flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 今日は負け | main | キビシイですねと言われた >>
# PM6:00
17:40。取りにきてくれるというから、「じゃあ6時くらいでどうですか」と言った。
17:55、コピーを取ってから渡したくてコピー機へ。

紙、詰まる。(−_−メ)

除去しないと続けられない。
解体開始。おそらく初めての対応。
探しても探しても、詰まってるとこ不明。
1個見つけたのに動かなくて、まだあるらしい。
どうしよう。18:00になっちゃう。
なっちゃった。

通ってくるであろう通路に向かって立ってたからそわそわ。
コピー機と格闘。そわそわ。
でも何人か通ってもまだ来ない。

仕方ない、とにかく除去を続けよう。

でひとしきり続けて、ダメで、ふと顔を上げると、こっちを見て立ってた。
幽霊?

驚いてびくっとしたら、笑った。
おい!

身振りで、コピー機を指差して困ってるて伝えたら、うなずく彼。
待ってますという意味らしい。

違う!

こっち来てよ!
なんなら助けてよ!

呼びよせて、コピー機そばまで来させるも、手伝う気ゼロ。
優しさはゼロ。
じゃあもらうのは今日じゃなくていいと言いだす始末。

あんたのために急いで見たのに。。
頑張ってほしいから頑張ったのに。

察するに、夕飯に行きたかったんだろう。
帰りたそうだったし。

しかたない。
私を見つけて待っててくれたことは喜んでおこう。

私が座り込み、むこうは立って衝立て越しに私を見下ろして話したのも非日常だった。
なんかウキッとした。


ただそれだけ。
ただそれだけだけど、まじまじと顔を見て、やっぱりかっこいいと思った。
目の保養。

頭は疲れてハゲそうだけど、目は満足しているからもう少しがんばる。そうしよう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:13 | category: fromMobile |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:13 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akt19.jugem.cc/trackback/1580
トラックバック
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links