flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< アーモンド入りチョコレートのワルツ ...森絵都 | main | Mac4日目 ...スリープ機能 >>
# カラフル ...森絵都
評価:
森 絵都
文藝春秋
¥ 530
(2007-09-04)

 
週末、金曜日。この本に夢中になりながら電車で帰ってた。
疲れた体だったけど、先が気になって、夢中で読んでた。

地元の駅まであと1駅。止まった。「隣の駅で人身事故」

だからよく覚えてる。読み終わったのは、16日か。

あと数ページを残した本を握りしめて電車を降りた。
あと1駅のために復旧を待ってるほど元気じゃなくて、タクシーを拾った。
家までは10分ほどか、1500円。

ぷよぷよ、という天使が出てくる。
こんな変な天使が出てくる話は初めてだった。

僕の魂がやらかした「いけないこと」を探す旅。

これまた、引き込まれて、心がほくっとなった。


森絵都、すごし。
読んでない本は何だろう。ほかも読んでみなくちゃ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:20 | category: books |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:20 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akt19.jugem.cc/trackback/1236
トラックバック
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links