flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 40 ...石田衣良 | main | 社会人初 >>
# ぼくと1ルピーの神様 ...ヴィカス スワラップ
評価:
ヴィカス スワラップ
ランダムハウス講談社
¥ 840
(2009-02-20)


アカデミー賞を取った映画が、インドが舞台だということで、
早く観たかったのだけど、待ちきれずに原作を購入。

やっぱり本はいいね。
これが映画になったらどうなるのだろうと思うけど、
きっと本を超えることはないのでしょう。(まだ観てないけど。)

ラム・ムハンマド・トーマス。
この少年が、悲しい生い立ちを背景に、大金の賞金を獲得するというもの。

フィクションなので感動も何も特にないけど、引き込まれるようにして読んだ。
インドを描く作品は、いつもいろいろ辛くなるなぁ、と思ったんだ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:57 | category: books |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:57 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akt19.jugem.cc/trackback/1212
トラックバック
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links