flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< いつかパラソルの下で ...森絵都 | main | ささやかな夢 >>
# いつもいっしょ
暑い暑い夏の終わり。「ドキッ」としてから、何ヶ月が経ったんだろう。
ハード障害があったあの日のことは、忘れられない。障害の内容も、その冗談も。

その後、一方的に「安心感と信頼」を抱きながら、今日まできて、
幸か不幸か、一緒に勉強に行くことになった。
無論、私が参加するから一緒に来てくれるだけなんだけど。世話役として。

でも、他の誰よりも質問して、誰よりも私のために優しくしてくれた。
9:30の待ち合わせ。ホントに久々に、2人での待ち合わせに遅刻した(電車が遅れた)。
のっけからNGな私。タバコを吸いながら待っていてくれる。
お昼ご飯、一緒に食べる。2日間も。今日なんて、お茶までした。違和感なし。
1日中、隣の席に座っている。違和感なし。
今日は駅で道が分かれるまで一緒にいた。違和感なし。
なんなの、この安心感。

後輩には「えー」って言われたけど、私にはなんの問題もなくて。引け目を感じる場面などなし。
2日間、私のほうが予定を入れてしまったけど、お世辞半分であれ、
「打上げできればよかったですね」と言ってしまった。でもそれは本当だ。
友達に声をかけたけどフラれてしまったらしく。残念そうで。
だから「私が戻ることにしてなければねー」と言って。
そしたら「ぜひに」と言っていた。

よく考えたら、ああして机を並べて勉強するのって、滅多にないし、むしろ初めてだと思う。
眠い眠いと言いながら、一生懸命聞いて、だるいと言いながら演習して、
「どこまでいきましたか?」ってフォローしてくれて、
休みませんか、と誘ってくれて。あんなに安心な講習がこれまであったかな。
昼下がり、窓辺で団らんする。あんな昼下がりがあっただろうか。

隣で、体重を預けて歩いている感じ。
楽しかった、2日間、朝は7時半〜8時まで寝ていて、連日おいしいごはん&お酒して、
日中はずっとずっと一緒にいて、こんなに楽しくていいのだろうか。
要は幸せだったのだ。すべてが。


今日のヒットは蟹味噌+日本酒という黄金の組み合わせ。嗚呼。
こんなに女子っぽく幸せにしてるのに、中身はおじさんになっていく。
塩っけばかり取っていて、脳梗塞で死ぬのかな。大丈夫かな。
でもしかたない、神様、今日だけは許してください。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:03 | category: 5年目 |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:03 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akt19.jugem.cc/trackback/1495
トラックバック
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links