flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ツナとマイタケのパスタ | main | 気付くの遅い >>
# 不機嫌で怖い
今日は不機嫌だった。私が、じゃなくて、むこうが。少し怖かった。
怖くて足がすくんだ新人時代を思い出す。
電話してきてくれたのはいいけど、話が噛み合なくて、抽象的な質問にまずイラッとされて。
それは私のせいなんだけど、そのあとちゃんと喋ったのに
「仕事増やすなよ」って声を出されて。仕事でしょ。

どうしても、仕事への態度として、気に入らないところはある。
私だからでしょ、と思ってしまう態度や、バカにしている態度。
そこは自分の守備範囲ではないとキッパリ言うところ。
「それはうちじゃありません。○○社です。」
「そうですか。」
なのにあとで、
「答えを言うと○○社がやってます。」
と言ってくる(知ってんなら先に言えよ)。しかたなく、カードを切る。小出しにする。

さらに私も引かなかったりするから、小競り合いになる。

お互い、ヤな気分になるのに。

今になって、思う。
あぁ今日は不機嫌だったのかなぁ。こんなこと言われたらどうしよう。

それが、すごくムカつく。
そんな妄想が始まる。無駄に。なんで無駄にイライラしてるんだろう。

すべては、相手が不機嫌だったからだ。

そしてわかるのは、そういう態度が周りに及ぼす影響。空気が重くなる。
これは、あいつへの不満ではない。自分のこと。
私も、不機嫌な朝がある。不機嫌な昼下がりがある。どうしてもイライラするときがある。
そういうとき、どうしていただろう。
そのままの態度を取っていなかっただろうか。そう、相手が相手だから。
この人ならいいや。きっと許してくれる。立場的にも、悲しいかな私たちは少し強い。
だから自由にやらせてもらう。

それじゃ、ダメだ。

つまり今わたしはすこぶる反省している。
しかも今日の自分ではなく過去の自分に。めずらしいことだ。

今までは、不機嫌で怖い無愛想な態度にただただイライラしていたけど、
それは私の感情であって、むこうの気持ちを全く考えてない。
何かやなことあったのかな。打合せ直後にぐうたらした質問されて仕事増やされたから
イラッとしたのかな。もちろんホントの理由なんて、わからないけど。
だからって妄想で無駄にイライラするなんて、そんな時間がもったいないから、
相手がどんな気持ちだったのか。求めすぎちゃいけないんだって、思おう。


少し大人になって。言われたことに直球で返そうとするのはやめよう。
誰だって人間なのだから。
イライラしたら、負けだ。

明日は、優しく。つつみ込むように。

そして、こう思えることが続きますように。
イライラが続くと、「頭じゃわかってるけどやっぱりできない。」ってなるから。

--
それにしても今日わかった先輩の離婚劇には驚いた。
そういう人生も、あるのだ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:59 | category: 4年目 |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:59 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akt19.jugem.cc/trackback/1449
トラックバック
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links