flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 水の中へ | main | 障害で始まる一週間 >>
# 大渋滞
3年ぶりに筑波山へ。

山頂に着いたときに、思い出した。
あの頃はわけのわからないプロジェクトに放り込まれており、
早く、無事に、終わってくれと山頂の神社で頼んだこと。

3年経って、もちろんそんなプロジェクトは終了したけど、
周囲はぐっと変わって、かつて謎だったあのプロジェクトは形を変えて現実化してきていて、
そんな一大プロジェクトに私はいない。
気になるし、そこに異動する人たちをいいなと思う事もあったけど、
それは、背伸びや自分の過大評価ではなくて、
ただ単に今いる場所に疑いを持っていて
「新しいことがやれて羨ましい」だったんだと、思う。要は、隣の芝生は青いってやつ。



それ以外の感情があったとしたら、今は自己分析できてない。

そんなことを、家に戻った今、思う。写真は、当時の気持ちが甦った山頂。

--

昨日の雨がうそのように晴れあがって、過ごしやすい気候だった。むしろ暑い。日焼け。
久々の登山はとてもキビシくて、先輩たちに全面的に甘えたわけで。


ってわけで私のせいで普通に遅れているのに、
最初のバスが渋滞で登山口への到着が遅れ、
岩場は下山の人とすれ違ったり、そもそも登りの人が多かったりで大渋滞。
富士山を彷彿とさせる感じ。

早起きして作ったおにぎりは、自分で作ったは作ったけど絶品で。
「何これ塩昆布ちょーうまい!」と叫んでいた。
でも塩昆布と梅び塩はあんまり合わなかった。
鮭フレーク白ゴマの混ぜご飯に具が梅干しってほうが総合力では強かった。

お湯を沸かしてくれた先輩たちに感謝しながら、カフェオレを飲む。
なぜか自分で持ってきたティーパックは飲まず、あげちゃった。
お礼の気持ちをこめて・・・

下り道は、70分と書いてあったものの、たっぷり90分超。
昨日までの雨のせいなのか、デフォルトでそうなのか、道がぬかるんでて超怖い。
軍手を持っていった私、グッジョブ。


筑波山は、一番最初の岩場の登りが一番ツライ。
ジャージ着て登り始めたのも敗因の1つだけど。
ただただ本当に辛くて、山頂に登れないと本気で思った。
毎回、1度は、「もう二度と山には登らない」と心に誓うんだけど。

なのに。

みんなと一緒だったり、ごはんがおいしかったり、山頂が気持ちよかったりすると、
そんなこと、一気に忘れてしまう。
弱音を吐いてばかりの私を受け入れてくれるみんなが大好きで。みんなオトナで先輩で。
こんなに甘えさせてくれてありがとうって思う。

だから次回行けなくなってしまったのは超残念なのだけど、
半期に一度必ず家族で出かけているバーゲンに行かないことはもっと残念なので、
山は逃げないから、バーゲンに行こうと思う。

それまで、来週の土日は、いよいよ普通に暮らそう。

でもまずは明日。きっと、、筋肉痛が、、、
お風呂でお水のシャワーを放射したけど、今もう太ももが重い。重すぎる。
心配。

父親の誕生日だったから、いつものタルトケーキを買って帰って、
山芋とベーコンとしめじで一品作った。おいしかった。

そして、22時だけど、もう「寝ようかな」って気分になってる。
疲れすぎたから、今週はマニキュア塗らない。体を休めよう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:41 | category: travel |
# スポンサーサイト
| - | - | 21:41 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akt19.jugem.cc/trackback/1572
トラックバック
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links