flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< また | main | 魔王 伊坂幸太郎 >>
# 去年のいまごろ
毎年この時期に応募要領が発表される海外短期留学制度。
うちの会社にあって一番使える制度だというウワサ。行った人談。

去年の今ごろ、これを見て、行くぞ!って思った私がいた。
学生時代に使っていたAll in Oneの最新版をもう一度買って、TOEICの本も買った。
毎日少しずつでいいから、そのCDを聴いた。

ダメだった。

年が明けたら、忙殺されて、勉強どころか、TOEIC受ける余裕なんてゼロで。

年度を越えたら、また。忙しくて。
夏休みなんてなくて。
夏休み取れなくてひねくれて生活してたらここまできて。
大好きな先輩も異動が決まった。
なんていう1年間だろう。

あっというまに時間が経った。
またあの本を開こうか、迷ってる。

ただし去年と今年で変わったことは、勝間和代を知ったこと。
情熱大陸を見て、驚いたことは忘れないだろう。

彼女のように、オーディオブックを聞くことでもいいかもしれない。

ただ・・・。留学したい目標がない。
さらに、留学資格は5年目以上。だから、応募できるのは2年後。
それまであの会社で働き続けているイメージがない。
最初はあったのに。
このままずっと同じ私でいることに抵抗を感じる。

さらに最近読んだ本で、竹中平蔵は、自費で留学せよとか言ってた。
その理屈もわからないではない。

ビジョンがない。
留学したい理由がない。そんなだから、続かなかったんだ。

今、また始めても、続かないかもしれない。
ただ、「行ってみたい」ってだけで、行く意味はあるのだろうか。

応募要領には書かないといけないんだよね。
志望動機を。帰ってきたあとに自身の仕事に役立つ見通しを。

今の私には、そんなキラキラした未来なんて、見えない。

結婚してやめてしまいたい。私をここから出して。
そう思ってしまっている私は、弱ってる。と思う。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:51 | category: 3年目 |
# スポンサーサイト
| - | - | 21:51 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links