flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< やめたかった頃 | main | SURFACE >>
# 駅でみかけて
11/5に提出され、11/26期限の手順書レビュー。
少し頭の中を整理したかったのと、ふつうに他の業務が忙しかったのもあり、放置。

で、ようやく先週から落ち着き始めたから着手してもよかったのだが
落ち着いたのをいいことにサボり続け、遂に今日。気付く。

「22日。本日月曜日。明日は11/23勤労感謝の日で祝日だから見れない。
 期限は金曜だから、火曜を抜くと月・水・木しかチャンスはなくて、
 木曜は早帰り予定だから、実質月・水と、金なら日中がチャンス。
 レビュー内容に基づいて質問してコメントとそうでないものを振り分ける日を設けると、
 もう、今日見るしかないじゃないか・・・

夜20:00。帰るか、これを見るかの瀬戸際で、明後日以降の自分を守るために決意。
だって明日は休みだから、月曜から残業したって怖くない。

そこからねっとりとレビュー開始。気付いたら21:30で、22:00が近くなっていて。
ただし楽しいは楽しい。あの時間は猛烈に楽しい。
なんで?どうして?作った彼らの脳内探検。
ん!?だめじゃん?あ、そっかいいのか。ふんふん、いいじゃんいいじゃん。
おぇー!だめだってこれ!
っていう1人会議が開催される。集中力のない私が、結構静かに集中。

かれこれ2時間はイケメンと脳内で会話したね。
これは質問しようとか、しないとか。基本全部ぎゃーすか言うんだけど。

久しぶりに22:00まで残業して、いい加減帰ることにして。
この時間に出ればちょうどいい電車ってのがあって、それに乗るべくゆっくり出発した。

同じ路線での目撃情報(朝)があったから、この道を歩いている可能性はあると思ってて。
でもだいたいあの人たちって私より遅いだろうと思っていたけど。

しかし、駅に着いたら、なんと、いたのだ。彼が。正確には、彼らが。
2人で立っていて、階段を降りる私のほうに向いていたのはイケメンではないよく知らない方。
幸いにイケメンはこっちに背を向けており振り返らないと私には気付かない。
もう1人は絶対私には気付いていたけど、あまり知り合いではないので挨拶はせず、
すーーーっと横を通って、いつものベストポジションまで歩いた。

駅が同じことは確認できた。次は方面。もはや抜かしてしまったし、わからない。
どっちかなって思いながら乗り込んで、次の駅で乗り換えるんだけど。

急いで降りて乗り継ぎがよければ速い電車に乗れるタイミングだから、
ドアが開いた瞬間みんなが走り出す。
そこで私は見た。
アイツが全速力で私の目の前を横切り、乗り換えのホームに降りていくところを!
そいでそのホームって私と同じ方面です!!

幸か不幸か、私がいつも使っている階段とは反対方向に降りて行ったから、
鉢合わせすることもなく、そこでお別れだったんだけど。
一緒の電車に乗ったことは間違いなくて、
さらに、あの激しい乗り換え戦線にいるということは、私と同じ電車に乗らないと
メリットはないから、彼も案外遠くから来てるのかなって思ったりした。


今日は朝一番で小さいおじさんから電話があり、SCLを提出したとのこと。
10:00だったから、名乗ってくれた瞬間「あー、おはようございます」と言うと、
向こうも「おはようございます」とハモってくれた。
さらに電話をもらったのをいいことに「手順書を渡すからやれ」という趣旨のことを言い、
ただし手順書自体は私が使ったのがあるから連絡BOXに入れようか?と言ってあげると、
おじさんは言った。
「これから○○(イケメンくん)が他の書類を持ってあがりますので、
 そのときに持たせてやってください。」 
・・・父親かよ!
「あーそうなんですね(笑)わかりました」 笑ってしまった。

これから上がるとは言われたけど、彼から連絡をもらったわけではないし、
どうせまた一本電話してから来るパターンかと思って、
渡す予定の手順書にゆっくりと補記してあげていたところ、
何やら私を呼ぶ男の人の声が!

顔を上げると、暗い暗いイケメンくん!
おーーー!!少し大きめの声出したよ。ていうか私の名字を大きめな声で呼んだよ。
今まではおずおずと私の席まで来てくれてたのに。←来てくれなくなったんだ。涙

なんて思いながらはいはい〜と寄って行く。
できあがった手順書とかを貰い、用意していた手順書を渡す。
おじさんが「持たせてやってください」と父親のようなことを言うから。

でもあの2人、親子だと言われても納得するくらい歳が離れている。
おじちゃん、何歳なのさ。
イケメンより1歳下の私は、イケメンが息子ならわたしだって娘の歳だということ。

あぁ、気になる。あの2人がすこぶる気になる。なんなんだ。
父は息子をファーストネームで呼んでるしね、やっぱり親子か。親子な会社だ。

要は2人のことが好きなんです。好きならば、毎日が楽しい。それだけです。


今日は査定とかに関するFBがあり、想いの丈をぎゃーぎゃー言ったら少しすっきりした。
たまには他の人からFBされるのも、よいか。
新人のじゃじゃ馬の状況を誰かに話せたってのがよかったのかもしれない。
なんて簡単なのかって感じだけど、少し心が軽くなった。

明日は引き続き冬支度をして、明後日に備えよう。

明後日、質問をするために今日頑張ったようなもの。1日我慢すれば、また話せる。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:40 | category: 5年目 |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:40 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akt19.jugem.cc/trackback/1598
トラックバック
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links