flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 悪人 ...吉田修一 | main | 特上ステーキで晩ご飯 >>
# 同世代の勘
途中退席するとわかっていてリーダーが打合せに同席しにきて、噂のイケメンに斬り込む。

「ここの担当になってどれくらいなんですか?」
「ちょうど1年くらいですね」
「というと、社会人になって?」
「6年目・・です」

つばを飲む私

「西暦で言うと何年うまれ?」
「1982年です」

・・・ごくり

私に向かって聞くリーダー
「年上?」
「はい、年上です」

「でも、アブナい、アブナい!!ギリです、ギリ。」

早生まれだったら1浪してないと6年目にはならない。
普通の生まれだったら、現役で社会人になった(私と同じ)計算。


やっぱり、同世代の勘というのが一番効果あるのだろうか。
「同い年か、少し上くらい」と思っていたけど、正解だった。


そんな話題で少し打ち解けた私たち(←と勝手に信じている)は、
その後順調に打ち合わせし、失笑とはいえ「笑い」を引き出した、と思う。

「あの彼から笑いを取ろう」プロジェクト、半分達成?
苦笑・失笑は認められないとリーダーには言われたけど。
その後、売店に行くときにちょうど夕飯を食べに来ていて、ふと気付いて、
「ほぉぉぉ!!」と声を出してしまい、気付かれ、でもそのときは笑顔で挨拶してくれた。

それはさすがに合格では?


その後電話しても、少し話しやすそうにしてくれて、
「これはマルつけないんですか?」との質問に、
「そ、そうですね。つけましょう」と言ってくれた。
今までなら、「そうですね、つけます」だったかもしれないけど、「ましょう」
言ってくれたことに親近感を覚える。自分が年上だと確認できたからか?
一緒に仕事してるって感じがする。

仕事は真面目にやってくれていて。成果物からはそれがちゃんと伝わってくる。
たとえ品質はよくなくても、手は抜いていない。そこはすごいと思う。
むしろ彼よりかなり先輩の小さいおっさんのほうが、手抜きなとこある。
だから、しこしこやってくれてるとこは、あの会社の風土からするとかなりよいほうで、嬉しい。

信頼関係、とまではいかないけど、少し、進んだかな。少しずつ、構築していかないと。
どうせ息の短い案件。半年後には、私たち、もう一緒に仕事しなくなるんだね。


今日はついに、食堂のレジの近くで食事している姿を確認した。
そのメンバーで食べてるんだね。なんだか微笑ましいくらいだった。
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:53 | category: 5年目 |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:53 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akt19.jugem.cc/trackback/1552
トラックバック
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links