flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 今日は早番? | main | 紅葉の京都へ >>
# Box! ...百田尚樹
評価:
百田 尚樹
太田出版
¥ 1,869
(2008-06-19)


長かった。ようやく読み終えた。
何やら本屋大賞ノミネートだか受賞だからしいのだけど、
お願いだから受賞はしないでほしい作品。

私はボクシングは嫌いじゃなくて、むしろ全然違和感なく見れる女子なのだけど、
この本も楽しみにしていたのだけど、なにせ、文章が悪すぎる。
シナリオは悪くない。おもしろかった。最後が。ようやく最後で報われた。

でもさぁ、この単調な感じ、中学生の作文ですか?

優紀は〜〜〜思った。○○は〜〜〜だった。××は〜〜〜だった。

という過去形の文が延々続くわけですね。
話の内容は悪くないのだから、もう少し「読ませる」テクニックが欲しい。
途中で何度やめようと思ったことか。イライラしたことか。

残念すぎる。けど題材とストーリーという観点からはおもしろかったから☆2つ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:15 | category: books |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:15 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links