flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 作業後の1週間 | main | For You ...五十嵐貴久 >>
# 雪の中、出かける
今日は高校の友達と会うことにしていたから、雪の中、出発。
東京は大雪の予報が出ていたけど、「そんなのウソだ!」と昨日の時点で思っていた。
起きたら、雪は降っていたけど、案の定積もってない。
全然大丈夫でしょ。

とはいえ、雪が降るくらいの気温なので、寒いは寒い。震えながら出発。
家からほど近いケーキ屋さんでおみやげのお菓子詰め合わせを買う。
集合は11時。クルマで迎えに来てくれた。
チャイルドシートを設置したクルマを転がす彼女はもう主婦だった。
あの旅行で出会ったダンナと、こういう生活を送ってる。なんだか信じられない。

今の私の生活と、まったくもって違う生活。世界が違う。

思えば、子どもを産んだ友達と会うのは初めてで、
友達が生んだ子どもと対面するのも初めてで、1歳児と遊んだのも初めてだった。

原動機付きのおもちゃにしか見えない赤ちゃんは、言葉も発さないし自由でかわいい。
案外、粗雑に扱っても壊れないことがわかって、最後にはごろごろさせて扱っていた。
だっこはうまくないけど。

なんでこんなに違うんだろう。私。みんなこうして踏み出しているのに。
昔は、狭い部屋に40人もいて、狭い机を並べてみんなガリガリ数学をやっていた。
化学や物理や生物を。英語も。なのに今はこうして、料理や子育てをしている。不思議だ。

お好み焼きを作って食べて、お茶して、帰る。
合間にWii Fitで遊んで、夕飯を準備する間に私たちは赤ちゃんを見てる。
てきぱきと夕飯を作ってしまった彼女に頭が下がる。主婦はすごい。

でもやっぱりどこかで、主婦はつまらないと思ってしまう私。
つまらないというと失礼だけど、子どもがいない限り、1人で家にいるのは無理だ。
子どもがいたって、あくまで子どもだから、面倒みないといけないし。
もちろん「私にとって」無理という意味。

かといってあんなに仕事があるのも考えものなわけで。


だから「心の拠り所」とかいって、一番身近な人を好きになる。簡単にできてるなぁ。

今朝は8:30に起きようと思っていたのに8:00に目覚まししてしまって失敗した。
そしてなぜか、この休みを4連休だと勘違いしていた私は、
「あ、違う、3連休だ」と起き抜けに気付いたのだった。。ああん、もう!!
友達の家でこの話をしたら即つっこまれた。あたりまえ。

でもこれで、次のイベント端末導入まであと2日になったということ。に気付く。
3連休初日の金曜に出かけたから、完全なお休みは土日の2日ってことか。
いつもなら金曜は進捗会議をしていたけれど、今週はなしになったわけで。

それも水曜に2人に言われるまで忘れていたんだった。
「今週の進捗ってどうしますか?」
「・・・・・。ん?まさか金曜休み!?」
(私の目を見てうなずく彼)
「あーー!!もう資料作っちゃいました?」
「まだです」
(まだなのかよ!)「ああ、それならよかった」
「できれば、月曜に移すより、次の金曜までにしちゃいたいです」とおじちゃん。
「・・・あー!月曜もここにいないのか私たち!」←どこまでもアホな私
「うん、なので、その結果もふまえて金曜にご報告、と」
「わかりましたそれでよさそうですね、その方向で調整します」

恥ずかしくて、あまり顔を見て話せなかったけど、
少し勇気を出すだけで、ずっと目を見て話せるようになった。
そしてそれは、目が合う時間が長くなって嬉しい。
土曜に出勤したときは、どれだけ見つめ合っていたんだろう。←自惚れ
意外と向こうが目を逸らさないことに驚いて、
ずっと目を合わせたまま喋ってると私のほうが先に目を逸らしてしまう。。
どうしてそんなにまっすぐ見てくるの?つぶらな瞳にドキドキする。

水曜は、微妙な位置にあるコンソールで中腰になるのが無理だったから、
私は座って膝着いて見てて、おじちゃんも座ってて、彼は立っていた。
正常系のメッセージを出力することにしていたかぶつぶつ考えていて、
そして私は気付いた
「正常終了メッセージ出すなら、メッセージ条件を登録しないといけない?」
彼を見上げて聞く。下から見るのは初めてで、見下ろされるのも初めてで、
それはそれはかっこよかった。暗いけど。
でもメガネがずれて、上目遣いはできなかった。

思い出したら書きたいことはまだある。
土曜に出勤したとき、作業中に地震警報が鳴って。そしてそのまま揺れた。
マシンルームって、いろんな監視システムが入ってるし、休日は特別な作業が多いから、
かなりいろんな音が鳴る。だから嫌なんだとおじちゃんはぶつぶつ言い、
何かアラーとが鳴る度にみんなでどきっとして作業を続行していたのだけど、
地震警報だけは私がわざわざ「これは地震です!」と叫ぶ。そして驚くみんな。
そして震源地は、太平洋側の沖。
彼はつぶやいた。震源地はあそこかと。隣で私はうなずいた。
でもこのとき私たちは、自分たちがこんなに近くに住んでるって知らなくて、
彼のつぶやきは、ただの感想かと思ったけど、思い返せば、
住んでるところの近くが震源だったということだったになる。
「あの沖か」とつぶやいたときの彼の表情は忘れないと思う。その画面も。

どうして私だけがこんなに無駄に考えているのか。
今日は帰り道に、彼らの分のチョコレートを買った。
今までベンダさんにはあげたことないのだけど、今回は大事な作業の日でかつ外出するから。
週末の大事な買い物はこれで最後。

あとは寒そうだから、家にいよう。そうしようそうしよう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:12 | category: 5年目 |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:12 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akt19.jugem.cc/trackback/1674
トラックバック
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links