flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 妄想旅行 in NY | main | 信頼感と不信感 >>
# 大喧嘩
昼下がり、大ゲンカした。気付いたらトイレで泣いていた。
わんわん泣くんじゃなくて、がまんしてもこぼれ落ちる一粒の涙。
だから鼻水は出ないし目も赤くならないしいいんだけど。
悲しかった。

自分の悪いところは、きっと、
もう、いいです
とか
私が悪いんですね
とか、言っちゃうところ。むこうは話し合おうとしてくれてるのに。
でも会話の中で何かが突如私をダメにした。会話できなくした。

欲しいって言われたから送った。
だから変更したところで言う必要はなかった。
(それを言ってくれたらミスを拾えたかもしれないのに。)
でも変更後のものは間違っていたからバレてしまった。
でもそもそも変更する前のものからして、間違っていた。
だったら、それを使って試験する意味はあったの?
私が「やれ」って言ったから、やった。

今更「そもそも論」かよ、という声の迷惑そうな電話からして気に入らなかった。
だって、そういうふうに取れる発言をしたじゃないか。あなたは。

でもそんなこと一言も言ってない。って言い出す始末。
私の思い違いなんでしょと。じわじわと真綿で首を絞める。

私が欲しいって言ったから。
私が勘違いしたから。
私がスルーしたから。

自分たちのチェック漏れは棚に上げて、
でも私という最後の関門もくぐり抜けたんだから非はない、というふうに、
聞こえる。こういうことがあると、一番最初にそういうことを言う。

その度に、私だって責任を感じて謝ってきたけど。今回は我慢できなくて。
電話を切ったあと、キレていたら、「まぁまぁ」と言われて、
周囲も驚くほどキレていたのでしょう。

もう、いいです。両成敗ですね。

って拗ねて電話を切ろうとして。何回も何回も「もういいです」って言って、
なのになんだか食い下がって来て、その度に大人げない言葉ばかりが溢れる。
そんなこと言う自分もイヤになって、もういいです、もういいです、って。

涙が頬を伝ったのは、「何をされたから」ではなく、自分が情けなかったからだ。
拗ねて、素直じゃなくて、強引に終わらせようとして。
立場上、最終的に謝るのは向こうだろうけど。
本当はそうじゃないって、わかってる。でも、結果は向こうが謝ることになる。
ビジネスの世界では。

でも、人間の付き合いで言ったら私が謝るべきなのだろう。
歩み寄ろうとしてくれたのは向こうで、何もわかっていなかったのはこちらで、
向こうの言い分を聞こうとしなかった(厳密に言うと、途中から聞くのを放棄した)。


心が痛い。
昨日も今日も打合せだらけで席にいなくて、
席にいると思ったらケンカして、そんな気持ちで打合せに行ったらまた疲れて。

まだ痛い。心が。治るのはいつだろう。
でも、今回は、まだ、「謝ろう」という気が起きなくて。
傷ついた心だけが、ズキズキ痛んでいる。止まりそうにない。
もう、寝よう。夜中だから余計痛いんだろう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:32 | category: 5年目 |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:32 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akt19.jugem.cc/trackback/1511
トラックバック
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links