flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ちょっと余裕 | main | ムチャブリ >>
# 春
天気も、周りも、なんか、春。

朝。
門を入ると、「おはようございます。」
腹式呼吸の力強い声。
見上げてお辞儀する。幸せ。
どんなに疲れた朝も、イライラした朝も、あれを聞くと腰から砕けそうになる。

そして早速いじられる。
「今朝、いたよね?」
「いたいた。ガン見した。大好き。」
「それって私の○○さん以上じゃん。」
「んなことない。あんたには勝てない。
 つーかさ、わざわざ追いかけてきてイジらないで。」
「えー、やだ。ムリムリ。」

一方で、同期は、パーマをかけて出勤という奇跡。
色気づいたか。春だ、春。
私も春。
同期も春。
天気も、春。

そのパーマをいじろうと思ったんだけど、午後に外出だったし、
バタバタしてしまってあまり話せなかった。
明日は同期で昼ごはんを食べるという日なのに出られないし。。ちっ。


そろそろスプリングコートにしようか。
梅は咲いて、沈丁花は終わったのか?

日本人は桜が好きだ。早く見たい。
春になると、きっと、通勤路に咲く桜を見て、新人の初出勤日を思い出すだろう。
その1年前、内定が出た日を思い出すだろう。
あのときも桜が咲いていた。満開だった。

そうやって、毎年、ちょっと初心に戻って。
でもここまで歩いてきたことも、もちろん忘れず。


たまにはユーザと話すのも、サラリーマンとしては仕方ない。
ノミュニケーションは、「ない」って言われてるけど、実は「ある」かも。
って、ちょっと思うんだ。
18分電車に乗ったら地元の駅。幸せだ。なんか、違う自分だ。

明日からは、またいつもの私。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:48 | category: 2年目 |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:48 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akt19.jugem.cc/trackback/1037
トラックバック
Selected Entry
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links