flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 屋久島
2009年、満足な感じになった。富士山に続き、屋久島制覇
富士山は8合目で敗退したけど、屋久島は全行程クリアしました。

1日目、縄文杉へ!
ウィルソン株のハートもばっちり写真に収め、縄文杉にも出会いました。




この写真を撮るのにどれだけ苦労したことか。
6:30出発で、12:30頃に撮影しています。8.5kmのトロッコ道と、2.5kmの登山。
登山は、ガイドさんも言っていたけど初心者向け。
心が折れるとしたらトロッコ道で、しりとりをしないと目覚めなかったよ。。

行きは、登山もそこそこ辛いと聞いていたけど、トロッコ道が終わったのが嬉しくて、
嬉々として登っていたわけで。でんでん辛くないっす、あんなの。
この前の奥多摩のほうがよっぽど怖かったよー。
序盤、翁杉までは結構険しいらしいのだが、ものともせず。
地獄の1〜3丁目と言われるところも、疲れはしたけど行けた。
帰りにそこを下ったけど、それもまぁすべって転ぶほどではないかな。

それよりもなによりも辛いのがトロッコ道です。これはあなどれない!!
マジ眠くて、意識不明になりかけたところに、友達が言った、「し り と り。」
りんご、ごりら・・・
ようやく脳が活性化し始めた私たち。まぁ、起きたの4:00ですから、眠くて当然。

そんなだったから登山が始まったときは嬉しくて、嬉しくて。
帰りは、味をしめて、トロッコ道が始まったときから最後の最後まで「しりとり。」
どうにか、意識不明になるのを防いだのであります。

2日目は、白谷雲水峡へ!
もののけ姫の森があるところ。ジブリとの口約束で「もののけ姫の森」と言っていたけど、
なんだかいろいろなオトナの事情によりその呼び方はやめたんだって。
でも、まぁ、「もののけ姫の森」と表すのが一番いいな、あそこは。
あたり一面の
1日雨が降っていたから、水滴が滴る苔もよくて。
たしか、300種類くらいあるんだって。300色のモスグリーン。


この写真が、一番有名な場所の写真らしい。
たしかに収まりがよい。でも、道々、ほんとにいっぱい苔と杉だらけ。

疲れたけど、おもしろいこともいっぱいあって、思い出になった。

最後の移動日は、晴れて、行きには見えなかった桜島も見えたのだ。
写真は撮らなかったけど、忘れないでしょう。篤姫の舞台。
島津斉彬の屋敷の門の前もタクシーで通った。島津家は、本当に、桜島の目の前だった。
篤姫があの山をこよなく愛したこともわかるな。
桜島の高さは1000mなのだそう。裾は広いけど、てっぺんは平らに見えた。


移動日を含めて、起床時間は以下。
行き:7:00
1日目:4:00
2日目:7:00
帰り:5:30

なんだか眠くて眠くて、乗り物ではあまり眠れないこの私が、
帰りの日は寝続けました。船で意識不明、飛行機も、離陸までも意識不明。
羽田からのモノレールでも意識不明。浜松町で折り返す危機だった。

富士山ほどではない筋肉痛を抱えて帰宅。15:00頃から18:00頃まで意識不明。
よく寝た。
でもガイドさんに教えてもらったクールダウンのおかげで筋肉痛は悪化せず。
もう快方に向かっています。
これは、これからも使えそうだ。


あ〜明日は遂に仕事。復帰できるか不安でなりません。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:23 | category: travel |
# 富士山敗退
人生初、富士山登頂チャレンジ。

キツかった・・・。

土曜出発のせいもあり、道路が混雑。登山口も混雑。登山道も混雑。
出発は13時頃だったか。8合目山小屋到着は19時頃だったか。

1日目(土曜日)

8時頃、新宿発。スバルラインでガイド合流。

ガイドはゆっくり登るといいつつ私の想定よりは断然速かった。
ついて行けなかった。かなり後方を歩いていた。
それでも先輩(隊長)がいつも励ましてくれて、アドバイスをくれて、
ずっと私がいないと戻ってきて様子を見に来てくれて、
先輩の姿が見えると涙が出そうになったこともあった。
それくらい、きつかった。

それに、今回の最大の敵、

もはや嵐だったか。低気圧のど真ん中にいる感じ。
7号目過ぎたころだったと思うけど、岩場があって。
そこで強風が吹きすさぶ中、ストックと左手を使って登る。
当然、登りがてら、風に吹き飛ばされないように全身に力を入れる。
「滑落死」という言葉が頭の中を何回もよぎる。

余計な体力消耗。。。

7合目までに体力を消耗しないことが大事、と何かで読んで、
それまではそのとおり省エネモードで来ていたのに、ここにきて大幅なロス。
風のせいで鼻水も出て、めちゃめちゃ吸い上げるもんだから、酸欠になる。

その岩場をようやく過ぎた休憩の時にガイドが言っていた。
「今回のお客さん優秀だからね〜。でもあの一番大変な岩場であんな風
 来ちゃったから。」

一番大変な岩場?
そこで暴風?

然様でしたか。どうりでね。

そこで体力を消耗したあと、8合目までは地獄。
上で書いた涙はそこのどこかで流れそうになったもの。
7〜8号は本当に辛い。辛くて辛くて。息も絶え絶え。
今日下山のときに空気が濃くなってきて、昨日いかに空気が薄かったかわかったくらい。

今回は予定外に酸欠になったせいで、全然力が出なかった。
雨も降ったし、日が落ちてどんどん寒くなるし、ガイドのペースはめちゃくちゃだし。

ようやく、ほんとにようやく山小屋に到着。
ストックをしまえだ靴を緩めろだ言ってくるんだけど対応不可能。
靴ひもは先輩が緩めてくれたし、ストックは山小屋の人が畳んでくれた。

山小屋「はいストックの先拭かせてね〜」
わたし「・・・。ハイ。これは縮めなきゃいけないのか??」←ひとりごとのつもり
山小屋「はいはいそうだね〜やってあげるからね〜」
わたし「・・・(ありがとうございます)」←声も出ない

山小屋に入って靴を脱ぐも、履き替えるサンダルがなくて脱げない。
でもサンダルを取りに行くのもしんどい。
なのに山小屋の人は「靴脱いだら早く上に上がれ」と言う。
隣の先輩がサンダルを取ってもらっているのを見て、

わたし「わたしもほしぃぃぃぃぃ」
山小屋「はいはい欲しいよねー取ってあげるからねー」

無事、サンダル到着。6時間ぶりに靴を脱ぐ。軽くなった。

ツアーの中では完全に落ちこぼれ。
でも、うしろに3人組がいた気がする。
でもとにかくうしろから数えたほうが早い。バテバテ。
最後なんて、添乗員さんや先輩に「あとちょっとあとちょっと」と言われ続け、
ガイドからは上のほうから「あと5分〜〜!!」と言われた。

たった5分、その5分が長かった。。。
たぶん、10分は経っていた。でもわからない。10分に感じただけかもしれない。

山小屋はせまくて、板の間に毛布を敷いた寝床。掛け布団は3人で1枚。
夕飯はカレー。レトルトの。みんなは本当においしかったと言っていたけど、
私にとってはただの普通のカレーだった。疲れていても食い意地は正常。

あとは0時まで仮眠。4時間程度だね。板の間に寝るから尾てい骨が悲鳴をあげる。
いわゆる「しっぽ問題」です。
申し訳ないとわかっていつつ、狭い寝床で体勢を何度も変えた。
両隣には間髪入れずに同期と先輩が寝ている。狭すぎです。

2日目(日曜日)

0時15分起床。夜中は何度も起きて、辛くて辛くて、ケータイを握りしめて
アラームが鳴るのを待っていたくらいだった。

起きたら、すごい頭痛。高山病か!?
昨日は”若干”痛かった。若干痛いくらいなら登れたんだ。ここまで。

でも、山小屋にいても外の強風が聞こえるくらいの悪天候の中、
この頭痛をともに9〜10合目に行くのか?
(今回使った8合目山小屋は限りなく9合目に近いらしい)
しかも夜間登山。
さらに猛烈に寒い。
さらに私は昨日落ちこぼれだった。

心が騒ぎ始める。

ただし頭痛の他に吐き気はない。それはただの酸欠らしいんだけど。
それでもみんなに迷惑かけるし、諦めの方向で。「残ろうかな」を何度もつぶやく。

そうこうしているうちに出発が近づく。でも天気が悪すぎて待機。
出発は延期されたけど、頭痛は治らない。寝不足と疲労による頭痛ではって説も出たけど、
私は今まで寝不足ごときで頭痛になったことはないんだよね。
ということで高山病説が高まる。でもロキソニンをもらったので飲んでみる。
効く気配がない。
とうとう出発の時間。

決断。あきらめる。

よく言われることだけど、進むも勇気、進まぬも勇気。
私は、また涙を堪えながら、心配そうにしている先輩に「残ります」と告げた。
同期に「気をつけて行ってきてね」と言って再度寝る。




しかし。




・・・たった3分後。

みんなが戻ってきた。

山小屋に出ようというときに再度待機になったらしい。

・・・さらに数分後。館内放送。

「○○、××、・・・のツアーでお越しの皆様、本日は、7合目出発、8合目出発の
 すべてのツアーにおいて山頂までの登山を中止いたします。」

同期は言った。「諦めてよかったんだよ。」

こうして、私を問わず、全員が敗退

しかたなく、8号目からご来光を期待することに。再度寝る。

しかし。寝れるわけない。しっぽ痛いし。
とにかく「そのとき一番楽な状態」を作りながら、強引に目を閉じる状態。

4時、外が明るくなってきた。誰よりも先に起きて日焼け止めとか準備する。
精一杯着込んで、カメラを持って外に出る。

綺麗だ。

太陽が、いる。
どこかはわからないけど、確実にいる。空が綺麗な色になっている。

雲の上にいる。私、雲の上まで来たんだ。
3776mに行けなかったけど、ここはもう3400m付近。
あと370m。残念だけど、命が大事だから。
ここまで登ったことだってすごいじゃないか。



雲は最後まで粘っていて、太陽は全部出たんだろうけど、綺麗には見えなかった。
でも、目を凝らすと輪郭が見えた。誰かが少し興奮していた。

さすがに、山頂でもないし、一度は自分でリタイアした身だし、感動の涙はなかった。
でも、ほんと、3400mに来れたことでもすごいじゃないか。と思えたんだ。


眼下には湖が2つ。河口湖と山中湖らしい。
どっちがどっちだかわからないけど、あんなに大きいと思っていた湖が、
こんなに小さく見えた。
辛かったけど、私、確実に高いところまで来たんだ。

空が完全に明るくなった。心なしか、風が止んできた。
自由行動可能なチームは、それにより山頂に向かって出発したりしてた。
私たちはガイド付きツアーだったから、指示に従うだけ。
山小屋からは山頂が見えたんだ。
「頂上はもうあそこなんだよ。」すぐ手が届きそうなところだった。

ひとしきり日の出の写真を撮ったら、お腹がすいて、7時の出発までまた待機。
ごはんを食べた。山小屋のごはんと、600円にもなっているカップラーメン。
疲れきっているわけでもなかったけど、カップラーメンは食べたかった。

いつか食べたと言っていたから。ブルブル震えながらカップラーメン食べたって。

7時。下山開始。
開始前から少し緊張。だって、尾瀬では下りで足をやられたから。

で、やっぱり下山はきつかった。
吉田口ルートは下山の最後に少し登るんだけど、そこが楽だと思ったくらい。
それくらい下りは難しい。いくらがに股にしてもやりきれなくて。
体重移動の要領がつかめなくて。
なんとなくつかんだ気がするしたと思ったら、砂の質が変わって俄然対応できなくなる。

かなり辛くて、余裕がなくて、下りで撮れた写真は2枚だけだったようだ。



写真はあまり撮れなかったけど、景色は最高だった。
こんなに眼下が眺望できることはあまりないみたい。
サングラスをかけると海の海岸線も見えたくらいだ。

どうやら昨日の雨で空気が澄んだみたい。
地面にしても同じ。雨降って地固まる。なんの砂埃もなかった。砂走り。

どうにか5合目付近になってきたころには、足の指の靴擦れが起き始めていて、
尾瀬の悪夢が甦る。マメができた足はテーピングしてきたんだけど。

でもまぁ空気は濃くなっているし、心臓的には何も問題なかった。
足が辛いってだけ。

5合目到着!全行程終了!

やっぱり私たちはビールを呑んだ。
500円でいっぱい入っている焼きそばを食べた。喉が渇く。
5合目から家までにペットボトル2本の水を飲んじゃった。
お酒のせいか、のどかわいたよ。


今回は敗退。

残念。

下山開始頃には頭痛も弱まっていて、あのときだったら山頂に行きたかった。
行けそうな気がした。あの頭痛は結局なんだったんだろう。
々盪撹
⊃寡埖による頭痛

なんで直ったんだろう。

そう思うと、原因は△如対応がロキソニンだったんじゃないかと思えてくる。

うーん。でも、とにかく完全復活。


家に着いて、お風呂に入って、もう数時間経ったけど。
尾瀬のときより体は元気だ。
たぶん、体が登山向けじゃないだけ。体力自体はあるはずなんだ。

思えば尾瀬は10時間ずっと歩いていた。
富士山は6時間登って休憩して、3時間程度で降りてきただけ。
2日間で歩行に要した時間は尾瀬より少ない。
ふむふむ。そうか。

これなら明日は会社に行けそうだけど、いいんだ。決裁取ってるし。
無事帰ってきたから。

今回の合い言葉は「決して無理はしない」だった。
諦める直前は、それも思い出して決めたんだ。無理はしない。

頭痛がいっぱいある人は慣れっこかもだけど、
私は頭痛がすると全然ダメ。我慢なんてできない。

だから仕方なかったんだ。
それに、今回は天候も悪すぎた。あの暴風で頂上に行ったところで無駄。
さらに頂上に行った人はご来光見えなかったらし。8合目は見えたのに。


そんな旅。うん、今回も濃かった。でもがんばった。
弱音を吐く暇もなく、とにかく進んだ。

再チャレンジするかは今は考えられない。
もういいやってするか、いやいややっぱり登っとくでしょ、てするか。
まぁ周りの反応次第だけどね。

おつかれさまでした。わたし。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:10 | category: travel |
# アウトドアに関心

尾瀬から戻って1週間。

年休も取らずに5日間働いた。疲れた。

でも。

体は疲れて、ヘトヘトだったけど、なんだか心は軽くなった気がした。
マメに泣いて、汚い体になって家に辿り着いて、
2日間で小さじ2杯はマメから水が出たけど、
不思議と、心はリフレッシュしたんだ。
今も、数年先に訪れる更改案件に巻き込まれているけど、後ろ向きな思いはなくなった。
「やめたらどんなに楽か」って考えなくなった。

尾瀬にいる間は、仕事のことなんて、綺麗さっぱり忘れられた。
一歩一歩進むことに集中して、綺麗な空気を吸っていたら、幸せだったんだ。

写真がアップロードされて、見るたびに、思い出に浸る。みんないい顔してるよね。




季節が良かった。花が綺麗だった。天気は悪かったけど幻想的だった。



尾瀬の花の本とか、持って行けばよかったよ。
あと、地図も。
隊長がいるからいいやって思ってた。

次は、富士山か、屋久島か。

ヨーロッパ旅行が大好きだった私が、日本の自然に触れ合おうとしてる。
でもなんだかいい感じ。ただの国内旅行より、よっぽど楽しいや。

あとは、落ちこぼれ組から脱すことができたら最高だけど、それは無理か・・。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:26 | category: travel |
# 尾瀬沼〜尾瀬ケ原

夜行バスで沼山峠に着いて、尾瀬沼へ出発!
雨だったけど、それがまた幻想的で。
大江湿原を通って、ビジターセンターへ。
リュウキンカという花を覚える。

尾瀬沼に沿って歩いて、沼尻へ。




沼尻休憩所で休憩。ちょっとごはん。ここからはほぼ木道。
でも、見晴に着く前の下りはきつかったなぁ。

見晴ではちょっと長めの休憩。もってきたごはんを全部食べる。すこし、街。
そこを過ぎたら進路を右に。赤田代へ。

小屋に着いて、13時頃。部屋に上がれなかったから、そのまま出発。
三条の滝へ。

これが、辛い。下って、下って、やっと滝。

下がぬかるんでいるから、ハンパない恐怖。何度も先生(あだ名)の手を借りる。
足が死にそう。心が折れるどころの騒ぎじゃなく、心が粉々に砕け散った。
紐を使って階段を降りるとか、レベルの高すぎるアスレチック。



この写真を撮ったときには、ヘトヘト。でも、おそろしく達成感!!
ようやく報われた。

でも帰りは上り
なくなった心を折ることはできないというか、もはや魂になっていたけど、
下りよりは楽なんですね、なぜか。下りよりも短い時間で宿に戻る。

お風呂に入って、ビールを飲む。おいしい。おいしすぎる!!

ごはんを食べて、まだ17:30頃。。
寝たい、、寝たいけど、今寝たら夜中に起きてしまうってことで、
みんなで相談して20:30までは起きていることに決定。
オセロに興じる。子供ってかわいいなぁ。

翌日は6時起床、7:30頃出発。一路、竜宮へ。今度は、尾瀬ケ原です。
ここで、足のマメ問題勃発。
バンドエイドを貼ること2回。それでも痛くて、痛くて、騒ぐ。
ヨッピ吊り橋を過ぎたところでもう一度。ティッシュを挟んでみる。
駄目だ。痛い。騒ぐ。
つぶせと言われる。拒否する。
「じゃ、つぶさなくていいから、グルッグルにバンドエイド巻かせて」
と言われる。承諾する。

竜宮に着いて、施術。グルッグルに巻いて、固定されたはいいけど、最後に
ギュッてされる。
いてぇぇ!!!!

でもどうにか竜宮を出発。
そして思えばここは、私がぬるい牛乳を飲んだところだ、間違いない。
そんなところで、10数年後、マメを掴まれて悶絶するとは夢にも思わなかった。




竜宮を出てからは、水辺に咲く水芭蕉を多く見かけた。魚も泳いでたよ。
ようやく足が落ち着いて、ちょっと元気に。
牛首ではカエルがゲーゴゲーゴ鳴いていた。
この鳴き声が、「牛」の由来であるとみんなで勝手に合意した。




鳩待峠に到着。ここからは上り!
マメは痛いけど、下りがないだけ救い。ごはん食べて、がんばって上り始める。

この道こそが、林間学校で通った道。間違いない。そんな写真が残ってた。
十数年後、マメをかばいながらひぃこら上っている私。なんだか情けない。

でもいいんだ、脳裏に、その写真たちが浮かんだ。小さい小さい、あの人。



「一歩一歩足を進めれば、いつか必ず着くから。」

昨日隊長が言ってた言葉を思い出して、へこたれそうになりながらも無心で上る。
バスが見えた!ピンクの小屋が見えた!到着だー!!

そこでまた、インフレが起こってるビールを飲む。うまし!!

おみやげを買って、鳩待峠を後にする。尾瀬おわり。

本当に本当に、楽しかった。マメは今治し中。痛すぎるけど、仕方ない。
次は富士山企画があるらしい。

心がなくなったばかりだけど、もう行きたいな。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:37 | category: travel |
# どたばた信州

なんとか行けるもんですね。ドライブ旅行。

友達は運転がうまくてびっくり。平均時速120〜130kmで高速をぶっ飛ばしてたよ。

新たに出会った友達2人もキャラが濃くて笑いすぎたし。

なんといってもハッチは衝撃。



こんなおっさん顔なのにカンガルーなんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


1日目は長野までのドライブと宿の食事で終了。宿は小諸
2日目はチェックアウトまでだらだらして、まずは小諸ワイナリー。
次に小布施へ出発。栗わっぱ御膳食べる。
しいたけも買ったな。
3日目は須坂でハッチに会って、小布施のワイナリーを見て、善光寺の近くでごはん。
といっても食べすぎな私たちはあんみつで我慢というか、それで満腹。
次に軽井沢へ出発。アウトレットを物色するも、結婚式ワンピは見当たらず。残念。

なんだかんだ、2泊3日で、58,000円て感じです。やっぱ個人旅行は高いな。
でも楽しかった。座ってばかりだったから。
それがたたって今は腰痛。少し痛いっす・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

旅行終了翌日は月曜だったので普通に出勤なのですが、朝、家の前でコケる

25歳ですけど?



お転婆娘だったのが功を奏して、右手の軽症とひざの軽症とストッキングの穴あき程度で済んだ。
しかし右手・・痛くて。家に殴りこんで、わめき散らす。
「古新聞をあんな死角に置いたの誰ー!?」
ストッキングを20秒で着替えて駅まで猛ダッシュ。なぜかいつもの電車に乗れた。

ジムで走る練習しといてよかった。

週末になって、今はおかげさまで固まってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

今日はというと、ホワイトデーだというのに買い物三昧。楽しい感じじゃなく、必要経費って感じ。
来週は結婚式に出席するから、マスカラとかアイライナーとかピアスとか。
ピアスは結局合計で38,000円て感じだけど、これはご褒美なんだと。
2月に買ったかばん(3万)は、年末年始出勤のご褒美。
今回のピアス(4万弱)は、2月中旬の休日出勤のご褒美。こちらは2年に跨った案件のC/O。
私って、アクセサリーに対する贅沢が苦手で、買ってかわいくて嬉しいけど、
少し罪悪感が残ったね。でも我慢。今はなにかと物入りで。

でも本当によく働いたと思うだよ。まったく、人をこき使いやがってという感じです。

あとは相変わらずRMKに頼る日々。
結局、1年半以上使っているエレガンスのチークが合わなくなり、RMKのチークに鞍替え
というか、もう、美容液とかも買ってるので、やってもらいやすくて。
新しいとこ探すと、あれやこれやと勧められるしさ。
かといってドラッグストアで自分で試すのはできないし。あーものぐさだ。

そうそう、ハウスオブローゼのOh!Babyも購入。小諸の宿にあったアロエシオが良かったから。
こっちには塩は入ってないらしいのだが、通販じゃなく地元で買えるから。


明日(というか今日)は、スプリングコートを探しに母親と買い物に行く予定。
春だね。春。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:54 | category: travel |
# バタバタ旅行

「来週の金曜空いてる?」ってなことで、1週間そこらで旅に出る。
車で、信州へ。

みんな午後に休暇取って行くって話だったけど、
そんなの面倒なんで全休を取った。準備するのが大好きなので、今までやってた。

友達に見せようと思って、デジカメに写真を逆戻しした。
パリの夜がよみがえる。

結婚式は間近だ。ピアス、買いたかったんだけどなぁ。
旅に出るからダメか。。

旅のお金が余ったら考えようかな。

突然の贅沢な出費。プチ夏休み2回目。真冬ですけど。
独身って自由だ。

次の出費は・・・
,海領更
▲團▲
ワンピ(結婚式用)
ぅ僖愁灰鵝!

全部で20万は越えるなぁ。。パソコンはボーナスかな。
| comments(0) | trackbacks(0) | 02:23 | category: travel |
# 遅くて短い夏休み
広島。
天気はすごくよかったからよかった。

12時半頃に広島に到着し、宿にチェックインしてからお好み村へ。
1200円くらいの具だくさんお好み焼きをたいらげ、満腹。
歩いて、広電に乗って、平和記念公園へ。

小中高の修学旅行・社会科見学で溢れている。。ガキに囲まれ公園散策。
テレビで見るほど大きくはなく、でもさすがに原爆ドームには唖然。



写真じゃわからんけど、よーく見ると壁は満身創痍な感じなんです。
いかに原爆が悲惨で、このヒロシマで想像を絶する悲劇が起きたのか、思い知る。
こわいよー。
こわくてこわくて、原爆資料館は行かなかった。
小学生の女の子が泣きながら出てきたテレビを見たことがあるから。あんな思いはできない。
向き合わないといけないけど、向き合えない。臆病だった。

その後平和大通りに戻って、本に載ってた本通りや並木通りを散策。
京都では繁華街で服を買ってしまったりしたけど、今回は冬だし、買ったら嵩張るから、我慢。
でもそれをしないと意外と時間が余るわけだ。
友達は、平和記念公園の散策と通りへの移動だけで結構疲れたらしく、
お茶することに。ちょっと休んで、今度は夕飯に向かう。

かきのコース。



塩辛から始まって、かきづくしで、最後は土手鍋
みそベースって初めてで、最初に鍋を覗いてドロリとしたみそが入ってたのにはひいたけど、
野菜とかカキからいい出汁が出て、最後には汁だけをなめていた・・・。
そして、生グレープフルーツサワーが濃い味のカキに絶妙にマッチし、2杯めも。
満腹で店をあとに。

広島が本店だと初めて知ったアンデルセンで翌日の朝ごはんパンを買い(500円弱!)、
デザートにハーゲンダッツガトーショコラを買ってホテルに。
20時。

今回は、ゆっくりした旅だった。

ホテルは意外にきれいで、長い時間いたくなる感じ。
金曜だったから久々にMステなんて見ちゃって、スピード復活なんて見ちゃって。

お風呂入ってドライヤーしたら流星の絆なんて見ちゃって。
ハーゲンダッツと一緒に買った週刊文春なんて読んじゃって。
優雅なホテル暮らし。

今まで、ホテルは基本的に「泊まるだけ」だったけど、ホテルでゆっくりする旅もいい。

さて、ぐっすり眠ったら翌日は宮島へ!
広電とフェリーを乗り継いで、到着!
赤い!立ってる!でかい!



天気が良くて、幸せ。
10時半くらいだと思うけど、潮位は高め。
神社の中も、結構ギリギリまで水が来てて、おもしろかった。

潮の香り。ひさびさだ。

弥山には時間がかかるから登らなかった。あきらめたよ。
夜のお店の予約をしていたし、ブラッディマンデイまでに戻りたかったし、
つーかつまりホテルでゆっくりしたかったから。
でも登るには絶好の日和だった。次行けるのはいつだろう。
ナントカと煙は高いとこにのぼる・・。

しかたないので紅葉谷公園でがまん。でもなかなかキレイだった。



行きと帰りは、表参道でも楽しむ。ちくわの焼いたのと、揚げもみじ。
何より、焼きカキ

食って食って食いまくる。

宮島の日は「アナゴ!」と決めていたので、アナゴ料理屋に。
あたしはアナゴが大好きなんだけど、釜飯屋だったために、あの独特のタレがなくて・・
それだけが本当に残念だった。事前リサーチ不測。
釜飯は、タレなしで蒸すだけです。注意!

もみじ饅頭を大量購入し、宮島をあとに。
そうそう、フェリーは寒いけんね。

宮島でたくさん歩いたから、帰りの広電は爆睡。気持ちいい。
食事までの時間は、なぜか広島そごう内のロフトで。ふつーに雑貨ショッピング楽しむ。
友達がひとしきり来年の手帳探しに没頭した。こんなことしてるなら山登れたかも・・
とか思いつつ、いい時間になったのでまた土産屋へ。めぼしをつけておいた長崎屋。

広島カープのコップ酒を3カップ購入。先輩3人に。彼らにはこれでいいや。
つーかこれがいいや。
因島のゼリーを2つ購入。行ってないけどね。あまりのかわいさに。同期へ。


さて、まんじゅうの重さとカップ酒の重さで心が折れそうになり、いったんホテルへ。
荷物を置いたら食事へ。
瀬戸内の魚を食べたいと思っていた。

偶然、行きたかった店がホテル近くで、歩いて出発!
お造りをもちろん2人前頼む。乾杯のビールはグラスビールで。
あんきもとか頼んで、もうおっさんに変身。
ビールもそこそこに日本酒に切り替える。刺身には日本酒!あんきもにも日本酒!
種類は少なかったけど、定番と思われる賀茂鶴を1合。おそらくあたしが7〜8割呑んだ。
んまかった。

意外にナイーブ!?なので、2日目終盤でもまだ便秘。
辛くて辛くて、食べたいのに食べられなくて、揚げ物で限界が訪れる。
シメなんて到底ムリっす。てことで休憩に突入。
最近仕事で泣いたことある?
という議題でしばし仕事の話など。。
相変わらず便秘で辛いけど、デザートも食べたいために、頼む。
クリームブリュレがアイスになったみたいなやつ。おいしかった。

18時予約で、19時半頃に外に出ると雨!
遠くはない距離だけど、タクシーを飛ばしてホテルに帰る。少ししたら始まる。
ブラッディマンデイ
あー、ホテルでゆっくりドラマ見るとか幸せだー。

相変わらず怖い。つーか気になる。三浦春馬かっこいい。
ごちそうさま。
といった感じでシャワー浴びて、準備して、22時半までには布団に入り、
友達がシャワー浴びてるあいだにまた文春読む。
ごろごろ
ぐぅたら
しあわせ

ひとしきり読んで23時前には寝たみたい。また寝るよー。

2日連続、優雅な生活。

5時頃、トイレ行きたくて、あと、喉の渇きで目が覚める。
お酒飲んだ&ホテル特有の感想のせいだろう。
その後、また夢を見たりしながら、7時半起床。ぜいたくすぎ!!

ちょっと早めに準備して、錦帯橋へ出発!
12時後半の広島発新幹線に乗るために、大急ぎだー!



というわけで、向こうでの滞在時間は1時間強か?
錦帯橋って、お金かかるのね。300円。
渡って、佐々木小次郎の像見て帰ってきて川辺をぶらぶらしたらもう戻る。
岩国寿司買ってそっこーバスに舞い戻る。

広島に着くと、ロッカーに入れておいた重い重いカバンが待っている。
ひぃひぃ言いながら新幹線乗り場に移動して、ひぃひぃ乗り込む。
座ったよー。

岩国寿司はキレイでおいしくて、10×10cmくらいだったのにボリューミーだった。

本読んだり寝たり音楽聴いたり、途中からはひとり新幹線で。
どうやらN700系だった。ラッキー。


「優雅な旅」もまたよし。
夏休みを兼ねていた休暇にはぴったりだったかも。
ムリをしない旅は、リフレッシュ効果がより大。
疲れて帰ってくる旅も好きなんだけどね。
今回みたいにもう明日から出勤する場合は、それはしちゃいけん。

いつもどおり18時から篤姫を見て、
世界の果てまでいってQ!でベッキーのアジア旅見て、
またもや旅に出たくなり、夏休みは終了。

明日からまた頑張る気持ちにはなれていないけど、
まぁ、起きて、電車に乗り込んであの地に着いたらまた働くだろう。いやでも。

問題は、いかにしてカップ酒を持ち込むか。明日はそれが一番の仕事か。

遅くて短い夏休みは、ひとまず以上。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:56 | category: travel |
# 東山温泉
 ぐぅたらすることを目的に会津若松へ行ってきた。
会津若松に行きたかったわけじゃなく、偶然見たパンフレットでテンション上がったから。
そしてその行ってみたい宿が会津若松だったから。

宿を予約した頃は、心が病んでいて体はヘトヘトで、
何の観光もせずゆっくり行ってゆっくり帰ってこようって感じだったけど、
来年度の計画も終わり、落ち着いた今は、結構元気で。
あちこちへと走り回った。

11時すぎのやまびこに乗る。駅弁はグランスタで購入。
いろいろ見てたらおいしそうなケーキ発見。新幹線でケーキという新しい状態。
楽しい。

14時半すぎ。宿に到着。
15時。ゆっくりする間もなく出発。
漆のビーズアクセサリーつくりを体験しに行って、勢いで2つ作る。
おそろしくテンションアップ。
大急ぎで帰ってきて、18時から食事。
2時間弱で食べまくる。会津は酒どころってことで、日本酒呑み比べも追加でオーダー。
食事と合うんだこれが。幸福。

帰り道は寒さで叫んだ
東京より、確実寒い。今年一番の寒さに出会う。東北で。

20時。大急ぎで帰ってきて、ブラッディマンデイ鑑賞。
久しぶりのアナログテレビで三浦春馬がよく見えなかったことを除けば
今週も楽しかった。

21時。22時に予約した個室風呂までの間に明日の計画を立てる。
明日も忙しくなりそうだ。
日本シリーズ第1戦は西武が勝った模様。

22時。個室風呂へGO!
本当に、個室で、着替えエリアと露天風呂エリア半々。
でもシャワーエリアが完全に。驚愕。
個室風呂なのに、決死の覚悟で体を洗う。寒い!!
シャンプーリンスは断念。大風呂に行くことに。
ただ・・個室風呂は最高で。
決死の覚悟で体を流したあとは、ゆっくりと風呂の中でぐぅたら。

22時半。風呂を出て、ちょっとマッサージ機で盛り上がる。全然癒されないあの機械。

移動して大風呂へ。シャンプーリンス完了。湯船は広く、露天よりもお湯は熱め。
ひとしきりつかってあったまって、また露天へ。叫ぶ。寒い!

23時半?風呂から戻る。またぐぅたら。
何してたか覚えてないけど、ちょっと話して就寝。0時半か1時だった。

7時半。起床。まぁまぁよく寝れた。
すっぴんのまままた風呂へ。顔洗う。体流す。お湯に浸かる。
8時過ぎ。部屋に戻る。モーニングサンデーを見ながら準備。化粧。

9時。朝ごはん。遅めの朝ごはん。
今日も忙しくなるぞってことで、信じられない程食べた。
朝からご飯やまもり。小さめの茶碗でよかったけど、茶碗の高さ超えて盛られた。
でも新米だしおいしかった。おかずも、バイキングで充実してた。

はち切れんばかりの腹をかかえて10時過ぎチェックアウト。
バスで移動。武家屋敷っていうバス停まで。
路面店で干し柿購入。隣のお土産処で日本酒試飲。午前中からひっかける。
バスで七日町へ移動。
七日町を2時間ほど歩いて、箸とかまんじゅうとか購入。
端っこで、レトロなカフェに入ってケーキ食べた。
朝ごはんのせいでお腹すいておらず、紅茶とケーキで代用。
結局アクセサリーは買わなかったけど、かわいい街だった。
欲を言えばもう少し観光向けに舗装されてたらもっと人気出ると思う。

13時半。2分だけトロッコに乗る。会津若松へ。
着いたら、郡山行きの快速発見!乗り込むことに。予定より1本早い。
赤べこで、車体は真っ赤。自由席で座れる。快適。30分強ほど爆睡。快適。

会津若松到着。乗り換え。新幹線。
団体客の狭間に座ることとなり、酒やら食事やら臭いし、うるさいし、
赤べこ車内の快適さを思い返して苦笑い。寝ておいてよかった。
郡山で買っておいたサンドイッチだけ、とにかく腹に入れた。

東京到着。あっというま。東京は暑い。
17時半帰宅。
18時、篤姫鑑賞。竜馬が死んだ。
食事なしのまま、篤姫鑑賞後、リクライニングチェアにて猛烈な眠気。
なぜかリクライニングチェアという不安定な環境で、1時間半も昼寝。
猛烈に落ちた。気持ちよかった。

その後はやっと目覚めて、日本シリーズ第2戦観戦。
同点で迎えた9回裏、ラミレスのソロホームランでサヨナラ。すごい。

風呂入ったりしたら、23時。情熱大陸。大野和士というマエストロ。素敵。
チャンネルまわしたらベルギーのぶらぶら待ち歩き。ブリュッセルに猛烈に行きたい!
行きたいぞー!!!!
この前退職した先輩はこんな街に住んでるんだ。今の職場の街とは大違いだ。素敵だ。

あんなところで働いてると、結婚して辞めてどっか移り住むって素敵に思えてくる。
そんな生き方、絶対ありえないって思ってたのに。いつの間にか女の子っぽくなってる自分。

幸せってなんだろう。

この旅では、同期といろいろしゃべったなぁ。内容は思い出せないほど。
「何がベストか」なんて答えは出ないけど、ひとまずもう少し頑張るんだな。

息抜きできて、温泉◎食事◎観光◎。全部成功。いい2日間だった。

次は広島だ!
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:07 | category: travel |
# じつは
また京都に行ってきた。今度は、家族旅行。
また、だから、会社には言ってない。

N700系に乗りたい。と、行き帰りはそれを狙う。
7時過ぎに乗って、9時半頃つく。

着いたら京都駅を爆走して、在来線に飛び乗り、嵐山へ。
レンタサイクルして街を爆走。
すれ違う人すれ違う人が、「レンタサイクルあるんだ」とか言ってる。
恥ずかしいけど、一方でちょっと「やった」感もあり。
いろんなとこ、効率的に回れましたな。
大覚寺、坂を登って念仏寺、祇王寺。
坂道で和キャミと服とストールを買う。下って食事、渡月橋。人混み。

電車で太秦に移動して、広隆寺
バスに飛び乗って四条烏丸へ。両親、自由。適当。
四条通を東へぶらぶら。
錦市場をぶらぶら。そして買い物。宿へ。
宿では特別御膳。絶品。
寝る。9時半。

奇跡だ。両親と一緒にいると朝型にならざるをえないわけで。

2日目も、早起きさせられて、7時前に宿を出発。
うろうろしつつ駅に行って近鉄に乗る。パン食べる。
奈良に到着。
閑散とした近鉄奈良からJR奈良へ。
大丈夫なのか!?近鉄奈良!!人がいなくて、貧乏経営なんじゃと心配。
JR奈良でレンタカー借りて出発。法隆寺へ。夢殿が開扉してた。
広い。飽きた。
出たら母親が行きたがってた陶器家?の生家へ。車で待つ。
唐招提寺へ。
高校の修学旅行で一歩も入れなかったところ。計算した。
「24歳まで来ても入れないんだ。」
そのときは、24歳は永遠に先だと思ってた。実際、今、24だけど。
そして気づいた今。24になったから入れると。
無事、天平の甍を拝見。しかし鑑真像は見られなかった。残念。

そばをすすって、昼を終了。一路、秋篠寺へ。ここも修学旅行の思い出。
本堂までの道が良い。ここへ強引に私たちを連れていった担任を思い出す。

次はまた京都へ戻る。四条で買い物したい一心で。
結局楽しみにしてたほど見つからなくて、静かに宿へと向かったわけで。

2日目の晩も特別御膳。絶品。寝る。22時半くらい。

今朝はというと、7時起床、8時朝食。8時半出発。清水へ。

修学旅行生でごった返す。しくじった。計算が外れた。
地主神社でそそくさとおみくじ。吉。ちょっと運気下降。
でも、悪いのが出なくて良かったと思う。あとでゆっくり読もう。

ひやしあめを飲んで、清水を後に。
大通りを北上して一澤帆布へ。信三郎のほうが混んでる。そしてあたしもこちらで。
手提げを買いました。

八坂神社まで戻ってバスに乗って一路、JR京都へ。
ポルタでお買い物。買いすぎた。服2枚、かばん1個。
帆布で買ったのに、なぜか、京都でかばん2つ。ウケる。
でも、実に有意義な買い物だった。

完全に、仕入れの旅って感じだったけど、たまにはご褒美だと思う。
女の子は、「自分にご褒美」ちょっと大事だよね。

やることもなくなったため、新幹線を1時間繰り上げて帰ってきた。
帰りもN700。鉄子か!?という勢いで写真撮った。あとでupします。

------------------------------------------------------------------

明日からはまた仕事。そういえば、金曜はフィードバックがあり。
上司といろいろ話した。終わりかけのときに、「やっぱ伝わってない!?」と
思い、不満が爆発。伝えた。とりあえず、伝えた。
何が変わるわけでもないと思うけど、伝えたからね。


ふと、思い出した。
先週のわたしは、フィードバックを控えてキャリアについて考えていた。
3年で辞めた若者はどこへ行ったのか」読んで、考えていた。
情熱大陸を見て、「本当のルール」読んで、考えていた。
火曜に東京に行ったから、丸善に行って本を買ったから。
キャリアとは何か。何か。何か。

何が変わるわけでなくても、あたしがそういうことを考えているってことは
伝えないといけないと思った。
この組織にいて、歩兵として戦うだけじゃダメだと思う。
微力だけど、あたしも1人の人間だから。
ただただ働いてくれる人だと思われたら、使われて終わるから。
とりあえず、2冊の本を読んで思ったのはそれだった。

こういうことは伝えられるのに。
ほかにも、伝えたいこと、あると思うんだけどな。
とか考えつつ、また明日から働く。

写真は、整理したら。ね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:36 | category: travel |
# 初登山
初めて山に登りました
まじ楽しい!!
気持ちいいんだもん!
2時間で山頂へ・・
テニスを2時間しても、実質1時間くらいしか動いてないけど、
登山はそれはムリ
自分じゃないと登れないし、自分じゃないと下りられない

会社の先輩に誘われて気軽に参加・・
なのに結構ハードだった
なのに楽しい・・
山に行くって行為自体がまず気分転換デショ
でそこに登っちゃうんだから、二重の楽しみです

今週は泣きたいほど忙しかったけど、土曜まで頑張って良かった!
家でゆっくり疲れを取るのもいいけれど、体を動かすのもまた一興です

筑波山てっぺん

山頂は、気持ちよかったけど、ちょっと怖かった
落ちたら・・っていう想像が膨らんで、久しぶりに高所恐怖症になった
私はそうじゃないと思ってたんだけど・・・

ガマ石

ガマ石。
確かにカエルに見える
先輩が石乗せに成功してた

さくら

まだ咲いてた桜
今年はお花見できなかったから、綺麗だった

つつじ?

つつじかな?
真っ赤に咲いててきれいだった
正直、桜より綺麗だった

さくら

下りきったとこにあった筑波山神社でも桜が!
こっちは枝垂桜でした


筑波山は日本100名山の中でも一番低いんだって

でも私も初めてなのに行けたしなぁ
ただ、靴は大事ですね
すべらない、固定される靴が必要です
ちょっと買いたいんですけど・・・!!

これを機に、アクティブ女子デビューしようかな
テニスも、9月に超楽しくやったのを最後にご無沙汰です
やっぱり、楽しくないと、って思うから、部活は行かないな

今日会った先輩たちも、実はやってるみたいだから、
誰かれ構わず、一緒にやってくれる人募集中です

平日にものすごーーーーく働いたら、週末は体を動かす
動かして、おいしいもの食べて、少し休んだら、また働けるかも


木曜日は、待っていたsさんが帰ってきた
でも風邪ひいてて機嫌悪かった
なのに午前中、部屋に3人でこもって作業・・・絶対うつる!と思って、
終わったあとトイレで手洗いうがいしちゃっちゃよw

同期の会食の件でちょっと不和が・・・
私も悪いけど、むこうもちょっと強引だと思うんだ
でもこんなことに怒るのは無駄だから、謝って終わりだな

金曜はsさんもちょっと復活
午前中に、木曜に作った画面についてのドラフト版をレビューした
実はDチームMTGがあったんだけど、中断されちゃいました
どっちも大事なの、どっちも切羽詰まってるの
そんなことってあり!?
そして、本来の維持管理のお仕事も、やらないといけんことはいっぱいある
泣きそうです

どっちかだけやってればいいなら辛くないよ
どっちの仕事も嫌いじゃない

・・でも。

どっちもいっぺんにやらないといけないのが辛いんだよー!!!

でも優しいおじさんたちのおかげで、業務はわかってきました
彼らも、手放すために必死で教える
そして頭がいいため、論理的で、体系的に教えてくれて、わかりやすい

うちのチームのリーダーよりsさん、sさんよりsさん・・・
て感じで、やっぱり職位によって、デキレベルって違うんだなー笑(←失礼)

でもやっぱり楽しい!!

今日の山では、2回も祈った
真剣に祈った
「この仕事が無事終わりますように」
コケてほしいとは思わない
0.7のも0.3のもちゃんとやりたい
たとえ合計で1.2になったとしても・・
どんな割合でも辛いけど、終わってくれたらOK
そして、無事に終わってくれたらそれでいい
やめてはいけない
たとえ上層部の人事異動があっても、これを今やることは無駄じゃないから、
進めればいいんだよ
ただ、いろいろ考えないといけないことは間違いない
その時間と余裕と頭脳を、どこから調達するか、なんだよね・・・

私も、期待されるだけの成果を出さないといけないな・・
期待してくれて、ありがとう
それはとても重いけど、やる気にも繋がる
褒めて伸ばすのは、やっぱりいいことだ
たとえ期待にそぐわない成果になってしまっても、
それが今の私の精一杯だって、認めてほしいな、って、、思うのは甘えかな

成果主義は、難しい
うちは完全な成果主義じゃない
じゃあ成果ってなんなんだろう?

成果を出さないでいいわけじゃないけど、成果主義ではない
うーんうーん

ま、いいや、こうやって考えることが大事なんだよね
もっと考えてみよう

このプロジェクトを進めようとしている人の気持ち、
ついていかないといけない下の人たちの気持ち
私は、今は手足だけど、頭脳の人はちょっと大変だろうな
だから頑張ってあげよう
私にできること、きっとある

月曜と火曜は講習に行くから出勤できない
たとえ、ちっぽけな私でも、「今日はいないんだな」って思われたらこれ幸い
私がいないから、他の人がやらないといけないことがあればこれ幸い
それは私が必要だってこと

変な考え方だけど、大変なら大変なりに、報われたいんだ
あなたが必要って、言って欲しい
誰でもできる仕事であっても、それを自分がやってたとしても、
ふとある日いなくなったら大変になっちゃうのであれば、
それが私がいる意味

さぁ頑張れおじさんたち
手足がいなくなっても、ファイルとか、作ってね
本当はできるんデショ


変なこと書き始めたけど、とにかく、いろいろあるってことだな

そして、気分転換は大事だ
とても大事だ
テニスをやりたいな
やっぱまずはスクール探しからかな!!
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:22 | category: travel |
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links