。
明日やりますって。うん、それでいいよとにかく早く帰って!

家に着いたら教えてね、と確認しあうほど家族じゃないから信じてるけど、
遠い遠い私は、この不安な気持ちをわかってもらえそうなのは彼しかいない。

好むと好まざるとに関わらず、とにかく彼しかいない。
そして彼の場合は幸運なことに、「好む」に入るから、よけいありがたい。

そして節電の賜物か、大規模停電は回避したらしい。
靴下を3枚履いて、自家発電@布団、で凌いだ。その間、借りた本は読み終わった。
おもしろかったとメールしたいくらいだったけど、直後、また余震。21:30頃。

泣きそうだ。

この異常事態。明日で1週間だというのに、余震は収まらない。
さっきお風呂入ってたときも揺れて、ほんと気が狂うかと思った。

原発と同じ。毎日綱渡り。
でもああして頑張ってる人がいる。国家の危機を救おうとしている。
わたしたちはわがまま言っちゃいけないよ。

安全第一、そのうえで、仕事ができる。
こう言ってくれる上司がいる今の環境は、ほんと安心できるものだと思う。

明日は朝の電車大丈夫かな。
本を、返そう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:50 | category: 5年目 |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:50 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akt19.jugem.cc/trackback/1704
トラックバック
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links