flowering dogwood

社会人5年目。
「若手」と言い張る中堅予備軍。
新人教育係。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# ごめんね
と思うほど、先輩や上司からの愛を感じる。
涙が止まらなくて、お湯で落とせるマスカラが、まさか自分の涙で落とせた。

彼と仕事していたのを忘れるくらい、過去に涙を流しながら仕事してた自分自身を思い出した。
今日の数時間、あなたとのこの1年は、今までの5年に消し去られた。
どんな人たちに支えられ信じられてここに立ってたんだろう?
それに気付いたら、涙が止まらない。

年末の忘年会、帰り道に、どんなに酔っ払っても、思い出すのはあなただった。
でも今日は、涙を流しながら明るい電車に乗っていた自分だ。昔の自分を思い出す。

先輩にとっては送別会。でも今日の上司にとっては歓迎会。らしい。
どこにいても私を大事にしてくれる年上の人たちに、涙が止まらない。
あなただけを見ていた時間を少し止めて、
今わたしは自分と向き合っている。


後輩より先輩といるほうが大事な自分。
後輩を愛せない自分。
自分に手放しで優しくしてくれる先輩たち。そして自分。幸せな環境にいる自分。


自分はダメすぎて、先輩は偉大すぎる。
その優しさに、甘えられるだけ甘えていたい。
許される年ではないけど。だからこそ、彼らから感じた愛に涙が止まらない。
でも甘やかしてくれる環境に感謝して、また明日も過ごそう。
わたしは一人じゃない。


今なら、酔った勢いで「打ち上げいつにしますか(´∀`)」って言えるけど、
ぐっとやめて、
あなたとの今までの関係を大事にしたいからそれは言わないで、少しだけ時間を置こう。
自分を客観的に見る私。自分に優しくしてくれる人たち。
自分が優しくできない人たち。


今なら少し、前に進める気がする。
みんなの愛を感じたら、進める気がする。
むしろそうしてでも進まないといけない。
障害や地震や忙しさを言い訳にして、向き合ってこなかった。
でもそれは、私が私を消化不良にするね。
あと数日。明日は内示らしいけど。
あと数日は、自分自身についても考えてみよう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:26 | category: fromMobile |
# 大変なことと味方とモチベーション
今日はお姉さま2人と中華料理屋へ。
新人について、認識を共有し、話を聞いてもらう。


いろいろ大変だったでしょと言ってくれた。
うん。もちろん。
聞いてないフリして聞いていて慰めてくれる味方に、涙が出るほど感謝したい。


そしてもちろん言わなかったけど、モチベーションを保ってくれたのはあなただ。
この案件、担当があの人たちじゃなかったら辞めてた。
と、言った。

今日のおもしろかったキーワードは、TSUTAYAとgunzip。
そして自分で言ってウケたのは、
「あらー、立派な資料…。まさか…ヒマですか!?」

直球すぎて苦笑いされたけどね。


それでも嬉しいのは、
あなたたちにやる気があること。

知り合ってから今まで、一度も、手を抜かれたと思ったことがない。
手が空いたらヒマするのではなく、次に必要なことを考えてくれてる。
それはそれは不器用かもしれないけど、
うちのやり方にはタイミングとして遅いかもしれないけど。

だけどやらないよりいい。
考える頭があるのが嬉しくてしかたない。
初めて、同世代で、意見を言い合える人だと思う。


腹がはち切れそうなのに思うのはこういうこと。
お願い、もう少しだけ、このままでいられないだろうか。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:48 | category: fromMobile |
# 少し近くで…
午前中に電話が鳴って、相乗り試験はどうなったかと。
隣のチームと調整したくなくてしたくなくて、サボっていたら先に始められてた。
この件は、いつのまにか誰か同士が調整していて、
気付けば彼らの思い通りにしてあげられなくて。
こうしたいああしたいって提案してくれたんだけど、
そのとおりにしてあげられなくて申し訳なく思っている。

原因は私にあって、私が悪いんだけど、理由はあまりに内部事情で言えないから、謝った。
彼にしてはかなり驚いて反論されちゃったんだけど(てか怒ってた)
ヘラヘラかわすしかなくて。ごめんね。

して、苦し紛れに先方のリーダーとギリギリの調整をして、
ごり押しで、今日中にそのままの環境でテストさせてもらえることに!
(正直なところ先週わたしがどういう調整をしたのか覚えてもいない)

いや危なかった。最初「今日終わらないかも」とか言われて、
あのまま彼に伝えたらまじでキレられるとこだったと思う。あの温厚で暗い人に。想像だけど。

15:00の進捗会議直前、終わったから使っていいよって言われて、電話したら、いなかった。
じゃあ15:00に会うからそのときでいいよって言ったらそうすることにしたらしく、
打合せ後、こちらをまっすぐ見る目。打合せ中はまっすぐ見られなかった。恥ずかしくて。
でもまっすぐな目。すくむようだ。でも逃げちゃいかん。やっぱり話しかけられる。
「さっきは何か」
「あ、終わりましたので、使ってください」
「あ、そうでしたか。○○さーん、このまま残ってやります」
端末のところまで一応付き添って、
「よろしくお願いします

始めて少しして、近くの端末でPDF作ったり、それを提出しに行ったり、
おやつ買いに行くことにし、出家した人をエレベーターでいじって大笑いで帰ってきた。
そのまま仕事に戻って、彼の様子を目の端に入れながらまた数分。
(目の端に入れているところが大切。)
ヘルプに誰か来て、いなくなる2人。
何かが起きたに違いない。。まずはそっちで解明して報告してくれ。
また数分後、戻ってきていて、放置するも、気付くとまた黙って私を待っていて、
リーダーが気付いて誘導してくれた。「そちらに」

はいっ。はいっ?何でしょ?

耳近付けて聞いてあげないと聞こえないんだ|(-_-)|

少し近くで、話聞くんだ。耳と体を寄せて。私だけが。

「○○機能のところで、うまくいかなくて、設定が本番向けになってるみたい」

まじで!?
そしたら私のせいだね、ごめん。というセリフを社会人オブラートで。

とにかく端末のところに行って、そのファイルを見せてもらう。
「ここが"Develop"になってないと。」
「おーーーー」
「変えちゃっていいですか?」
「・・・うん、だめ 開発で実際に使ってるファイルか、そこで私が取得するから。
 こっち、こっちお願いします」

リーダーと彼が後ろに仁王立ち。いやいや、座っておくれよ。
さあさ、リーダーも、と椅子を出したら、僕はもういいやと言って戻ってしまった。
仕方なく2人でしこしこ開発用のファイルを探す。

あった、権限用のAPI!これ?
はい、たぶん
・・・ほんとぅ??
え、なんですか?

・・・まさかと思って.NETのページを開いたら、あったよ。

こっちですね

疑ってかかるべし。勝利。

そしてそれを保存しているあいだに彼が言い始めたのは、、
「さっきこれをいろいろやっている間に本番サーバにpingしてみたら通っちゃった」

まじで!?

でも、、うーん、それ何分くらい前ですか?
うーん、30分くらい・・・
そうか、、でも連絡来てないから、大丈夫だと思います。
あ"〜よかった。
うんでも大丈夫ですよ、その話で連絡きたら私が謝っとくんで。
すいません


あんなにちゃんと照れながら謝る顔を見たのは(笑顔だった)初めてかもしれない。


そのままUSBに入れて移動して、入れてもらった。
バックアップとって、書き換えてもらう。その間後ろで歓迎会に出ようか迷ってる
年下の女子たちと戯れ、「無理!今週はでったい無理!」と断り、ぎゃーすか。
その間、バックアップとUSBへのアクセスは終了しており、
女子を戯れたのち画面に戻ったら上書きする直前で、待っていてくれたみたい。

はいそれです!

それでもう一度やり直してもらったらうまくいった!よかった!

私のせいです、すいませんでした
これもPTの問題点にカウントされてしまうのだろうか・・・すまんねぇ。

でもあんた、置き換えるのはあの機能とこの機能でいいって確認してくれたじゃん!!
・・・。
なんてね、そんなこと、言えないよ。


その後すぐ、後続の試験は無事終わって、また話しかけられた。
待っていた、それを待っていた。
話したかった話をする。

・この連絡票、どうやって返そうか?
・依頼書の件はどうする?明日打ち合わせしようね
・あの放置してる手順書は?

「それでですね、明後日、その手順書を使った試験があるんです。」

え、まじで!?それまでに直すのーー!?!?
がびーん。てか今どれが最新よ?もうわかんね。

混乱した私たちは、ひとまず明日、擦り合わせしようねということにして解散。

やばい、とにかくやばい。自転車操業な私たち。。

それでも私は頑張っている。弱音も吐かず、等速直線運動だ。

夜には寒さからか鼻水出て来て、今は、それをすすり上げたせいか頭痛い。
それでも書いている。こうして書いている。バカだ。バカだと思う。
でも忘れたくなくて、今の、頑張っている気持ち。頑張りたい気持ちを。
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:17 | category: fromMobile |
# どこ、みてるんですか
打合せしていて、悩む点が出て、目の前のおじちゃんとイケメンがう〜んと考え始めた。


おじちゃんを見ると左斜め上45度を見て考え中。



考え中。



で、ふと隣のイケメンを見る。


なんと



同じ角度で左斜め45度!!




思わずその方向を見て、壁には何もなく、また二人に戻って、



まだ左斜め45度。。



えぇ!?高速で首をもう1往復、



「どこ、、見てるんですか!?」

吹き出すイケメン。


私は至って真面目に聞いてるんですけど( ̄□ ̄;)!!

でも笑顔がかわいい。


おじちゃんは無視して(←悲しい)答えを探し続ける。


何やら思いあたり、喋りだす。



・・・


もはやあの二人が親子に見えてきた。
微笑ましくて、好きだ(´∀`)

ふとそんな打合せが嬉しくて、今日もどうにか終わった。
こんなでも、頑張ってる甲斐があるってもんだ。




師走に突入。今年こそ、高速でここまできた。
充実はしつつ、でももう、12月かぁ。。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:35 | category: fromMobile |
# キビシイですねと言われた
夕方、手順書が提出された。意外と早い。
本当に1日で直してくれたから、頑張って見ることに。てか期限は明日です。

今日一番の集中力を見せて働き始める。私はこういうことしかできない。

あれ(-_-)
違う。何か違う。
見れば見るほど何かわからないとこがある。
何を思って変えたの?何を思って変えなかったの?

呼び出し決定。

電話するも、おらず、コールバック待ち。30分は待ったかな。
ようやく電話があり、対面で話せないか交渉。

もう帰っちゃいますか?
うーん、作業次第です。
…手順書の件、話せませんか?
いいですよ。
何時がいいですか?(すでに18:50)
何時でも。
じゃ、このあと。


すぐに来てくれ、キャンディをあげる。

話せば、何を考えてたかがわかる。
昨日すりあわせたのは、私の案と相手の案で、相手のを採用することだったはず。

私の案になってるーΣ( ̄□ ̄;)
→うろ覚えで、電話しようかと思ったが、フローが変わるかと思って私の案にした。

…言ってくれないとわかりません!


注意書と、後続の手順に、矛盾があるー
→あっ消し忘れた(>_<)

…いいよ、見つけられて、よかったよ。


貼り付け、が、張り付け、になってる!見つけちゃった。怒らないでクダサイね(^o^;
→キビシイな…(心の声が漏れてるー)

…そうです、キビシイんです!(だって仕事だから)


ユーザのオペチョンがいかに面倒か、蕩々と語る。ここで間違えたらどうなるか。何パターンか。
ループに入ったら、どうすんの?
すると聡明な彼は、最後には、どういうオペチョンしたら何が怖いのか先回りして言い当てた。

すばらしい。


静かに、目立たないけど、さりげなくコンスタントにいい点取るタイプ。だ。
満足した。
まだ、頑張ってもらうからね。
一緒に。
あなたたちは、パートナーなんだから。

一番の仕事を終え、嘘を吹聴した年男を殺しに飲み会へ。
メンツがイミフすぎて疲れた。酒を注ぎまくって2時間で帰る。


うん、今日も頑張りました。あと1日!
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:19 | category: fromMobile |
# PM6:00
17:40。取りにきてくれるというから、「じゃあ6時くらいでどうですか」と言った。
17:55、コピーを取ってから渡したくてコピー機へ。

紙、詰まる。(−_−メ)

除去しないと続けられない。
解体開始。おそらく初めての対応。
探しても探しても、詰まってるとこ不明。
1個見つけたのに動かなくて、まだあるらしい。
どうしよう。18:00になっちゃう。
なっちゃった。

通ってくるであろう通路に向かって立ってたからそわそわ。
コピー機と格闘。そわそわ。
でも何人か通ってもまだ来ない。

仕方ない、とにかく除去を続けよう。

でひとしきり続けて、ダメで、ふと顔を上げると、こっちを見て立ってた。
幽霊?

驚いてびくっとしたら、笑った。
おい!

身振りで、コピー機を指差して困ってるて伝えたら、うなずく彼。
待ってますという意味らしい。

違う!

こっち来てよ!
なんなら助けてよ!

呼びよせて、コピー機そばまで来させるも、手伝う気ゼロ。
優しさはゼロ。
じゃあもらうのは今日じゃなくていいと言いだす始末。

あんたのために急いで見たのに。。
頑張ってほしいから頑張ったのに。

察するに、夕飯に行きたかったんだろう。
帰りたそうだったし。

しかたない。
私を見つけて待っててくれたことは喜んでおこう。

私が座り込み、むこうは立って衝立て越しに私を見下ろして話したのも非日常だった。
なんかウキッとした。


ただそれだけ。
ただそれだけだけど、まじまじと顔を見て、やっぱりかっこいいと思った。
目の保養。

頭は疲れてハゲそうだけど、目は満足しているからもう少しがんばる。そうしよう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:13 | category: fromMobile |
# 信頼感と不信感
くだらない確認依頼がメールできていて、仕方なく確認したら問題なかったから
「問題なかった」
と冷たく返しておいた。それで終わりにしたつもりなのに。
わざわざ電話がかかってきて、
内部のものだけ間違っていたようだったからごめん
という内容をぐだぐだ話していて。
何の用かと思って我慢して聞くも、一向に話が広がらない。
挙げ句、「そ、それだけです」と言って電話を切ってく始末。

唖然。

先日ぶちギレた日から私の時計は止まったみたい。
むこうがどんなに歩み寄ろうとしてくれても心が開かない。
何言ってんの、と思ってしまう。
昨日も何事もなかったように電話してきて表面上普通に接したけど、ホントは気持ちは凍ってた。

話したかっただけ?
もうそれも嬉しくない。

信頼は、築くのは時間がかかるのに、壊れるのは一瞬だ。
不信感だけ、募る。

私も悪かったと思うけど、振り返って感想や反省が浮かんでくる時期はまだまだ先になりそうだ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:36 | category: fromMobile |
# 上野へ
201005161419000.jpg
大哺乳類展へ。

かなり混んでいた。でもまぁ満足。

常設展もみてさらに満足。
科学技術館、かなり楽しいです。

にしても、美術館とか博物館て、かなり疲れるなぁ…、へとへとです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:56 | category: fromMobile |
# ささやかな夢
ホームランを打つ
とか
この製品を買ってもらう
とか
ラミレスにボールをもらう
とか
そんな瞬間に同席する
とか
手放しで子どもに好かれる
とか

そういうひとつのことに、突進したい。
辛くても、疲れても、
そんなキラキラしたものが目の前にあるなら、頑張りたい。


久々に、泣きながら家に帰るのかな。
自分に足りないものに気付く瞬間。久しぶりだ。
刺激的な、同期。
こうでもしないと、成長できない。

いつまでも、自分探しをする自分に、いい加減辟易する。
そうか、私はまだそれができてないんだ。

漫然と毎日を過ごしていることに見て見ぬフリをしてきた。
今、酔っ払って、それに気付く。
あぁ、そんな事実、明日には忘れていたい。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:57 | category: fromMobile |
# 買い物
201004101617000.jpg
デパートを3件もめぐってしまった。
かなり歩いた。

途中で休憩。生き返った。


白いのは、ドライアイス。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:40 | category: fromMobile |
Categories


栗城さん応援中↓↓
Links
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links